進路指導
 

 

浦和高校の進路指導

生徒に将来を見通した高い目標を堅持させ、それをバックアップする3年間通した様々な進路プログラムを実施している。

 
進路指導目標
(1) 『進路指導=「日々の授業」と「生徒への励まし」』『浦高生活3年間のすべてが進路指導』であるという共通認識を全職員で持つ。
(2) 国立大学を中心とした,生徒の第一希望進学を現役で実現させるための方策を,進路指導部・年次団・教科が連携して企画立案し,実行する。

 

 

進路実現までの学力到達計画と年次別進路目標

1年 基礎基本の確立

「やりたいことは何か」「それを実現できる大学はどこか」を調べ、

高い目標を設定し現役合格に向けて基礎基本の徹底に努める。

進路目標
 ・各科目の学習方法と,授業を核とした学習習慣を確立させる。
 ・教科書等教材の内容を全員に習得させる。
 ・自己の適性に関する考察と関心分野の調査・研究を促し,学問に目覚めさせる。
 ・高い進路目標を持たせる。

 

 

 

2年 大学共通テストレベルの完成

主体的かつ協働的な学習によって、学問の本質を捉える。

英数では論述力を高め、理社を意識しつつ、大学共通テストレベル完成を目指す。

進路目標
 ・1年次に確立した学習習慣を継続させる。
 ・国数英(理社)における全員の学力をセンターレベル完成に近づける。
 ・高い進路目標を持続させる。志望大学・学部の絞り込みを促しながら,ともに向上していく仲間を意識させる。

 

 

3年 難関国公立大二次試験、私大レベルの完成

英数国は豊富な演習量を確保し、理社は実験や資料を通して徹底的に考える。思考力・表現力に磨きをかける。

進路目標
 ・国立大学二次試験に対応できる学力をつける。
 ・志望大学・学部を早期に確定させ,第一志望への強い気持ちを支える。