陸上部へのアクセス
4 0 4 1 4
陸上部
活動時間
平日 15:30~18:30(校庭)
休日 8:30~12:00(校庭・駒場運動公園)

コメント

文武両道の精神のもと、自己記録更新、関東・全国大会出場をめざして頑張っています。

 夏休みには、妙高高原において他校との合同合宿も行っています。体力精神力強化と同時に親睦の場でもあり、情報交換やたがいに大会での活躍を誓い合います。


主な活動実績

平成23年度結果報告

○学校総合体育大会
南部地区大会 学校総合 第3位
県大会
800m  大塚雄介  優勝
5000m  勝谷徳仁  第8位
 400mH 内田裕一郎 第4位
 走幅跳  仲丸雄大  第6位
 4×100mリレー   第6位
   (武田・本谷・渡部・仲丸)
 4×400mリレー   第5位
   (澤田・渡部・本谷・大塚)
※大塚・内田・仲丸・4×100mリレー・4×400mリレーは関東大会出場

関東大会
 800m  大塚雄介 第6位
 走幅跳 仲丸雄大 第4位
※大塚・仲丸は全国大会出場

○新人戦
南部地区大会 学校総合 第2位
県大会   学校総合 第4位
 800m  大塚雄介 第3位
 1500m  勝谷徳仁 第3位
 5000m  勝谷徳仁 第7位
 110mH 永島唯哉 第2位
 やり投  藤本文弥 第5位
 4×400mリレー  第2位
   (上村・澤田・中野・大塚)
※大塚・勝谷・永島・4×400mリレーは関東大会出場

関東大会
 800m 大塚雄介 第3位
 1500m 勝谷徳仁 第2位
 5000m 勝谷徳仁 第2位
 今年度は、インターハイに三年生が一名、二年生が一名の計二名
が出場し、昨年度よりもレベルの高い活動が出来ました。部員全員が目標を高く持ち日々練習をしています。来年度もたくさんのインターハイ出場を狙います。応援宜しくお願いします。



【平成22年度主な成績】

[学校総合体育大会 南部地区]
総合 2位
400m:優勝  5000W:2位/3位  4×400mR:2位  走幅跳:優勝  三段跳:2位

[学校総合体育大会 県大会]
400m:7位  4×100mR:8位  4×400mR:6位  三段跳:8位
   
[関東大会]
4×4000mR:予選敗退

[新人戦 南部地区大会]
総合:3位  200m:2位  5000m:3位  5000W:2位/3位  走幅跳:優勝  円盤投:3位

[新人戦 県大会]
800m:3位  1500m:6位  5000m:6位  400mH:4位  走幅跳:2位

[関東選抜大会]
800m:9位  1500m:予選敗退  5000m:2位  走幅跳:14位

[県高校駅伝大会]
15位


陸上部 活動報告

陸上部 活動報告

陸上競技部 全国高校学校陸上競技大会 2020

     全国高等学校陸上競技大会2020

草野洸正(3) 3000m障害 タイム決勝1組目 ⑩9’32’’09(全体35人中23位)

 

                      

10月25日(日)広島市の広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム)で行われた全国高等学校陸上競技大会2020(インターハイ代替大会)に3年生の草野が3000m障害に出場しました。全国大会ということもありレベルが高く、先頭集団のペースも早かったので、草野は第2集団につきながらレースを進めました。途中の1000m、2000mともに自己ベストを上回るペースで通過はしましたが、そこからラスト1000mを上げ切ることができず、残念ながら目標としていた自己ベスト更新はできませんでした。高校最後の3000m障害のレースで目標が達成できず悔しい結果とはなりましたが、実際に出場することで改めて全国大会のレベルの高さを肌で感じとることができました。この全国での経験を、この悔しさを、次の高校最後の公式戦である高校駅伝(11/4 水)に繋げてもらいたいと思います。これまで多くの方々にたくさんの応援やご支援をいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

  

陸上競技部:全国高等学校陸上競技大会2020&関東選抜新人大会出場決定

全国高等学校陸上競技大会2020出場決定

3000mSC:草野 洸正③

【10/25:広島県・エディオンスタジアム】

 上記の通り、草野③が3000mSCで「全国高等学校陸上競技大会2020」(インターハイの代替大会)への出場が決定しました。全国ラインキング上位者が集まる為、ハイレベルなレースが予想されます。インターハイへの夢をかなえられなかった3年生の思いと共に悔いのないレースをしてきて欲しいと思います。

 

令和2年度新人戦・県大会

9/26~28 熊谷スポーツ文化公園

800m:渡辺 芽②

関東選抜新人大会出場権獲得

【10/25:群馬県・正田醤油スタジアム群馬】

 

100    藤村 泰成①      11.23(-1.2)   7位

800    渡辺 芽②      1.56.48       3位

1500   渡辺 芽②      4.00.17       7位

110mH  西里 碧澄②      15.85(-0.2)   準決勝敗退

4×100mR    飯原・磯部・西里・藤村    42.68  7位

走幅跳 市村 颯麻①      6m29(+1.7)   14位


学校対抗:総合21位(12点)

 

 新型コロナウイルス感染症拡大の為、令和2年度初となった県大会が実施されました。

 昨年度の新人戦県大会が上尾開催だった為、選手のほとんどが熊谷での初の県大会となりました。

 地区大会(結果詳細・下記参照)を経て、関東選抜への出場権獲得を目指して臨んだ県大会でしたが、上記の通り、長距離キャプテンの渡辺が800mで3位となり出場権を獲得してくれましました。県高校駅伝前で調整が難しいと思いますが、関東では決勝進出を目標に頑張ってもらいたいと思います。

 短距離では、藤村①が100mで7位、4×100mRでも7位となりましたが、県大会で力を出し切ることができませんでした。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、満足なトレーニングができていないことが一番の原因であると思いますが、他校の選手も条件は一緒です。来春の学校総体・関東・インターハイに向けて、改めて練習の量と質を向上させて行きたいと思います。

 長距離は、いよいよ県高校駅伝まで1か月となりました。昨年度同様1桁順位を目指してチーム一丸となって戦いたいと思いますので、ご声援の程よろしくお願いいたします。

 

令和2年度新人戦・南部地区大会

9/10.11 上尾運動公園

学校対抗:4位(46点)

100    藤村 泰成①  10.87(+2.9)   2位

100    飯原 圭祐②  11.14(+2.9)   6位

800    渡辺 芽②    1.56.55       3位

1500   渡辺 芽②    4.04.35       5位

5000   竹内 慶真②  15.36.97      4位

110mH  西里 碧澄②  16.04(+0.8)   7位

400mH  西里 碧澄②  1.02.33       8位

4×100mR    飯原・磯部・西里・久保             42.68  3位

4×400mR    竹林・磯部・鴨志田・仲山           3.35.15       8位

3000SC      篠 拓真②    10.26.92      6位

5000mW 草野 陽樹②  35.53.07      5位

走幅跳 市村 颯麻①  6m57(+2.1)   5位

県南高校新人駅伝大会(南部) 総合3位

 2月8日(土)に県南高校新人駅伝大会が、駒場陸上競技場で行われました。昨年秋の台風の影響で従来のコースが使用できず、トラック(5K・3K・5K・3K・5K=21K)の合計タイムで競う形で実施されました。天候的に絶好のコンディションの中、Aチームはほとんどの選手がベストタイムで走ることができ、1時間5分23秒のタイムで目標としていた南部地区総合3位に入ることができました。(総合2位まであと3秒という悔しい結果となりました。)区間5位以内に入れたのは、1区15分26秒で区間5位の草野、4区9分9秒で区間2位の三浦、5区15分41秒で区間5位の吉野の3人でした。また、その他にオープンで参加した3チームもまずまずの結果で走ることができ、3週連続で続いた駅伝大会をある程度よい形で終えることができました。これから約2か月間、来年度のインターハイ予選に向けてチーム力をさらに強化していきたいと思います。今後ともご支援・応援等よろしくお願いします。

 

陸上競技部 埼玉県駅伝大会11位

 

 2月3日(日)に行われた埼玉県駅伝大会高校男子の部で浦和高校は総合11位となりました。1区13位でスタートし、2区・3区でも順位を落とさずに粘り、4区へとタスキを繋ぎました。続く4区が区間6位と快走し順位を11位まで押し上げ、5区とアンカーがその順位を維持しながらフィニッシュしました。向かい風の影響もありあまりよいタイムは出ませんでしたが、目標としていた10位にあと一歩の結果となり、全体的にはまずまずの走りを見せてくれました。1週間前の奥むさし駅伝、今週末にある県南高校新人駅伝大会と3週連続で駅伝が続きますが、今シーズン最後の県南高校新人駅伝大会では南部地区でさらに上位進出を目指して頑張りたいと思います。

 

陸上競技部・県高校駅伝8位入賞

令和元年度埼玉県高等学校駅伝競走大会

 11/1 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場・周辺コース

総合8位 2時間13分36秒

【 浦和高校新記録 】

         学年  記録 区間順位

1区    西尾   元     3         31.20  9位

2区    越川 剛暉    3           9.12  7位

3区    秋本 理貴    3         25.44  4位

4区    北原 竹人    3         26.09  8位

5区    荻原 昂大    2           9.26  10位

6区    坂本   順     3         16.03  8位

7区    草野 洸正    2         15.42  4位

 

 11月1日(金)、全国高校駅伝埼玉県予選会が行われました。浦和高校は、1区で9位とまずまずのスタートを切り、続く2区で順位を1つ上げて8位に浮上しました。その後は関東大会の出場圏内である6位が前方に見える位置で終始タスキを中継しましたが、順位を上げられずに8位でそのままゴールとなりました。

 残念ながら、昨年から目標としていた関東大会への出場を果たすことはできませんでしたが、全体的に大きなブレーキもなく、全員が10位以内の順位でタスキを繋ぎ、昨年樹立した浦高記録を約1分30秒、大幅に更新することができました。気温が高く直射日光が当たる中で長距離には走りにくいコンディションではありましたが、タイム的にはまずまずの走りができたと思います。(関東大会に出場するためには、それ以上の走りが求められており、改めてその壁の高さを痛感いたしました。)

 この大会に向けてこれまで保護者やOBの方々を中心に多くの方々からご声援をいただき、誠にありがとうございました。この大会をもって3年生が全員引退し、ここから1・2年生だけの新しいチームになります。3年生が抜けた穴は大きいですが、今回の悔しさをバネに、来年度も関東大会を目指してチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

 

陸上競技部・関東選抜新人大会・3000mSC6位入賞

関東高等学校選抜新人大会

令和元年10月19・20日 千葉県・東総運動場

 

3000mSC 草野 洸正② 9.32.78 6位

やり投  有馬 貴久② 52m56 13位

 

県新人大会で3位入賞した2名が上記大会に出場しました。

好調を維持して臨んだ結果、草野が見事予選を突破し、決勝で6位入賞。

有馬も、2投目に納得のいく投擲ができました。

この経験を、来年の関東大会・インターハイに繋げて欲しいと思います。

 

次戦は、長距離ブロック最大の目標である「県高校駅伝」です。

「関東大会」出場権獲得に向けて、残りの2週間で良い調整をして悔いのないレースをしてほしいと思います。皆様の御声援よろしくお願いいたします。

 

陸上競技部・U-18日本陸上競技選手権結果報告

U-18日本陸上競技選手権大会

令和元年10月18日

広島県・広島広域公園陸上競技場

300m 宇野 智博② 35.01(組4位・全体9番)予選敗退

 

7月の国体予選南部地区大会400mで47秒58を記録し、出場権を得て臨んだ本大会。

夏合宿で負った怪我の影響で、思うような練習が積めないまま当日を迎えました。

結果は、上記のように予選敗退と悔しいものとなりました。

ただ、全国の強豪とのレースから多くを学ぶことができたので、この経験を次のレースに生かしてくれると思います。

次戦は、静岡で行われる「エコパトラックゲームズ」に招待していただいたので、納得のいくレースができるように頑張ります。

陸上競技部・関東選抜新人大会出場決定

令和元年度県民総合スポーツ大会県大会

9/27~29 上尾運動公園陸上競技場

 

草野(3000mSC)・有馬(やり投)

関東選抜新人大会出場権獲得

10/19・20 千葉県・東総運動場

 

総合12位(22点)

100   末永 悠翔②            10.85(+1.5)      4位

800   大竹 秀人②            1.59.46  準決勝敗退

5000 草野 洸正②          15.29.35    9位

110mH         西里 碧澄①          15.61(+2.1)      準決勝敗退

3000SC       草野 洸正 ②            9.26.11  1位

5000mW        相馬 琢秀②           28.28.96     7位

やり投            有馬 貴久 ②            54m34  2位

円盤投            大野 隆之②           28m70  15位

 ラグビーW杯の関係で、上記大会が久しぶりに上尾運動公園を会場に実施されました。結果は、草野②が3000mSCで見事優勝。また、有馬②がやり投げで浦和高校新記録を更新して2位と活躍し、10月に千葉県で実施される関東選抜新人大会への出場権を獲得しました。

また、6月以降怪我で思うような走りができていなかった末永②が100mで自己ベストを更新し4位入賞。5000Wでは、暑さの中、相馬②が粘りの歩きで7位入賞と頑張ってくれました。

逆に、怪我の影響で思うようなオーダーが組めなかった両リレーでは、予選敗退となり、チームとしての底上げと力を出し切る為の精神面での鍛錬が必要であると痛感しました。

チームとしては、U18日本選手権(宇野)・関東選抜新人(草野・有馬)と上位大会に向けてしっかりと調整し、出場できないメンバーは、秋の記録会での自己ベスト更新を目標にがんばっていきたいと思います。

 

陸上競技部・新人戦南部地区総合3位

令和元年度県民総合体育大会

南部地区大会

9/13~14 上尾運動公園陸上競技場

 

総合3位(71点)

100       末永 悠翔②    11.20(+0.1)      3位

200       宇野 智博②    22.44(-0.7)        1位

400       宇野 智博②    48.75   1位

800       大竹 秀人②    2.00.67 6位

5000     草野 洸正②    15.39.17             6位

110mH 渋谷 幸太朗② 15.95(+2.1)             7位

110mH 西里 碧澄① 16.15(+2.1)   8位

4×100mR         末永②・渋谷②・千原②・宇野②          42.80    3位

4×400mR         和賀井②・末永②・楡井②・宇野②      3.26.17 3位

3000SC           草野 洸正②    10.06.10             2位

5000mW            相馬 琢秀②    26.35.58             1位

5000mW            草野 陽樹①    37.18.08             4位

やり投                有馬 貴久②    52m84  1位

 

総合優勝を目標に戦った南部地区大会でしたが、総合3位で悔しい結果となりました。

夏合宿の日程変更(8月末)やけが人が続出するなど、万全な状態で試合に臨むことができなかったことが一番の敗因でした。

ただ、2種目に入賞した長距離キャプテンの草野②や怪我明けの復帰戦で優勝した宇野②・有馬②など、県大会に向けて少しずつ好材料も出てきました。

県大会では、来季につながる戦いができるように、残り10日間を大切にして調整していきたいと思います。

陸上競技部・U-18日本選手権出場権獲得

国民体育大会一次予選・南部地区大会

7/13.14 上尾運動公園陸上競技場

 

200        宇野 智博②       22.44(-1.3) 3位

400        宇野 智博②       47.58  2位(浦和高校新記録)
 U-18日本選手権出場権獲得

1500      小林 修太②       4.08.50 2位

1500      草野 洸正②       4.11.72 4位

5000      秋本 理貴③       15.30.58 1位

5000      越川 剛暉③       15.58.11 6位

3000W   相馬 琢秀②       15.54.32 2位

4×100mR          宮前②・渋谷②・玉井②・千原② 43.16 5位

4×400mR          和賀井②・宇野②・玉井②・楡井② 3.25.56 4位

やり投    有馬 貴久②       49m70 3位

B3000    竹内 慶真①       9.21.19 7位

 

夏の公式戦・国体予選が実施されました。初日は、1年生が臨海学校最終日と重なり不参加となり、2・3年生のみでの出場でした。

 400mに出場した、宇野②は、学校総合で記録した自己ベストを更に更新し、秋に広島で実施されるU-18日本選手権への出場資格を得ることができました。インターハイ出場こそ逃しましたが、2年次のランキングで、全国5位以内に相当するタイムを出すことができ、大きな自信となりました。

 チームとしては、今回出場できなかった1年生も含め、順調に練習することができているので、夏の練習では更に、良い練習を積み上げ、秋の新人戦・駅伝につなげていきたいと思います。