ブログ

校長講話

二学期始業式

 2学期が始まりました。

 他の進学校では、すでに2学期が始まっているところも多いようですが、浦高は従来通り9月1日が始業式です。想像するに、世間の多くの中高生やその保護者は、早く2学期を始めてくれる高校をよく面倒を見てくれるいい高校だと評価するのかもしれない。でも、浦高はそうはしない。昨年度は国や県の指示で夏休みを短縮したが、浦高の本意ではなかった。なぜかわかりますか。

 1学期の終業式で、君たちに「この夏休みをどう過ごし、9月1日にどれだけ充実した顔で再び集まるか、楽しみにしている」と言った。「明日からの夏休みを有効に、有意義に過ごしてほしい」とも言った。浦高生にとっての夏休みは、1学期の状況と2学期以降の見通しを踏まえて、各自が自分の裁量でよりよい生活をマネジメントして実践する、ものすごく貴重で重要な長期休業期間であると浦高では考えている。だから、そう言った。よりよい生活プランは、個々によってまちまちなはず。それを学校が一律にコントロールするのは得策ではない。各自のベストプランがまちまちである以上、それは各自が自分の力でマネジメントして実践してみるのが最も有効かつ効率の良いやり方であることは自明である。そして、浦高生ならそれができる。自分でやる経験を積んでこそ、セルフマネジメント力も洗練されていく。そういうことです。今年の経験はぜひ来年に、来年の経験は再来年にと、活かしてほしいと思う。

 

 さて、夏休み前の期待に反して、パンデミックが世界的に益々日々の生活を厳しいものにしてきています。変異株のまん延による感染拡大、それに伴う医療崩壊の危機、学校再開による更なる感染拡大への不安など、これまで経験したことのない厳しい状況の中で、日々の生活での危機感の高まり、多くの制約の中で困難さを増すメンタルコントロール、リーダーによる決断の困難さの増大、等々、様々なことがここにきて露呈してきています。これだけの状況を目の当たりにしつつ、先への確かな見通しを誰も持てないでいる。このような生活が、しばらくは続くことになります。

 こんなとき、本来我々には、有益なシグナルをキャッチすべくアンテナを高く張り、たくさんの情報に含まれるノイズからシグナルを見分け、そのシグナルを踏まえてできる範囲で適切に判断するといったことが求められます。これは、前にも話しましたね。ただ、冷静さを失わずに、このような状況下で適切な判断ができる状態を保つこと自体、易しいことではありません。 

 では、こんな状況下で適切に対処していくために我々が発揮すべき力、心もちとはどのようなものなのか。私見であるが、いくつか挙げてみます。

 まず、大前提として。この状況下では、どんなに気をつけていても日常生活を送る以上は、全ての人に感染する可能性はある。だから、感染してしまったとしてもその人に責任はないし、感染したこと自体は仕方がないことと整理すべきである。そのことを誰もが踏まえて、他者への配慮、気遣いとともに、誠実さ、謙虚さ、公共心といったものを、このような時こそ発揮しなければならない。そして同時に、だからこそ感染防止には相当の覚悟をもって、誰もが最大限努める。そして、そのためには何を優先するのかを見誤ることなく、論理的な思考で適切に判断し行動することが求められる。さらには、自分が感染してしまう、あるいは感染しなくても楽しみにしていたものが突然中止になる、参加できなくなる、しばらく自宅待機になる、ということがいつでも起こり得る中で、各自が自己のメンタルを適切にコントロールできるだけの強い精神力を発揮できなければならない。そのためには、自分の力ではどうしようもないことに振り回されていてはいけない。「しょうがない」と、気持ちを切り替えることができるかが、個々に問われることになる。

 

 いつくか挙げてみました。もう気付いたと思いますが、今挙げたものはどれも君たちが浦高生活で普段から鍛えているものばかりです。つまり、今回のパンデミックは自らの日ごろの鍛錬の成果を発揮する機会でもあり、更なる鍛錬の場でもある。そう前向きに考えて、是非この状況の中でも明るく前向きに日々の生活を過ごしてもらえればと思います。 

 

 最後に、先ほども言いましたが、学校が再開されることで更に感染が拡大するのではないかとの不安が増大している。浦高としても、できる限りの感染拡大防止策を講じるとともに、感染者が出た場合の対応についても君たちと保護者の皆様に事前にお知らせすることにしています。このあと、詳しい説明がありますからよく理解してほしい。浦高生の力に期待しています。

 

一学期終業式

 今日は、久しぶりにラグビーの話をします。というのも、ラグビーの母国、イングランド、スコットランド、アイルランド、ウエールズの4協会合同で4年に1度だけ編成するドリーム・チーム、B&Iライオンズが今まさに南アフリカに遠征中だからです。そして、今週末からいよいよWCチャンピオンである南アフリカ代表スプリングボクスとのテストマッチ3連戦が始まります。この世界のラグビーファン羨望のライオンズが、今回の遠征に先立って6月にエジンバラでJAPANとのテストマッチを行いました。ライオンズの相手としてJAPANが選ばれたこと自体がすごいことで、結果も10-28で敗れたとはいえ立派なものでした。

 ところで、日本ラグビーはどうやってここまでの力をつけることができたのか。昔からのラグビーファンには、信じられないような進歩です。かつての日本は、1987年代に始まったWCに全大会に出場しているとはいっても、第7回大会までは7大会合わせてもジンバブエ代表戦での1勝のみでした。イギリス、アイルランドの4協会に、フランス、NZ、オーストラリア、南アフリカといった、ティア1といわれる強豪国には全く歯が立たず、ワールドカップ以外ではテストマッチすらめったに組んではもらえなかった。国内では早慶明、それから筑波といった大学ラグビーの人気が最も高く、社会人ラグビーはさほど人気がありませんでした。日本ラグビーは、まさに井の中の蛙状態だったと言っていい。

 それが、2019年大会の日本開催に向けての動きで様相が大きく変わってきます。思うにその肝は、世界のラグビーを知り追いつこうと、世界に出ていく、世界レベルを招く、ということに本気で取り組み始めたことにある。例をあげれば、SHの田中史朗選手が世界最高峰のリーグであるスーパーラグビーのNZ・ハイランダーズに加入した。元オーストラリア代表監督のエディー・ジョーンズ氏、ロビー・ディーンズ氏といった名将がサントリーやパナソニックなどの監督に就任して、直接日本選手を指導するようになった。元オーストラリア代表SHのジョージ・グレーガン選手や元NZ代表SOのトニー・ブラウン選手といった世界最高レベルの選手たちが日本でプレーするようになったことで、その生活やプレー、戦術、指導に触れる機会が一気に増えたことが決定的に大きかった。そして、2015年WCでのエディー・ジョーンズ監督率いるJAPANが南アフリカ代表を破るなどの躍進以降、ティア1とのテストマッチが大幅に増えたことで、世界レベルの相手を体感する経験を重ねたことが、JAPANの意識、気力・体力・精神力、さらにスキル、戦術を飛躍的に高めていくこととなったのではないかと思う。

 今や、2019年のWC日本大会でベスト8入りを果たしたJAPANは、ティア1にも仲間入りし、アウェーでライオンズやアイルランド代表と堂々たる戦いをするまでになっている。

 今週始まるオリンピックでも、活躍が期待される競技や選手には、ある種共通する状況がこれまでにあったのではないかと想像します。

 

 そこで、これを一般化してみようと思う。成長するための肝は何か。それは、「本物を知り、本物の場に身を置き、本物に触れ合い、本物と勝負するといった機会を、いかに掴み、そして活かすか」ということに尽きるのではないか。井の中の蛙ではだめなのである。この位でいいやと言っているようではだめだということです。

 これについては、大学進学に関する大学入試センターの研究でも、教育社会学の立場から似た指摘がされています。自分の身の丈に合ったちょうどいいくらいの大学を目指したいという「身の丈大学志向」は、高校生活での学習時間の増加を妨げる方向へ作用する。つまり、自らに限界を設定し、将来の可能性を閉ざしてしまうことにつながりかねない、という指摘です。

 

 さて、今年の浦高生は、全ての年次が7月に宿泊行事を経験しました。これは、昨年一年間の学校行事が、コロナ禍によってほとんど行えなかったことを踏まえて、君たちに真の浦高生として、この夏以降、より一層濃密な浦高生活を送ってもらうためのスペシャルプランでした。君たちには、期待通り行事を満喫してもらえたことと思います。

 これからいよいよ浦高生としての本格的な生活を始める一年次生、真の浦高生として二年次だからこそ味わえる浦高生活をこの夏以降満喫しにかかる二年次生、そして大学入試も見据えて浦高生活の総仕上げに取り掛かる三年次生が、この夏休みをどう過ごし、9月1日にどれだけ充実した顔で再び集まるか、今からとても楽しみです。

 そのためにも、自分が井の中の蛙、身の丈志向になっていないか、なっているならそこからいかに脱するか、そして本物に触れ、本物と本気で勝負する気概があるか、このことをこの終業式というタイミングで各自が確認したうえで、明日からの夏休みを有効に、有意義に過ごしてほしい。

 コロナ禍での酷暑の夏です。感染防止と体調管理にはくれぐれも留意し、セルフマネジメント力を如何なく発揮して、9月1日には元気で顔をそろえてほしいと思います。

 いい夏を過ごしてください。終わります。

 

令和三年度入学式式辞

 正門前の桜も花から新緑へと装いを変え、まさに若い命が躍動する季節がめぐってまいりました。春本番を迎えたこの良き日に、令和三年度埼玉県立浦和高等学校入学式を挙行できますことは、本校関係者一同の大きな喜びでございます。

 

 ただいま入学を許可しました357名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。皆さんは、新制高校となって第七十六回の浦高生です。在校生、教職員を代表して、皆さんの入学を心より歓迎いたします。

 そして、保護者の皆様には、本日ご臨席いただくことができませんでしたが、皆さんの浦高入学を何よりも喜んでくれていることと思います。

 

 本校は明治二十八年、埼玉県第一尋常中学校として浦和の鹿島台の地に開設され、明治から大正、昭和、平成、そして令和と、126年の歴史を刻む県内屈指の伝統ある進学校です。これまで三万五千人を超える卒業生を世に送り出し、旧制中学校以来の校訓である「尚文昌武」、文を尚び武を昌んにす、を教育理念に掲げ、これからの時代の求めるリーダーを育てる教育を行ってきています。

 

 さて、今世界は気候変動など地球自然環境の急激な変化に見舞われています。人類による地球資源の開発等に伴い、地球の温暖化がかつてないスピードで進んでいます。少子高齢化や地方の過疎化、生産年齢人口の減少などの社会課題も極めて深刻な問題です。AIやIoT、ビッグデータといった新たな価値の創造により、世の中の価値観も生活スタイルも大きく変わりつつあります。二十一世紀を迎えて久しい今日に至り、ますます先がどんな時代なのかが見えない、劇的な変化の只中にあるといっても過言ではありません。

 そこに、新型コロナウイルス・パンデミックという過去百年に人類が直面したことのない緊急事態がおこりました。「民主主義」や「市場経済」を根底から揺るがす危機とさえ言われる事態です。

  浦高の先輩である佐藤優氏は、最近の著書で「新型コロナウイルスの全世界的流行によって二十世紀の残滓は消え、二〇二〇年から本当の二十一世紀が始まった、というのが私の作業仮説」であるとしたうえで、「新しい世紀において、新自由主義が世界を覆いつくすのか、そんなグローバリズムへの反動が来るのか、あるいはヨーロッパで先行して見られる環境ファシズムみたいな運動が力を持つのか、もしくは全然違った勢力地図が出来上がるのか、そこはわからない。そんな海図なき時代こそが新しい世紀の特徴なのかもしれない。」と述べています。

  つまり、現代を生きる我々は、こうした様々な危機を乗り越えて、新たな世界や社会を構築していかなければならないということです。では、その役は誰が引き受けるのか。もちろん、今まさにその任にある大人世代は、その責任を果たすべく力を尽くしています。でも、海図なき時代の新たな世界や社会の構築には、文字通り限りない情熱と覚悟、そして何よりも新しい発想が求められることになるでしょう。だとすれば、未来に向かって新しい時代を切り拓き、新しい時代の価値を創造していく役割は、これからの将来ある若い人たちが担うしかない。これから先の時代は、皆さんのような若い人に託されています。

  この役割が担えるかどうかは、柔軟な頭で新しいものの見方ができるかどうか、秘めたる情熱と豊かな教養を持って、たくましく豊かに成長していくことができるかどうかにかかっています。ですから、皆さんには三年間の浦高生活で、ぜひともその土台を築き上げてもらいたいと思います。

 

 そこで、今日はそのための心得をお話しします。それは、「基本」をしっかり身に付けよ、ということです。

  ここでいう「基本」とは、皆さんがこれからの人生を切り拓いていくための土台となるものすべてであり、知識とスキルの両方を含みます。広い意味での「教養」あるいは「リベラルアーツ」といってもいいものです。よく言われるように「自分の頭で考える」ことの大切さは、皆さんもわかってはいるでしょう。でも、勉強一つとってみても、何をやるか、どうやるか、どこまでやるか、といったことを、自分なりに考えてやってきた人は、あまりいないのではないか。周りの言うことをよく聞いて、言われた通りにやってきたという人が多いのではないか、という気がします。

  「自分の頭で考える」には、物事を正しく判断するために思考を深めていけなければなりません。それを可能にするには、十分な語彙力と幅広い基礎的な知識が必要となります。そして、この知識や思考力の獲得には、忍耐力や意欲といった目標の達成に関わるスキルがものをいいます。また、ヒトは社会的な生き物です。様々な関わりの中で正しく判断し行動するには、協調性や共感性といった他者との協働に関わるスキルが必要不可欠です。さらに、豊かな心をもって人生を切り拓いていくには、自尊心や自信といった情動の制御に関わるスキルが欠かせません。これらは「非認知的スキル」といわれるものですが、身に付けておくべき大切な基本です。

  高みに上るための階段も、土台がしっかりしていないと何かのはずみで倒れてしまいます。階段を支える土台は、広いすそ野を持ち、強固でなければなりません。その土台をつくり上げるのが、これからの高校生、大学生の時期なのです。ですから、勉強はもちろんですが、それ以外の興味や関心のある様々なことに、皆さんはチャレンジするべきです。短い射程で結果ばかりを求めるのではなく、人生という長い射程で物事を判断し、高校生という時期に見ておきたいもの、経験しておきたいもの、身に付けておきたいものにチャレンジすべきです。失敗もするかもしれない。挫折もするかもしれない。でも、その経験も含め、皆さんのこれからの人生を切り拓いていくための土台になるのです。

 

 浦高には、皆さんがこれらの「基本」を身に付けるための最高の環境が用意されています。浦高での生活すべてを楽しんでもらえさえすれば、高校生として最高レベルの知識はもちろんのこと、非認知的スキルを含む「基本」が身に付く環境、すなわち皆さんを大人へと鍛えあげる環境がここにはあります。ですから、皆さんにはとにかく浦高生活のすべてを思い切り楽しんでもらいたい。

  ただし、楽しむためにはコツがあります。

  一つは浦高生活を楽しむための必要条件、自分でタイムマネジメントができることです。やりたいこと、やるべきことがたくさんある皆さんには、様々なスパンでそれらを適切に整理できなければなりません。もちろん、はじめは難しいでしょう。でもやりながら自分なりのマネジメント法を見つけ出してもらいたいと思います。

 二つ目は浦高では仲間とともに学び、切磋琢磨すること。高校でも大学でも、学びの環境として大事なこととして、「誰と学ぶか」があります。高校・大学選択は、すなわちどんな生徒・学生集団の一員になるかを選ぶことでもあるのです。浦高を選んだ皆さんは、ここで出会った仲間たちと遊び、教え合い、議論し、励まし合い、助け合うことができる。その生活こそが、皆さんにとってかけがえのない成長の場となります。

  三つ目はこの環境を活かすコツ、浦高生活すべてに全力で取り組むことです。全人教育や教養主義を標榜している本校は、勉強はもちろん、伝統の学校行事も、部活動も、どれも皆さんが本気でチャレンジするにふさわしい、質と難易度を誇っています。一人ではあまりにも過酷で困難に思えるものも多くあります。でもそれは、「知・徳・体」をバランスよく鍛えてもらうための仕掛けです。目先の成果ばかりを追って小さくまとまることなく、何十年も先を見据えてとことんチャレンジせよというメッセージです。もっとやれる、もっと完璧に、という気持ちで取り組んでもらいたいものです。

 

 最後になりますが、オンラインでご覧の保護者の皆様におかれましては、重ねて入学のお慶びを申し上げます。本日より、大切なお子さまを浦高生としてお預かりし、責任をもってお子さまの力をしっかり伸ばしてまいります。

  私たち教職員は、浦高の教育に誇りをもって全力で日々取り組んでおります。浦高が持つ輝かしい伝統と、これまでに育んできた様々な仕掛けを駆使し、必ずや少年のお子様たちを、心身ともに逞しい大人の青年へと導いてまいります。是非、浦高の教育力を信頼していただくとともに、何かございましたら遠慮なくご連絡をいただき、家庭と学校とでお子さまの成長に向けて、歩調を合わせて取り組んでいけたらと思っております。何卒、御支援と御協力をお願いいたします。

 

 それでは、皆さんが浦高生活を思い切り楽しみ、たくましく成長してくれることを心から願い、私の式辞といたします。

 

令和三年四月八日

埼玉県立浦和高等学校長 水石 明彦

 

3学期終業式

 皆さんおはようございます。

 令和2年度も終わりを迎えました。新型コロナウイルス感染防止に明け暮れた一年でした。でも、年度末になって、やっと体育館に全員集合しての終業式が実現しました。応援団も復活しました。もうしばらくは、感染防止策をしっかり講じつつの浦高生活となりますが、来年度に向けての大きな前進です。

 

 去る3月11日で、あの東日本大震災からちょうど10年となりました。被災された方の心の傷は癒えることはないでしょうし、復興への道のりもまだまだ道半ばです。我々は、震災から得られた教訓を決して忘れることなく、これからの世の中に活かしていかなければなりません。10年が経った今、改めてそのことを確認しておきたいと思います。

 皆さんは、自然への脅威を再認識することとなったこれらの事態や、目まぐるしく変化する激動の社会を目の当たりにしています。浦高OBの佐藤優さんは、最近の著書「新世紀『コロナ後』を生きる」で、「新型コロナウイルスの全世界的流行によって20世紀の残滓は消え、2020年から本当の21世紀が始まった、というのが私の作業仮説」だと書かれている。とすると、皆さんは本当の意味での新たな世紀の幕開けを、浦高生として迎えていることになる。では、新しい世紀とはどんな姿なのか。「それはわからない。海図なき時代こそが新しい世紀の特徴なのかもしれない。」と佐藤さんは続けています。

 となれば、その姿を創り上げていく役を担うのは、将来の皆さんだということになる。少なくとも、これまでは通用していた前例を踏襲するだけの思考停止の策や、リスク回避、責任回避の策などが、全く通用しないであろうことは明らかですから、様々な試行錯誤を繰り返しながら、新たな姿を創造していく気概を持つことが求められます。

 

 さて、3年次生は、先日立派に浦高を卒業していきました。浦高生活の最後の一年に大きな制約が課せられた中、彼らなりに奮闘して今春の大学入試では東大をはじめとする多くの大学への進学を決めました。一人一人が本当に良く頑張ったと思います。もちろん、あと一歩、あと1点が届かなかった生徒もいました。悔しい思いをしたはずです。でも、その悔しさが、次のチャレンジへの力になる。卒業生はもちろんですが、我々も皆さんも、その「あと一歩をどうするか」を、次なるチャレンジに生かすことが大事だと思います。

 皆さんもこの一年、持って行き場のない不安や苛立ち、ストレスなどへの対処に苦労したことと思います。年度当初からの臨時休校、学校行事の多くが中止となり、部活動も大きく制限された結果、仲間とともに事を成す機会が失われ、切磋琢磨の機会も限られた一年となった。結果的に、学習時間が伸びて学習面ではプラスに作用した側面もあったかもしれない。まずは皆さんなりに、この一年の自分の生活を総括してみてほしい。 

 4月以降も、当面は一定の制約が続くことになる。でも、来年度は本来に近い浦高生活を皆さんに送ってもらえるよう、学校行事等の実施に向けて準備したいと思っている。そうなったとき、今年の経験も生かして、どのようにタイムマネジメントをするか。何を重視するか。一日、一か月、一年というスパンで、どうバランスをとるか。そこが、考えどころとなります。皆さん各自の責任と判断で、自分にとって最適といえるタイムマネジメントをしてもらいたいと思います。

 

 それから、もう一つ。これから先の海図なき時代に、リーダとして活躍してもらいたい皆さんにとって、高校・大学時代というのは、その後の人生のための、盤石な土台をつくっておく時期にあたる。その意味で、これまでも指摘されているかとは思うが、「公共心」についてもう一度確認してみたい。

 「公共心」とは、「公共のためを思う心」ということですが、平たく言えば「周りの人、他者、みんなへの気遣いができること」だと思います。そのための一つの視点として、公共空間における他者に対する想像力、つまり、自分の行動が周りの人にどう見えるか、どう影響を及ぼすことになりそうかを想像できるか、ということです。 

 わかりやすい例として、混雑している大宮駅のコンコースをイメージしよう。自分が進みたい方向と周りの人が進みたい方向がクロスしそうになることは、混んでいれば頻繁におこる。そのとき、互いが相手の進みたいと思われる方向を認識して、軌道がクロスするのを回避しようとすれば、無理なくスムーズにすれ違うことができるだろう。そんな意識を多くの人が持っていれば、混雑している中でも秩序ある流れが生まれたりする。これって本来、周りの存在を前提として、自分の行動とうまく折り合いをつけるという、極めて当たり前なことです。ところが、それがうまくいかずに、トラブルになる場面を見かけることもある。 

 何のことはない日常の一コマであるが、各個人の他者への想像力の有無が、こういった日常の一コマに顔を出したりするものだと思う。公共空間における周りの存在への想像力。皆さんには、想像力ある行動、振る舞いをしてもらいたい。ひょっとしたら想像力が乏しいかもと思った人は、今後はぜひ意識して行動してほしい。

 蛇足ながら、人は余裕を失うと、自分の事を優先するあまり、ついついその想像力を放棄しがちになる。そして、気遣いができなくなる。だから、余裕のない集団は、どんどん荒廃していく。

前にも言った、「常に余裕を持つ」ということは、この点からも極めて大事であることがわかる。

 

 これからの時代には、「臨機応変」に様々な「試行錯誤」を繰り返しながらも、「自分の頭で考え行動できる」ことが絶対の必要条件となる。来年度の自分の判断、振る舞い、行動で、ぜひとも実践してもらえればと思います。

 4月8日、また元気で会いましょう。

 

第73回卒業証書授与式式辞

 永い冬も終わりを迎え、やわらかな春の日差しのもと、早くも桜の開花する季節となりました。この春のよき日に、埼玉県立浦和高等学校第73回卒業証書授与式を挙行できますことを、心より嬉しく思います。

 

 356名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。卒業生並びに保護者の皆様に心よりお祝いを申し上げます。新型コロナウイルス・パンデミックにより、本日保護者の皆様にはご臨席いただくことができませんでしたが、皆さんの卒業を何よりも喜んでくれていることでしょう。

 

 さて、ちょうど十年前の3月11日、日本は東日本大震災に見舞われました。十年ひと昔とはいえ、被災をされた方々の生活がすべて日常に戻ったわけではありませんし、心に残った爪痕はそうそう癒えるものではありません。震災からの完全復興への道のりは、まだまだ道半ばです。私たちはこの震災を決して忘れることなく、防災意識の更なる醸成や危機管理体制の整備はもちろん、人と人とのつながりの大切さとその暖かみ、共助の意識など、この震災から得た様々な教訓をこれからの世の中に活かしていかなければなりません。

 

 そして今、世界は新型コロナウイルス・パンデミックに見舞われています。世界がまさにつながっていることを改めて誰もが実感させられました。新型ウイルスの発生という自然現象に端を発して、一人一人の行動を介して世界全体に感染が拡大するという社会現象が起きました。震災と同様に自然の脅威を再認識させられる事態であり、一人一人がグローバルな社会での責任を自覚することを迫られています。皆さんのこの一年余りの浦高生活も、大きな制約が課せられたことで一変しました。持って行き場のない不安や苛立ち、ストレスなどへの対処に苦労したことと思います。

 

 思えば、皆さんは入学早々の応援団による校歌指導に度肝を抜かれ、そのわずか一ヶ月後には中学生には未知の領域である10kmという距離に挑む新入生歓迎マラソンの洗礼を受けました。授業のレベルの高さとスピードに食らいつきつつ、部活動で身体が悲鳴を上げる毎日を過ごした人も多数いたことでしょう。体育祭、そして弓ヶ浜での臨海学校を経験し、夏休みを迎えたあたりでやっと浦高生らしくなってきた自分を感じはじめたのではないかと思います。そんな姿を見た保護者の皆様は、我が子が確実に成長していることを実感されたことでしょう。その後も、文化祭、各種スポーツ大会、文化大会、そして強歩大会、修学旅行と、様々な行事を楽しみつつ、2年次の終わり近くまで浦高生活を存分に満喫したことと思います。だから、パンデミックによる突然の臨時休校が長く続いても、制約のある中での生活規律や学習を自分の力で何とかやろうとし、事実、皆さんは立派にやり通してみせた。この一年は、すっきりしない未消化のままのようなモヤモヤ感が残ったことだろう。でも、皆さんは自分で立派に対処した。その力が皆さんには備わっているということです。だから、パンデミックの先行きはまだまだ不透明ですし、パンデミック収束後の21世紀がどのような世界になるのかも全くわかりませんが、それでも何とかなる、何とでもできるという強い気持ちを、ぜひ忘れないでほしい。

 

 浦高の先輩である佐藤優氏は、最近の著書で「新型コロナウイルスの全世界的流行によって20世紀の残滓は消え、2020年から本当の21世紀が始まった、というのが私の作業仮説」であるとしたうえで、「新しい世紀において、新自由主義が世界を覆いつくすのか、そんなグローバリズムへの反動が来るのか、あるいはヨーロッパで先行して見られる環境ファシズムみたいな運動が力を持つのか、もしくは全然違った勢力地図が出来上がるのか、そこはわからない。そんな海図なき時代こそが新しい世紀の特徴なのかもしれない。」と述べています。

 

 今という時代は、気候変動など地球自然環境の急激な変化や、少子高齢化、地域間格差などの深刻化とともに、AIをはじめとするデジタル革命とグローバル化が並行して急激に進行するという、まさに「激動の時代」であると同時に、本当の21世紀が始まる転換点でもあるようです。

 

 そんな時代に浦高から次なるステップへと踏み出す皆さんに、私からの最後のメッセージを贈りたいと思います。

 「知は力なり」などの名言を残したフランシス・ベーコンは、「高みに上る人は、皆螺旋階段を使う」という言葉も残しているそうです。世の中を見渡すと、経済性と効率ばかりが優先される傾向が見られます。いかに無駄なく、効率よく、最短距離を狙って結果を出すか。リスクを取らず、労力もかけず、楽して成果を上げるか。そのことが重視される傾向が強まっています。でも、それでは優れた人材は育たないし、真に価値ある優れたアイデアも生まれない。人が成長する上でも、普遍的な価値ある成果を生み出す上でも、成長や発展・進歩に至るまでには、様々な視点からの思考とアプローチ、たくさんのチャレンジと失敗、多様な学びと研究、検討が必要なことは明らかです。知的にも精神的にも、高みに上るためには、その土台となるすそ野を広くしておくことも必要です。一歩一歩確実に螺旋階段を上っていってこそ、高みに上ることができるというわけです。

 ノーベル化学賞を受賞された白川英樹博士が、受賞当時よく話されていた「セレンディピティ」にしても、もちろん単なる偶然ではありません。価値ある偶然がおこったときに、その価値に気づき、価値を見出すことができたからこそ、その幸運を手に入れることができるわけです。それまでにたくさんの経験と努力を積み重ね、そして自分を信じ、物事に打ち込んだ人だからこそ、結果として適切な判断力や感性によって幸運をつかみ取ることができるわけです。

 

 そのことをぜひ心に留めて、浦高から次のステップ、つまり大学では、とにかく真の「教養」の獲得と「人格」に磨きをかけてほしい。具体的には、学問に取り組む姿勢をしっかりと身に付けておくこと、そして大学という場で学問への探究心に更なる磨きをかけることに力を尽くしてほしい。大学生のうちに「とことん」やり抜いてみる経験が大切だということも覚えておいてほしい。「そこそこ」の経験を積みあげても、それだけではきっとあとで後悔する。これと決めた事には果敢にチャレンジして、ときには砕け散ることがあってもそこからまた立ち上がって、やり抜いてみることが大事です。そうやって身に付けていく自信や自負心が、その後の人生を生きていく上で必ずや大きな力になる。そのことを覚えておいてください。

 

 最後にもう一つ。今年の大河ドラマの主人公にして新一万円券の顔となる、埼玉ゆかりの三偉人のひとり、渋沢栄一が残した言葉に、「交際の奥の手は至誠である。理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。」というのがあります。キーワードは「至誠」、つまり「誠実」であることです。

 物事に打ち込むうちには、失敗や挫折もある。迷うことも、悩むことも、落ち込むことも当然ある。高みに上るための螺旋階段の途中で、辞めたくなることもある。道を踏み外しそうになることも度々あるだろう。でも、「誠実」でさえあれば、物事はいずれ必ずや自然と上手くいくものである。そう信じて、ぜひ自らが望む高みを目指してもらえればと思います。

 

 最後になりますが、オンラインでご覧の保護者の皆様におかれましては、ご子息のご卒業、誠におめでとうございます。重ねてお慶びを申し上げます。三年間の浦高生活を全うし、心身ともに大きく成長したタフで優しい卒業生諸君の姿を前にして、とても頼もしく思います。

 この三年間、本校の教育活動につきまして格別のご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございました。できますれば、今後とも浦高に対する変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 結びに、第73回の卒業生全員が、世界のどこかを支えるべく前途洋々たる人生を歩み、広き宇内に雄飛せんことを心より期待して、私の式辞といたします。

 

令和三年三月十七日

埼玉県立浦和高等学校長 水石明彦

 

3学期始業式

 新年を迎え、3学期がスタートしました。

 新型コロナウイルス・パンデミックによる感染拡大がここにきて再びひっ迫した状況となり、埼玉県を含む一都三県には明日にも政府から緊急事態宣言が発出される見通しとの報道がなされています。本校では、すでに今日から始業を一時間遅らせる措置を取っていますが、いずれにしてもまだまだ感染防止のために各個人一人一人が我慢すべきことは我慢し、できることをしっかりやっていくことが求められます。 

 

 さて、今年は丑年です。「牛」は古くから人々を助けてくれる大切な生き物で、大変な作業を最後までこなす働きぶりから、丑年は「我慢」を表す年とも言われているそうで、このことから、丑年には先を急がず目の前のことを着実に進めることが、将来の成功につながっていくとされているのだそうです。

 そこで、今日は「丑年には先を急がず目の前のことを着実に進めることが、将来の成功につながっていく」というところに注目してみたい。

 

 年末に、同期の仲間4人が雑誌の取材で訪れてくれました。それぞれ、バスケットボール部、サッカー部、ソフトテニス部、数学部のOBで、卒業以来の浦高への訪問とのことでしたが、4人とも今や各界を牽引する4人である。その彼らが、浦高で大事なこととして次のようなことを言っていました。

 「『志』は高く持ち、自分で考える力とセルフマネジメント力を磨くべきだ。」

 それから、後輩である君たちへのメッセージとして次のようなことを言ってくれました。

 「浦高生は口に出さなくても胸に秘めたものを持っている。それを大事にしてほしい。」

 「やることにはベストを尽くせ。そして、今しかできないことをやれ。」

 「何をやっても何とかなると思ってよい。卒業してからもしばらくはいろいろあるかもしれない。それでも、それなりの年になる頃には、皆それぞれの世界で立派に活躍している。そういうものだ。浦高生なら大丈夫だ。そう思って、自信をもってチャレンジしてほしい。」

 

 直近のではないが、以前見た卒業生アンケートで、浦高生活に満足していないと答えた卒業生の理由のほぼすべてが、浦高生活に積極的に送ることをしなかったから、あるいは送れなかったから。もっと思い切り楽しんでしまえばよかった、という内容だったと記憶しています。

 3年次生は、受験間近となってきました。コロナ禍での準備で当初の想定からは変更を迫られたかもしれないし、精神的にきつい部分もあるでしょう。でも、その中でベストを尽くす経験が、君たちを将来成功に導くはずである。今は、自分を信じてやるのみである。

 1・2年次生も、まだまだ制約のある中での浦高生活となるかもしれない。でもこの環境の中で自分をコントロールしてみる。自分でやると決めて、ベストを尽くしてみる。やってみてうまくいかないときには、軌道修正すればいい。文字通り、「試行錯誤」の格好の機会が得られたのかもしれない。

 

 卒業までの浦高生活に、自分なりにベストを尽くそう。「余裕」を持て、そして「試行錯誤」せよ、である。

 

2学期終業式

 今年も残すところわずかとなりましたが、結果的に新型コロナウイルス・パンデミック対応に明け暮れた一年となってしまいました。この年末年始における感染拡大の危機感がまた高まっており、学校にも部活動の活動中止などの対策が取られることとなりました。来年もしばらくはこの事態が続くことは覚悟しておかなければなりません。

 コロナ禍でいつも通りのことができない中でも、浦高生ならばいつも通りにできないならばその代わりにどうするか、何ならできるか、この危機をどう生かそうかと前向きに「臨機応変」に対処しようとしていることと思います。というより、それができなければならない。

 ところで、この「浦高生ならば」とはどういうことなのか。君たちが生活している浦高の生活環境の視点で少し話してみようと思います。

 

 浦高が君たちに提供している環境を簡単に言えば、自主性を重んじる自由さと国内最高レベルの生活環境である。自由さを認めているのは、校則がないことからもわかるように、自分で適切に判断できると浦高生を信用しているからである。また、国内最高レベルの生活環境というのは、もちろん施設面での環境ではない。勉強はもちろんとして、部活動も学校行事も、やろうと思えばどれも高校最高レベルのチャレンジができる環境があるという意味である。

 これは、時代の求めるリーダーとなるべき浦高生にこそこの環境が必要であるし、この環境でこそ様々な経験から力をつけてもらえると信じているからに他ならない。君たちはこのくらいの環境は当たり前と思っているかもしれないが、全国広しといえども、こんな環境を享受できる高校生はそうはいない。だから、ここで高校生活を満喫している浦高生ならば、コロナ禍でも前向きに臨機応変に対処できる力が身に付いているはずなのである。そして、のちにはどんな危機に直面しても「臨機応変」に対処できるタフで骨太な人物に、君たちは成長していくのである。だから、改めて言うが、君たちにはこの恵まれた環境を使いこなして、浦高生活を満喫してほしいと思う。

 

 そこで、浦高生活を満喫するうえで肝に銘じておいてほしいことを二つ。一つは、自由を享受するのだからそれに伴う責任もしっかり果たすこと。責任の取れないことはしてはならない。

 二つ目は、やることは「自分でやると決めてやる」こと。「やれと言われたからやる」ではだめである。自分で決めてやるからこそ、本気になれるし大きな成果に結びつく。そのことを忘れないでほしい。先生方はやろうとする君たちの背中はいくらでも押すつもりだが、手を引いてあげるようなことはしない。それが高校というものである。

 

 それから、これは普段の浦高生活ももちろんだが、受験勉強や卒業後のキャリアを視野に入れてのアドバイスとして聞いてほしい。人は誰でも、どんなに多忙であっても心に「余裕」がないとその能力を最大限発揮することはできない。余裕がなくなると、思考するにも、判断するにも、行動するにも、ミスが起こりやすくなるなど、ろくなことにはならないものである。だから、忙しくても常に「余裕」を持てるよう、生活とメンタルのマネジメントをしっかりすることが肝要である。

 それから、人も、物も、何をするにも、その取組の過程でタフさが担保されていないと、思わぬ事態が起こっただけで一気にすべてが壊れてしまったりする。そして、そのタフさを担保するには、小さな失敗を繰り返すことを含め、様々な想定に対処すべく、取組の過程で精一杯「試行錯誤」することが何よりも大切である。

 だから、常に「余裕」を持て。そして「試行錯誤」せよ。ぜひ意識してみてほしい。

 

 感染防止の観点からも、自己免疫力を良好に保つことはとても重要である。体調には十分留意して、元気で良いお年をお迎えください。

 

2学期始業式

 2学期になる頃には新型コロナウイルスの感染拡大も沈静化しているのではないかという、淡い期待は見事に裏切られました。状況は改善の見通しが立たず、長期戦を覚悟しなければならない。

 引き続き感染拡大防止の対策を個々の責任でしっかりとりつつ、制約のある中でも充実した生活を続けていかなければならない。

 

 今日は人生ただ一度の高校時代をどう過ごすか、浦高生に期待していることをお話ししたい。

 ご存じのとおり、浦高は今年創立125年目を迎えている。聞くところによると、大宮公園も今年が開設125年目だそうだ。当時は、東京近郊の代表的な避暑地として知られ、正岡子規、夏目漱石、樋口一葉らも訪れていたそうだが、そのころすでに浦高、当時の浦中はあったわけである。その長い歴史の中で、浦高教育を表す言葉がいくつもあるのは知ってのとおりだが、注意すべきは言葉が先というよりも、実践が先で言葉は実践を表現したとみるべきだということである。「尚文昌武」は第二代校長の藤井先生がつくられた言葉として今に受け継がれているが、実は途中で忘れ去られた時期もあった。でも言葉が忘れ去られた時期でも、その教育理念は変わることなく受け継がれて今に至っている。

 

 「三兎を追え」という言葉は、正しくは前に「少なくとも」がつく。この言葉が言われ始めてまだ十数年しか経っていないが、この言葉の云わんとすることは古くから当たり前に実践され続けている。

 浦高生は能力も将来の可能性も極めて高い。様々なことに関心を持ち興味の対象も多く、やりたいこともたくさんある。高校に入った以上、勉強するのは当たり前だが、人生ただ一度の高校生活でやりたいことを我慢して勉強だけに費やすのではもったいない。限りある時間の中で、様々なことに思い切り挑戦し取り組むことが、将来のキャリアにも人生にもかけがえのない財産となるはずである。

 だから、浦高生は勉強、部活動、学校行事はもちろん、趣味や遊び、芸術や特定の専門分野など、その人なりの興味や関心のある対象に深く入り込んでみたりもする。そして、仲間同士で興味の対象に関する話をすることが、さらなる興味の対象の発見となったり、視野を広げるきっかけとなったりと、実に刺激的な機会となる。こんな三年間を過ごせる高校は、浦高以外にそんなに多くない。そんな浦高生活を満喫するように、そしてやるなら本気で挑戦せよというメッセージも込めて、「少なくとも三兎を追え」という言葉が生まれたのではないかと思う。

 ただ、やりたいことがたくさんあるのに時間は限られている。といって時間がないからやりたいことを三年間我慢するのではもったいない。だから、浦高生は自分なりに時間をコントロールする。勉強に時間をかけすぎないよう、勉強の効率を追求する。全てを100%は無理なのだから、自分なりの優先順位を考え、加減を調整する。そうやって、高校時代になるべくたくさんのことがやれるよう、時間をコントロールする。受験準備を意識し始めれば、学習への時間配分は自ずと大きくなる。

 浦高生たるもの、様々なことに興味を持ち様々なことにチャレンジしなくてはもったいない。そのためにも、自分なりに時間を管理しコントロールせよということである。

 

 コロナ禍だからといって、できないことを嘆くのは建設的ではない。自分なりの興味や関心のあることに中に、やれることはいくらでもあるはずである。時期とタイミングを考え、自分なりに時間をコントロールして、様々なことを実践、チャレンジしてみる姿勢が何よりも大事ではないか。

 君たちにとって、いい2学期となることを願っています。

 

令和2年度入学式式辞

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。令和となって最初の浦高入学生である皆さんは、新制高校となって第75回の浦高生です。当初の予定から2か月遅れとなってしまいましたが、浦高教職員を代表して、心より歓迎するとともにお祝いを申し上げます。

 

 本校は明治28年、埼玉県第一尋常中学校として浦和の鹿島台の地に開設され、明治から大正、昭和、平成、そして令和と、125年の歴史を刻む県内屈指の伝統ある進学校です。これまで3万人を超える卒業生を世に送り出し、旧制中学校以来の校訓である「尚文昌武」、文を尚び武を昌んにす、を教育理念に掲げ、これからの時代の求めるリーダーを育てる教育を行ってきています。

 

 さて、今世界は気候変動など地球自然環境の急激な変化、少子高齢化や地方の過疎化、生産年齢人口の減少などの社会課題への対応、AIやIoT、ビッグデータといった新たな価値の創造など、これから先がどんな時代なのかが見えない、劇的な変化の只中にあるといっても過言ではありません。

 そこに、今回の新型コロナウイルス・パンデミックという過去100年に人類が直面したことのない緊急事態がおこりました。「民主主義」や「市場経済」を根底から揺るがす危機とさえ言われるような事態です。したがって、現代を生きる我々は、こうした危機を乗り越えて劇的な変化の中で、新たな世界や社会を構築していかなければなりません。では、その役は誰が引き受けるのか。もちろん、今まさにその任にある大人世代は、その責任を果たすべくベストを尽くしています。でも、新たな世界や社会の構築には、文字通り新しい発想が求められることになるでしょう。だとすれば、未来に向かって新しい時代を切り拓き、新しい時代の価値を創造していく役割は、若い人に担ってもらうしかありません。これから先の時代は、皆さんのような若い人に託されているのです。

 この役割が担えるかは、柔軟な頭で新しいものの見方ができるかどうか、秘めたる情熱と豊かな教養を持って、たくましく豊かに成長していくことができるかどうかにかかっています。ですから、皆さんには3年間の浦高生活で、ぜひともその土台を築き上げてもらわなければなりません。

 

 そこで、今日はそのための心得として、「基本」をしっかり身に付けよ、と申し上げたい。

 ここでいう「基本」とは、人生を切り拓いていくためのベースとなるものすべてであり、知識とスキルの両方を含みます。広い意味での「教養」あるいは「リベラルアーツ」といってもいいものです。よく言われるように「自分の頭で考える」ことの大切さは、皆さんもよくわかっているでしょう。でも、自分の頭で考えるには、物事を正しく判断すべく、思考を深めていけなければなりません。それを可能にするには、十分な語彙力と幅広い基礎的な知識が必要です。知識や思考力の獲得には、忍耐力や意欲といった目標の達成に関わるスキルがものをいいます。また、ヒトは社会的な生き物ですから、様々な関わりの中で正しく判断し行動する上でも協調性や共感性といった他者との協働に関わるスキルが必要不可欠です。さらに、豊かな心をもって人生を切り拓いていくには、自尊心や自信といった情動の制御に関わるスキルが欠かせません。これらは「非認知的スキル」といわれるものですが、これも身に付けておくべき基本です。

 

 浦高には、皆さんがこれらの「基本」を身に付ける上で、最高の環境が用意されています。浦高での生活すべてを楽しんでもらえさえすれば、高校生として最高レベルの知識はもちろんのこと、非認知的スキルを含む「基本」が身に付く環境、すなわち皆さんを大人へと鍛えあげる環境がここにはあります。ですから、皆さんにはとにかく浦高生活のすべてを思い切り楽しんでもらいたい。

 ただし、楽しむコツとして次の2つに留意してほしい。

 一つ目。浦高の仲間とともに学び、切磋琢磨すること。高校でも大学でも、学びの環境として大事なのは、「何を学ぶか」よりも「誰と学ぶか」になりつつあります。浦高で出会った仲間たちと遊び、教え合い、議論し、励まし合い、助け合う。その生活こそが、皆さんにとってかけがえのない貴重な学びとなります。

 二つ目。この環境を活かすためにも、浦高生活すべてに全力で取り組むこと。勉強・行事・部活動の「三兎を追え」というのも、目先の成果ばかりを追って小さくまとまることなく、何十年も先を見据えてとことんチャレンジせよというメッセージです。もっとやれる、もっと完璧に、という気持ちが大事です。

 

 結びに、新型コロナウイルス・パンデミックの影響で、この入学式が当初予定された日から大幅に遅れ、規模も縮小しての開催となったことは大変残念であり、保護者の皆様にもご参列いただけず申し訳なく思っています。保護者の皆様には、浦高を信頼し、密接な連携を図っていただくとともに、力強いご支援とご協力をいただけますよう、皆さんからも伝えていただければ幸いです。 

 

 それでは、皆さんが浦高生活を思い切り楽しみ、たくましい大人へと成長を遂げてくれることを心から願い、式辞といたします。 

 

令和二年六月四日

埼玉県立浦和高等学校長 水石 明彦

 

校長よりメッセージ②

5月6日までとされていた学校の臨時休業期間が、5月31日まで延長されました。依然として感染拡大の危機にあり、緊急事態宣言期間が同様に延長されたことからも、残念ではありますが必要な措置と言わざるを得ません。もうしばらくの間は、すべての人が感染しない、感染させないことを第一に考え、可能な限りSTAY HOMEを徹底することが求められます。皆さんにも、今一度次の3点の徹底をお願いします。

 

1 不要不急の外出を控える。

2 換気の悪い密閉空間、大勢が集まる密集状態、間近で会話する密接場面の「3密」を排除する。

3 規則正しい健康的な生活を心がけるとともに、手洗い・うがい・咳エチケットやこまめな換気を励行する。

 

今、我々が遭遇している新型コロナウイルス・パンデミックにより、皆さんの高校生活と学びの環境が甚大な被害を受ける事態となってしまっています。新学期のスタートが2か月も遅れてしまうことになる。運動部の関東大会とインターハイがともに中止となってしまった。浦高も伝統の臨海学校中止を決断せざるを得なかった。その他の行事への影響も大いに懸念される。どれも苦渋の決断で残念であると同時に、皆さんにたいへん申し訳なく思います。ただ、今回のパンデミックは、過去100年でこれまで遭遇したことのない危機であり、「民主主義」や「市場経済」の崩壊の危機だとさえ言われています。皆さんは、そんな危機の只中にいるのです。

 

皆さんは、不自由で制限された生活を2か月以上も強いられ、ストレスとともに不安や焦りを感じているのではないでしょうか。こう長くなると、自らの生活を律していくのも大変です。でも、この状況を嘆いてみたところで何も生まれません。ものは考えようです。こんな時だからこそ、自分の気持ちをどうコントロールするかが問われることになります。大切なのは、ポジティブ思考です。様々な制限のあるピンチとしか思えない状況を、皆さんの将来にとってのチャンスとして活かせるように、思考と行動をコントロールするのです。この機会に、普段はなかなか読めない本をじっくりと読んでみる。興味ある分野についてとことん調べ上げてみる。あるいは、周りに頼れない環境に置かれたこの機会に、自分の学びのスタイルを確立もしくは再確認してしまう、等々。こんなに自由に時間が使える日々は、今を逃すと老後までないかもしれない。どう活かすかは、皆さん次第です。

 

それから、もう一つ。人類がこのパンデミックの危機を乗り越えることは間違いないとして、どのように対処し、乗り越えていくのか。そして、乗り越えた先にある世界はどのようにつくられていくのか、どのような世界をつくっていくべきなのか。皆さんには重大な関心を持って見守ってもらいたいし、できるならば仲間と議論してみて欲しい。なぜなら、皆さんは今この危機の只中にいる当事者であると同時に、その後の、次の世代の世界を創っていく役割が期待されることになるはずだからです。

 

6月1日には学校が再開されて、入学式も予定されています。その日からの浦高生活を存分に満喫できるよう、各自で準備を進めておいてください。

 

令和二年五月七日

埼玉県立浦和高等学校長  水石 明彦