バレーボール部

令和4年度 メンバー

 

バレーボール部は、尚文昌武(文武両道)の精神のもと、関東大会出場を目標に日々活動しています。全員バレーをモットーとし、サーブの正確さ、トスの丁寧さ、スパイクの強さ、レシーブの粘りを高めるために個々の技術向上に取り組んでいます。この年間は新型コロナウイルス感染症の影響により練習の制限などもありましたが、その中でも地区予選や県大会でも強豪校を破るなど一定の成果をあげることもできました。(令和4年度学総体県予選会ベスト8入賞)

また、東大杯・千葉大杯や県内五校対抗戦(浦和・春日部・川越・熊谷・松山)など浦和高校と同じような環境でバレーボールに取り組んでいる学校が参加する大会や古河で開催された渡良瀬カップなどでは優勝することもできました。さらに神奈川県立湘南高校との定期戦も復活させ、交流を通し、共に技術を高め合っています。

バレーボール部の卒業生は毎年、東京大学・京都大学・国公立医学部を初めとする難関国公立大学に多数進学し、世界のどこかを支える人材として活躍しています。いずれの卒業生も在学中は勉強だけでなく、バレーボールにも非常に熱心に取り組み、現在の活躍の礎を築いています。そして毎年年末には年代ごとに卒業生が集まり、現役部員も交えて盛大に対抗戦を開催しています。

このように尚文昌武(文武両道)を実践する浦和高校バレーボール部は、非常に有益でやり甲斐のある場になっています。

【最近の大会成績】

令和2年度 埼玉県学校総合体育大会南部地区予選会

1回戦 浦高 2-0 鳩ケ谷  代表決定戦 浦高 2-0 浦和実業  県大会出場

令和2年度 埼玉県学校総合体育大会高等学校夏季大会

1回戦 浦高 2-1 所沢   2回戦 浦高 1-2 越谷南

令和2年度 全日本バレーボール高等学校選手権大会南部支部予選会

2回戦 浦高 2-0 浦和工業  3回戦 浦高 2-0 大宮工業

準決勝 浦高 0-2 川口青陵  県大会出場

令和2年度 全日本バレーボール高等学校選手権大会埼玉県予選

1回戦  浦高 0-2 ふじみ野

 

令和3年度 埼玉県高等学校バレーボール南部支部春季大会

2回戦 浦高 2-0 市立浦和       3回戦 浦高 2-0 大宮東

準決勝 浦高 2-0 川口青陵       県大会出場

令和3年度 関東高等学校男女バレーボール大会埼玉県予選会

2回戦 浦高 2-0 大宮東        3回戦 浦高 0-2 坂戸西

令和3年度 学校総合体育大会兼全国高等学校体育大会男女バレーボール競技大会埼玉県予選会

1回戦 浦高 2-0 川越西     2回戦 浦高 2-0 本庄第一   

3回戦 浦高 1-2 正智深谷

令和3年度 全日本バレーボール高等学校選手権大会南部支部予選会

2回戦 浦高 2-0 蕨      3回戦 浦高 2-0 大宮工業

準決勝 浦高 2-0 上尾    決勝  浦高 0-2 伊奈学園    準優勝  県大会出場

令和3年度 全日本バレーボール高等学校選手権大会埼玉県予選

1回戦 浦高 1-2 大宮東

令和3年度 埼玉県高等学校バレーボール新人大会南部地区予選会

2回戦 浦高 2-0 浦和西   3回戦 浦高 2-0 蕨

準決勝 浦高 1-2 伊奈学園

 

令和4年度 学校総合体育大会兼全国高等学校体育大会男女バレーボール競技大会南部支部予選会

代表決定戦 浦高 2-0 川口工業  県大会出場

令和4年度 学校総合体育大会兼全国高等学校体育大会男女バレーボール競技大会埼玉県予選会

1回戦 浦高 2-0 越谷西  2回戦 浦高 2-0 本庄第一

3回戦 浦高 2-0 上尾   準々決勝 浦高 0-2 埼玉栄  ベスト8入賞 

日誌

バレーボール部活動報告

バレーボール部 ビーチバレー国体県予選会

7月16・17日、本校バレーボール部は第77回国民体育大会ビーチバレーボール競技会埼玉県予選に出場しました。

この大会は各学校3チーム(1チーム2名)までエントリーができ、本校も3チーム6名が出場しました。

浦高バレーボール部はビーチバレーボール競技に初めて出場しました。

通常のインドアと異なる環境やルールに苦戦することもありましたが、

各ペアの連携を強化し、つなぐバレーボールを意識することで大会では強豪チームを破るなど善戦できました。

引き続き、経験値を積んで上位大会を目指せるよう取り組んでまいりたいと思います。

なお本大会の詳細は埼玉県高体連バレーボール専門部ビーチバレー(こちら)をご覧ください。

 

バレーボール部 県ベスト8

6月21(火)、22日(水)にわたって行われた学総体県大会が行われました。

浦高は1回戦越谷西、2回戦本庄第一を破り、3回戦ではシード校の上尾にもストレートで勝利しました。

続く準々決勝では第2シードの埼玉栄と対戦し、敗れたもののチーム一丸となり最後まで粘りました。

浦高はこの大会でベスト8、入賞しました。

この大会を持って3年生は引退となります。しかし緊張感の中、強豪校を相手に白熱したゲームを展開できたことで、頑張り抜くことの大切さを実感を持って共有できたと思います。

コロナ禍により、これまでほとんどの大会が無観客試合で行われましたが、いつも浦高バレー部を応援してくださる保護者や関係の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

なお詳しい県大会の試合結果等は埼玉県高体連バレーボール専門部HP(こちら)を御覧ください。

 

バレーボール部 五校対抗戦優勝

6月12日(日)、県内五校対抗戦(浦和・春日部・川越・熊谷・松山)が行われました。

本来は春休みに行うものですが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっていました。

今回は本校を会場として、感染症対策を徹底し、無事に実施いたしました。

この対抗戦では、五校総当たりのリーグ戦を行い、その後に順位決定戦を行います。

浦高は昨年に続き、全勝で優勝することができました。

来週のインターハイ県予選会は、本校バレーボール部3年生にとっては最後の大会となります。

体調管理を徹底し、良い結果が残せるよう取り組んでいきます。

バレーボール部ビーチバレーボール体験

5月15日(日) バレーボール部ではしらこばと水上公園で開催された第 36 回ビーチバレージャパン大会のお手伝いに参加しつつ、同会場コートをお借りしてビーチバレー形式の練習を行いました。

大人の試合を直接見ることができたとともに、実際に自分達で取り組む機会をいただき、足元が不安定な状況に苦戦しつつも、どんな体勢でもボールをつなげることを意識することで、普段のインドアのプレーにも生かせる要素をたくさん得ることができました。

さっそく今後のインターハイ予選に向けて、練習に取り組んでいきたいと思います。

バレーボール部 新人大会南部支部第3位

1月15・16日、第34回埼玉県高等学校バレーボール新人大会の南部支部予選大会が行われました。浦高は昨年の選手権大会の結果を受け、本大会は第3シード校として迎えました。2回戦対浦和西、3回戦対蕨に勝利し、県大会出場を決めました。これで浦高バレーボール部は今年度も年間を通して県大会出場を果たすことになります。

しかし準決勝では伊奈学園に敗れ、粘りに課題も残りました。県大会(2/1・2予定)までの限られた時間の中で、感染症対策や健康管理をしっかり行い、プレーの課題を克服して大会本番で力を発揮できるよう練習に取り組んでいます。

なお、今後の県大会の実施状況や詳しい試合結果等の詳細は高体連バレーボール専門部のHP(http://www.hssv.jp/)をご覧ください。引き続き、応援よろしくお願いいたします。 

バレーボール部 春季南部支部大会3位

4月24、25日の2日間で春季南部支部大会が行われました。

浦和高校は第3シードで2回戦からで、対市立浦和を2-0で下し、

3回戦の対大宮東にも2-0で勝利しました。

準決勝は第1シードの川口青陵高校と対戦し、2セット目は粘りを見せましたが0-2で敗退しました。

この大会の結果、浦高は3位で県大会出場を決めましたが、課題も残りました。

なお県大会は5月7・8日に予定されておりますが、新型コロナウイルス感染症対策の観点から保護者や一般の方を入れず無観客にて行われることが決まっています。組み合わせ等、詳細については埼玉県バレーボール専門部のホームページをご確認ください。

引き続き、応援よろしくお願いします。

バレーボール部 五校対抗戦優勝

4月4日(日)、県内五校対抗戦(浦和・春日部・川越・熊谷・松山)が行われました。

五校対抗戦は浦和高校と同じような環境でバレーボールに取り組んでいる学校が参加する大会です。

昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により開催できませんでしたが、今年度は感染症対策を徹底して2年ぶりの実施となりました。

五校総当たりのリーグ戦の結果、浦高は全勝して優勝することができました。

今月の春季大会に向けて体調管理を徹底し、良い結果が残せるよう取り組んでいきます。

バレーボール部 選手権南部地区予選3位

 10月24・25日、第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称:春の高校バレー)の南部支部予選が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から高体連のガイドライン等に沿って厳格に大会が運営されており、終日無観客での大会となりました。

 1日目、浦高はシードで2回戦からでした。初日は浦和工業高校、大宮工業高校に勝利して県大会出場を決め、2日目のベスト4に残ることができました。

 2日目は浦高会場で、川口青陵高校と準決勝。奮戦したものの、惜しくも破れてしまい3位という結果でした。 

 11月6・8・9日の県大会(於:サイデン化学アリーナ)では、初戦はふじみ野高校との対戦が決まりました。強豪校相手に尚文昌武の浦高精神で試合に臨んでまいります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 なお、詳しい試合結果および県大会の組み合わせ等の詳細は高体連バレーボール専門部のHP(http://www.hssv.jp/)をご覧ください。

バレーボール部 新人戦南部支部予選結果報告 第3位

 1月18・19日、第32回埼玉県高等学校バレーボール新人大会の南部支部予選大会が行われました。浦高は1回戦市立大宮北、2回戦秀明英光に勝利し、県大会出場を決めました。これで浦高バレーボール部は年間を通して県大会出場を果たすことになります。さらに3回戦では大宮東に勝利し、ベスト4に入りました。

 しかし、準決勝は伊奈学園に敗れ、粘りに課題も残りました。県大会(1/29~)までの限られた時間の中で、課題を克服し大会本番で力を発揮できるよう尚文昌武の浦高精神を持って練習に取り組んでいます。なお、県大会では1回戦不動岡高校との対戦が抽選会の結果、既に決まっております。 

 詳しい試合結果および県大会の組み合わせ等の詳細は高体連バレーボール専門部のHP(http://www.hssv.jp/)をご覧ください。引き続き、応援よろしくお願いいたします。 

 

バレー部 春季南部支部大会3位

  4月20・21日、上尾南高校と上尾高校を会場に春季大会南部支部大会が行われました。浦高はシード校として登場し、2回戦で蕨高校に勝利し、県大会出場を決めました。2日目の3回戦では、大宮高校との試合をストレートで制し、準決勝では伊奈学園と対戦しました。セット内容は接戦だったものの力及ばず3位という結果でした。5月10・11日の県大会に向けてチーム一丸となって、勝ち進めるよう練習に取り組んでまいります。なお県大会では上尾高校と初戦で対戦することが既に決まっております。引き続き応援のほど、どうかよろしくお願いいたします。
また南部支部予選の競技結果および県大会の組み合わせはバレーボール専門部HP(http://www.hssv.jp/)をご覧いただければ幸いです。

 
 

バレー部 全日本選手権大会 県大会出場

 102728日、第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称:春の高校バレー)の南部支部予選が行われました。今回浦高はシードで2回戦からでした。初日は国際学院、大宮高校に勝利して県大会出場を決め、2日目のベスト4に残ることができました。

 2日目は会場が浦高ということもあり、保護者の方をはじめ多くの応援を受け、大宮東高校と準決勝。奮戦したものの、惜しくも破れてしまいました。

 111011日の県大会(於:サイデン化学アリーナ)では、初戦は城北埼玉高校との対戦が決まりました。強豪校相手に尚文昌武の浦高精神で試合に臨んでまいります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 なお、詳しい試合結果および県大会の組み合わせ等の詳細は高体連バレーボール専門部のHP(http://www.hssv.jp/)をご覧ください。

 

バレーボール部 南部支部春季大会報告

  4月21・22日、上尾高校を会場に春季大会南部支部予選会が行われました。浦高は初戦で浦和学院、2回戦で川口北高校に勝利し、県大会出場を決めました。2日目の3回戦では、浦和東高校と対戦。最初のセットを先取したものの、フルセットとなり惜敗してしまいました。5月11・12日の県大会に向けて課題を修正し、勝ち進めるよう練習に取り組んでまいります。なお県大会では所沢北高校と初戦で対戦することが既に決まっております。引き続き応援のほど、どうかよろしくお願いいたします。
また南部支部予選の競技結果および県大会の組み合わせはバレーボール専門部HP(http://www.hssv.jp/)をご覧いただければ幸いです。

    

バレー部 新人戦県大会報告

 234日、第30回埼玉県高等学校バレーボール新人大会の県大会が行われました。浦高は1回戦で上尾南と対戦。一進一退の試合展開の末、勝負はフルセットへ。3セット目も追いかける展開だったところ粘り、逆転勝利を収めました。2回戦は第1シードの埼玉栄と当たり、敗退してしまいましたが、最後まであきらめない姿勢で臨むことができました。今回、チームとしては個々の体調が万全ではなかったもののチーム力で貴重な勝利を得ることもできました。

これで今年度の公式戦は終了となります。いつも応援してくださる保護者・OB、関係者の方への感謝と共に新年度に向けて県上位に入れるよう練習に取り組んでいきます。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 なお、県大会の試合結果等は高体連バレーボール専門部のHP(http://www.hssv.jp/)をご覧ください。

   

 

バレー部 新人大会県大会出場

 120・21、第30回埼玉県高等学校バレーボール新人大会の南部支部予選大会が行われました。浦高は1回戦市立川口、2回戦浦和学院に勝利し、県大会出場を決めました。これで浦高バレーボール部は年間を通して県大会出場を果たすことになります。しかし、続く3回戦は浦和東高校に敗れ、課題も残りました。県大会(2/3~)までの限られた時間の中で、課題を克服し大会本番で力を発揮できるよう尚文昌武の浦高精神を持って練習に取り組んでいます。 

 なお、詳しい試合結果および県大会の組み合わせ等の詳細は高体連バレーボール専門部のHP(http://www.hssv.jp/)をご覧ください。引き続き、応援よろしくお願いいたします。 


バレー部 全日本バレーボール高校選手権 県大会出場

 10月28・29日、第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称:春の高校バレー)の南部支部予選が行われました。浦高は1回戦、2回戦と勝利したものの、準々決勝で大宮東高校に敗れ、県大出場をかけて2日目の代表決定戦に回りました。

 2日目は会場が浦高ということもあり、保護者の方をはじめ多くの声援を受け、浦和工業高校と対戦。フルセットの熱戦を制し、県大会出場を決めました。
 11月11・12日(土日)の県大会でも、強豪校相手に尚文昌武の浦高精神で試合に臨んでまいります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

バレー部 南部支部バレーボール一年生大会 準優勝

バレーボール部は9月30日(土)と10月1日(日)の2日間、南部支部一年生大会に出場いたしました。上級生や保護者のみなさまからの声援を味方にし、順当に勝利を重ね、準決勝では秀明英光とのフルセットを制して決勝進出。決勝では大宮東に敗れてしまいましたが、この試合も健闘しました。
今年の一年生は半分以上が初心者で入部しましたが、日々の練習を積み重ねて成長することができました。引き続き、頑張って活動してまいります。