陸上部 活動報告

陸上部 活動報告

陸上競技部・新人戦南部地区総合3位

令和元年度県民総合体育大会

南部地区大会

9/13~14 上尾運動公園陸上競技場

 

総合3位(71点)

100       末永 悠翔②    11.20(+0.1)      3位

200       宇野 智博②    22.44(-0.7)        1位

400       宇野 智博②    48.75   1位

800       大竹 秀人②    2.00.67 6位

5000     草野 洸正②    15.39.17             6位

110mH 渋谷 幸太朗② 15.95(+2.1)             7位

110mH 西里 碧澄① 16.15(+2.1)   8位

4×100mR         末永②・渋谷②・千原②・宇野②          42.80    3位

4×400mR         和賀井②・末永②・楡井②・宇野②      3.26.17 3位

3000SC           草野 洸正②    10.06.10             2位

5000mW            相馬 琢秀②    26.35.58             1位

5000mW            草野 陽樹①    37.18.08             4位

やり投                有馬 貴久②    52m84  1位

 

総合優勝を目標に戦った南部地区大会でしたが、総合3位で悔しい結果となりました。

夏合宿の日程変更(8月末)やけが人が続出するなど、万全な状態で試合に臨むことができなかったことが一番の敗因でした。

ただ、2種目に入賞した長距離キャプテンの草野②や怪我明けの復帰戦で優勝した宇野②・有馬②など、県大会に向けて少しずつ好材料も出てきました。

県大会では、来季につながる戦いができるように、残り10日間を大切にして調整していきたいと思います。

陸上競技部・U-18日本選手権出場権獲得

国民体育大会一次予選・南部地区大会

7/13.14 上尾運動公園陸上競技場

 

200        宇野 智博②       22.44(-1.3) 3位

400        宇野 智博②       47.58  2位(浦和高校新記録)
 U-18日本選手権出場権獲得

1500      小林 修太②       4.08.50 2位

1500      草野 洸正②       4.11.72 4位

5000      秋本 理貴③       15.30.58 1位

5000      越川 剛暉③       15.58.11 6位

3000W   相馬 琢秀②       15.54.32 2位

4×100mR          宮前②・渋谷②・玉井②・千原② 43.16 5位

4×400mR          和賀井②・宇野②・玉井②・楡井② 3.25.56 4位

やり投    有馬 貴久②       49m70 3位

B3000    竹内 慶真①       9.21.19 7位

 

夏の公式戦・国体予選が実施されました。初日は、1年生が臨海学校最終日と重なり不参加となり、2・3年生のみでの出場でした。

 400mに出場した、宇野②は、学校総合で記録した自己ベストを更に更新し、秋に広島で実施されるU-18日本選手権への出場資格を得ることができました。インターハイ出場こそ逃しましたが、2年次のランキングで、全国5位以内に相当するタイムを出すことができ、大きな自信となりました。

 チームとしては、今回出場できなかった1年生も含め、順調に練習することができているので、夏の練習では更に、良い練習を積み上げ、秋の新人戦・駅伝につなげていきたいと思います。

陸上競技部・関東選手権大会出場決定

第74回埼玉県陸上競技選手権大会

6/21~23 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場


400
m 宇野 智博② 48.53 3位 【 関東選手権出場 】

110H 玉井 奎多② 16.51(-0.3) 予選敗退
110H 渋谷 幸太朗② 16.19(+0.9) 予選敗退
3000SC 草野 洸正② 10.05.98 予選敗退
やり投 有馬 貴久② 50m72 15位
4×100mR 玉井②・渋谷②・石川③・磯部① 43.16 準決勝敗退
4×400mR 楡井②・宇野②・石川②・和賀井② 3.27.96 予選敗退

高校生だけでなく、社会人・大学生も出場する埼玉県選手権大会が行われ、2年・宇野が関東大会での悔しさを晴らす快走で、見事3位入賞(高校生TOP)し、8月に群馬県で行われる関東選手権への出場権を獲得しました。
来月の、国体予選会では1・2年生中心に、秋につながる記録を出せるように頑張りたいと思います。

陸上競技部・関東大会結果報告

令和元年度関東高等学校陸上競技大会

6/14~17 茨城県・笠松運動公園陸上競技場


400
m 宇野 智博② 48’’85 予選敗退 

1500m 坂本 順③ 403’‘64 予選敗退

5000m 秋本 理貴③ 15‘10’‘77 14位

3000mSC 越川 剛暉③ 9’52’’15 予選敗退

県大会から約1か月、インターハイへの最終関門である関東大会が茨城県で開催されました。
浦高からは、県大会を勝ち抜いた4名が出場しましたが、上記の通りインターハイへの出場権を獲得することはできませんでした。

400mに出場した宇野は2年生です。この経験を来年のインターハイに繋げてくれること期待しています。
長距離の3名も、秋の県駅伝6位入賞(関東駅伝出場)という目標を達成する為に、夏の練習に頑張ってくれると思います。

今回の悔しさを晴らす機会を得られることに感謝して、頑張っていきたいと思いますので、今後も御声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部・関東大会4名4種目出場決定

令和元年度学校総合体育大会

県大会

51114 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 

総合10位(24点)

400m 宇野 智博② 48’’13 2位 【 浦和高校新記録 】

1500m 坂本 順③ 402’‘37 5

5000m 秋本 理貴③ 1452’‘86 6位【 浦和高校歴代2位 】

3000mSC 越川 剛暉③ 9’22’’30 2位【 浦和高校歴代2位 】

以上、4名・4種目で関東大会出場

800m 小林 修太② 準決勝敗退

1500m 秋本 理貴③ 407’‘24 10

1500m 越川 剛暉③ 408’‘21 11

5000m 西尾 元③ 1454’‘02 7

3000mSC 草野 洸正② 9’49’’14 12

5000mW 相馬 琢秀② 25’53’’79 14

4×100mR 末永②・渋谷②・玉井②・磯部① 42‘’18 準決勝敗退

4×400mR 末永②・玉井②・楡井②・宇野② 3’25’’69 準決勝敗退

やり投 廣瀬 貴司③ 50m35 8

やり投 氏家 悠斗③ 5006 10

やり投 有馬 貴久② 4948 12

 

天候にも恵まれ、4日間の県大会が終了しました。

結果は上記の通り、4名・4種目で関東大会出場権を獲得することができました。

特に、長距離において3名・3種目の出場権を獲得したことは、県内の長距離界の勢力図(私立高校優勢)を考えると快挙です。この結果は、6月の関東大会はもちろん、県高校駅伝での1953年以来となる関東大会出場という目標に向けて大きな自信となりました。

また、唯一2年生で出場権を獲得した400mの宇野も、自己ベストを大幅に更新しての2位入賞を果たしてくれました。記録的には十分インターハイを狙えるので、関東大会に向けてチャレンジ精神を持って調整していきたいと思います。

県大会では、OB各位をはじめ多くの保護者の皆様に御声援をいただき、ありがとうございました。今後も、浦高陸上部に御声援よろしくお願いいたします。

 

 

陸上競技部:学総南部地区総合2位

平成31年度学校総合体育大会

南部地区大会

41820 上尾運動公園陸上競技場

 

総合2位(84点)

100m 末永 悠翔② 10’’99+1.0) 6

200m 宇野 智博② 22’’19(+0.9) 3

200m 末永 悠翔② 22‘’60+0.95

800m 大竹 秀人② 200’‘65 6

1500m 越川 剛暉③ 359’‘97 3

1500m 坂本 順③ 402’‘13 4

5000m 西尾 元③ 1518’‘10 1

5000m 秋本 理貴③ 1528’‘39 2

5000m 坂本 順③ 1534’‘00 4

3000mSC 越川 剛暉③ 9’45’’49 2

3000mSC 草野 洸正② 9’57’’18 4

5000mW 相馬 琢秀② 2721’‘09 1

4×100mR 末永②・渋谷②・玉井②・千原② 42‘’73 6

4×400mR 小林②・宇野②・玉井②・末永② 3’24’’78 6

やり投 有馬 貴久② 5151 3

やり投 氏家 悠斗③ 4764 4

2019年度最初の公式戦で、インターハイにつながる、南部地区大会が開催されました。
南部地区総合優勝を目標に戦いましたが、総合2位となりました。
全体としては、長距離の大活躍(合計54点)があり、多くが県大会に進出してくれました。
短距離では、2年生が活躍。県大会では、怪我で不本意な結果となった3年生も含め、関東大会出場目指して頑張ります。

陸上競技部:南部地区新人駅伝大会 優勝


   南部地区新人駅伝大会 優勝

2月9日(土)、雪の降る極寒の中、一部の区間距離を短縮する形で南部地区新人駅伝大会が実施されました。結果は、目標タイムには届きませんでしたが、目標としていた優勝を勝ち取ることができました。レースは、1区の西尾が2位でタスキをつなぐと、2区の坂本でトップに立ち、3区秋本、4区越川、5区北原と、最後まで首位を守り続けて優勝することができました。また、1年生だけで構成したBチーム(オープン参加)も8位相当でゴールをし、他校ともある程度競うことができました。先日の埼玉県駅伝競走大会に続き、よい形で今年度最後の駅伝大会を終えることができました。チーム最大の目標である秋の全国高校駅伝大会埼玉県予選会で6位以内に入り、関東大会以上の結果が残せるようにこれからも練習に励んでいきたいと考えております。応援よろしくお願いいたします。



陸上競技部:埼玉県駅伝4位入賞

86回埼玉県駅伝競走大会

2/3 さいたま新都心駅~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 

総合4位 2時間1512

1区( 6.6㎞)坂本 順②   20.37 区間7

2区( 3.1㎞)越川 剛暉②   9.48 区間9

3区(12.1㎞)西尾 元②   38.50 区間6

4区( 3.9㎞)草野 洸正①  12.36 区間4

5区(10.5㎞)北原 竹人②  34.49 区間8

6区( 6.0㎞)秋本 理貴②  18.32 区間2


86回埼玉県駅伝競走大会が実施され、4位入賞することができました。

秋の高校駅伝で悔しい結果となり、新キャプテンの秋本を中心にミーティングを重ね、来年に向けて目標を新たに練習に励んでいる中での好結果となりました。天候にも恵まれ、事前の設定に近い走りを全員がすることができました。力のある2年生と成長著しい1年生の力が結集すれば、今回のような結果が得られることが確認できたことは一番の収穫でした。

ただ、上位3チームとの差は大きく、それぞれが今回の走りを冷静に分析し、来週の南部地区新人駅伝はもちろん、4月からのインターハイ予選でもしっかり力を発揮できるように更に練習に励みたいと思います。

今後も、ご声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部・県高校駅伝12位

全国高校駅伝競走大会埼玉県予選会

116 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

12位:2時間1503秒(浦和高校新記録)

1区 西尾  元② 3108秒 区間 5

2区 越川 剛暉②  915秒 区間10

3区 秋本 理貴② 2638秒 区間15

4区 坂本  順② 2603秒 区間11

5区 小林 修太①  935秒 区間14

6区 草野 洸正① 1613秒 区間11

7区 北原 竹人② 1611秒 区間14

 雨天と寒さの中、全国高校駅伝の埼玉県予選会が開催されました。

 浦和高校チームは、昨年度の大会を経験している選手が多く残り、6位入賞(関東大会出場)を目指して一年間頑張ってきました。

 1区・西尾②が快走し、2区・越川②がさらに順位を上げて4位でのタスキリレー。3区はエースの秋本②でしたが、1週間前の練習で不安があったふくらはぎの不調もあって、12位に後退。4区・坂本②が再び10位に順位を上げ、5区・小林①と6区・草野①の1年生コンビも粘りの走りでこの時点で12位。7区・北原②も前を懸命に追いかけましたが、最終的に12位でのゴールとなりました。

記録は、昨年の記録を上回り浦和高校新記録を更新したものの、目標であった関東大会出場はなりませんでした。

 しかし、今年も1・2年生のみの若いチームでした。来年度こそ、第4回大会(1953年)以来の関東大会出場目指して、心機一転頑張りたいと思いますので、今後もご声援よろしくお願いいたします。


 

陸上競技部・関東選抜新人大会結果報告

関東選抜新人大会

1020 山梨県・中銀スタジアム

やり投       氏家 悠斗② 47m33 17

 天候に恵まれ、関東選抜新人大会が山梨県で行われました。先月の新人戦県大会の結果、やり投に氏家が出場。結果は、目標としていた自己ベストの更新ができず、17位でした。

 初めての上位大会への出場ということもあり、実力を発揮できずにおわってしまいました。しかし、普段の試合との差に戸惑いながらも、23投目に記録をUPさせていけたことは、今後につながる好材料でした。この経験を活かし、来春の県大会はもちろん、関東大会でのリベンジをしてほしいと思います。

 陸上競技部として、116日の県高校駅伝に向けて最後の調整中です。2年生の主力を中心に、1年生も急激に力をつけてきています。悲願の関東大会出場に向けて、残り2週間しっかり調整していきたいと思っていますので、ご声援よろしくお願いいたします。


 

陸上競技部・関東選抜新人大会出場決定

新人戦県大会

92729 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

学校対抗:総合12位(21点)

5000     西尾 元②        14.57.07 3

やり投  氏家 悠斗② 49m86 3位(関東選抜新人大会出場)

5000     秋本 理貴②    15.09.02 5

400       宇野 智博①    52.61 7位(準決勝50.31自己ベスト更新)

1500     秋本 理貴②    4.00.42 7

やり投  有馬 貴久 ① 46m68 8

3000SC           草野 洸正① 10.01.86 11

4×400mR       石川・宇野・玉井・石岡 3.25.37 準決勝敗退(11位)

800       小林 修太①    2.02.73 準決勝敗退

 関東選抜新人大会につながる新人戦県大会が行われました。

結果は総合12位と目標であった総合8位入賞は逃しましたが、3位入賞し来月山梨県で行われる関東選抜新人大会への出場権を1名が獲得することができました。(1500m5000mで入賞した西尾・秋本は県駅伝直前の為、辞退)

 個人では、南部地区大会に続き秋本が2種目入賞するなど活躍。また5000mでは西尾が粘りの走りで自己ベストを更新し3位入賞と健闘しました。さらに、やり投では氏家が最終投擲で上位を逆転しての3位。更に1年生の有馬が8位入賞するなど投擲種目で初の県大会W入賞を果たしてくれました。

長距離は県駅伝に向けて、1年生も含め調子が上がってきました。11月の関東高校駅伝出場に向けて残り1か月しっかり調整していきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。


 

 

陸上競技部・新人戦南部地区総合3位

新人戦南部地区予選会

91415 上尾運動公園陸上競技場

学校対抗:総合 3 位(74点)

200       宇野 智博①    23.48(+0.9) 7

400       宇野 智博①    51.18 2

800       小林 修太①    2.01.85 5

800       大竹 秀人①    2.03.18 6位

1500     秋本 理貴②    4.00.66 4

1500     北原 竹人②    4.06.09 6位

5000     秋本 理貴②    15.07.65 2

5000     西尾 元②        15.08.74 3

4×100mR       末永①・渋谷①・石川②・石岡② 44.33 5

4×400mR       宇野①・石川②・末永①・永塚② 3.28.58 5

3000SC           草野 洸正① 10.06.10 6位

5000mW 相馬 琢秀① 31.04.30 3

走幅跳  手島 陸② 6m55(0) 7

三段跳  間庭 卓也② 12m48(-0.6) 5

三段跳  手島 陸② 12m42(-0.9) 7

やり投  氏家 悠斗② 50m76 2

やり投  有馬 貴久 ① 48m88 4

 雨天と寒さの中、新人戦南部地区大会が行われました。結果は総合3位と目標であった総合優勝は逃しましたが、8大会連続(4年間)で南部地区3位以内を確保することができました。

 個人では、キャプテンの手島と副キャプテンの秋本が2種目入賞するなど活躍。また1年生も6名が入賞するなど頑張ってくれました。

 今月の27日から3日間、熊谷で行われる県大会に向けて、チーム一丸となって調整していきたいと思っていますので、ご声援よろしくお願いいたします。


 

陸上競技部・インターハイ結果報告

全国高等学校陸上競技対校選手権大会

8/2~6 三重県伊勢市・三重交通G スポーツの杜 伊勢 陸上競技場

 

200m        廣木 亮太③       21.55(+0.7) 予選1組4着 予選敗退

高校生最大の目標「インターハイ」が猛暑の中、三重県伊勢市を舞台に実施されました。
本校からは3年の廣木が200mに出場しました。結果は上記の通り、予選敗退となりましたが、準決勝進出ラインまであと0.07秒と大変惜しい結果でした。
今大会では、自己記録(21.44)更新と準決勝進出を目標に取り組んできましたが、出場者のレベルが例年以上に高く、残念な結果となってしまいました。

ここで3年生は全員が引退となりました。ケガ等で思うような結果が残せなかった選手もいましたが、全体に明るく仲の良い学年でした。また、インターハイに出場した廣木を筆頭に中学時代に関東・全国に出場していない選手が急速に力をつけたり、高校から陸上に取り組み2年生ながら昨年度のインターハイに出場したキャプテンの岩沢などの初心者も大いに活躍してくれた学年でした。

下級生は夏合宿も終了し、いよいよ新人戦・県高校駅伝に向けての調整がスタートしました。
引退した3年生のように、全員が成長し活躍できるように、頑張っていきたいと思いますので、今後もご声援の程よろしくお願いいたします。

陸上競技部・インターハイ出場決定

関東学校陸上競技大会

5/1617 群馬県敷島運動公園陸上競技場

 

100        廣木 亮太③       11.03-1.8 準決勝敗退

200        廣木 亮太③       21.77(+0.2)    6位(インターハイ出場)

5000W   小島 駿亮③       23.08.10  8位

 雨天や低温、向かい風など悪コンディションの中、関東大会が行われました。
本校からは、2名(3種目)が出場し、廣木が200mでインターハイへの出場権を獲得しました。

 廣木は、出場選手・エントリー記録でのランキングで1位となっていた100mでは、調整不足もあり、思うような結果を残すことができず、悔しい思いをしましたが、翌日の200mでは、混戦の中、何とか出場権を獲得することができました。
 5000Wの小島は、序盤から先頭集団から遅れる展開となり、終始中盤でのレースとなりました。結果的に県大会での自己ベストを更新することができず8位となりました。小島は、今週末の埼玉県選手権に出場予定なので、改めて記録に挑戦し、納得いく形で高校陸上を終えて欲しいです。

 2日間を通して、改めて関東大会の厳しさ、調整の難しさを痛感しました。この経験を活かし、インターハイでは自己記録の更新と決勝進出を目標に頑張りたいと思いますので、今後ともご声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部・関東大会出場

学校総合体育大会県大会

5/1114 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

学校対抗:総合13位(20点)

100        廣木 亮太③       10.66-0.1  2位  準決勝 10.60【浦和高校新記録】

200        廣木 亮太③       21.44(+1.5)【浦和高校新記録】      2

5000W   小島 駿亮③       22.35.63  3

以上、23種目が関東大会出場。

5000  秋本 理貴②       15.22.18  13

5000  西尾 元②       15.26.91  15

3000SC 越川 剛暉②  10.13.43 15

5000W   中村 俊太③       24.46.71  16

5000W   重原 成聖③       25.57.00  23

4×100mR 菊池 拓真③・髙橋 真一③・中田 拓実③・廣木 亮太③

 42.84 準決勝敗退

4×400mR 菅原 淳矢③・宇野 智博①・中田 拓実③・髙橋 真一③ 

 3.25.05  準決勝敗退

やり投    林 昇吾③     48m46   11

やり投    廣瀬 貴司②     45m30   22

やり投    氏家 悠斗②     43m28   32

インターハイへの第2関門となる、埼玉県予選会が開催されました。

エースの廣木が100m200m2位と活躍。両種目ともに浦和高校記録を大幅に更新する素晴らしい記録を残してくれました。長距離では、小島が5000W3位となり、同種目3年連続(2016:久保田・2017:山田)の関東大会進出を決めてくれました。

関東大会は、616日(土)100m・17日(日)200m5000Wの日程で群馬県・正田醤油スタジアムで行われます。両名ともに、しっかりと調整しインターハイに出場できるようにがんばりますので、ご声援よろしくお願いいたします。

学校対抗では、5大会連続で8位入賞していた記録が途切れることになりましたが、今大会でも積極的な試合をしてくれた2年生長距離を中心に、秋の新人戦から再び入賞できるように頑張りたいと思います。




 

 

陸上競技部・学総南部・総合2位

学校総合体育大会南部地区予選会

4/1921 上尾運動公園陸上競技場

 

学校対抗:総合2位(79点)

100        廣木 亮太③       10.69+0.2  1位

200        廣木 亮太③       21.56(+3.9)      2

400  岩沢 隼吾③  50.72    3

800  菅原 淳矢③ 2.03.06  7

1500        坂本 順②      4.02.81   3

5000  西尾 元②       15.33.08  3

5000  北原 竹人①       15.52.16  6

3000SC 関根 健③  9.54.60 1

5000W   小島 駿亮③       23.46.75  1

5000W   重原 成聖③       25.44.74  4

5000W   中村 俊太③       26.25.50  5

4×400mR 中田 拓実③・髙橋 真一③・菅原 淳矢③・岩沢 隼吾③  3.22.18  4

やり投    林 昇吾③     48m93   3

やり投    廣瀬 貴司②     48m82   4

 

本年度最初の公式戦で、インターハイに続く学校総体南部地区予選が行われました。

結果は上記の通り、目標であった学校対抗総合優勝は逃しましたが、第2位となり、4年連続で3位以内を確保することができました。

個人では、エースの廣木が100mで優勝、200m2位と力を発揮。長距離でも、長距離キャプテンの関根が3000mSCで優勝。小島が5000Wで優勝と3年生の意地を見せてくれました。

5月には熊谷で県大会が行われますが、上位入賞した選手を中心にもう一度調整し、関東大会出場(6位以内)を目標に頑張りたいと思います。

陸上競技部 U20選抜競歩大会出場

  


2年生の小島は、218日(日)に兵庫県神戸市の六甲アイランドで行われた、U20選抜競歩大会(10K)に出場しました。レースは、前半5000mを自身の持つ5000mのベストタイムよりも速いペースで通過すると、その後もペースは少し落ちたものの、最後まで一定ペースで粘り切ることができました。結果は4738秒で、目標のタイムにはわずかに届きませんでしたが、十分に力を出し切ることができました。昨年末から足の故障が続く中、この大会に合わせてある程度のよい結果を残すことができてよかったです。この経験を生かして、来シーズンはまずは5000mW22分台を出し、関東大会やインターハイ出場を目指してこれからも日々練習に励んでもらいたいと思います。ご支援・ご声援ありがとうございました。                                                                  


 
 

陸上競技部:県駅伝大会11位

埼玉県駅伝競走大会

2/4 さいたま新都心~熊谷スポーツ文化公園

総合11

2時間20分26秒

1区 西尾  元① 21分21秒 区間14

2区 越川 剛暉①  9分56秒 区間 8位

3区 秋本 理貴① 40分09秒 区間15

4区 北原 竹人① 13分15秒 区間19位

5区 坂本  順①  34分58秒 区間10位

6区 大竹 康平② 20分47秒 区間27位

 

 第85回埼玉県駅伝競走大会が行われました。先週実施された奥武蔵駅伝の疲労や体調不良による選手交代などがある中、出場した選手は精一杯の力を発揮してくれましたが、結果は高校駅伝と同じ総合11位。目標であった6位に4分以上及ばない結果となりました。個人成績を見ても10位以内が2名と厳しい結果となりました。

 駅伝シーズンのコンディションの維持等課題は多くありますが、春のトラックシーズンに向けて、更に練習に励んでいきたいと思います。

 

陸上競技部・県高校駅伝11位

県高校駅伝大会

11/1 熊谷スポーツ文化公園

 

総合11

2時間1541秒(浦和高校新記録)

1区 秋本 理貴① 3239秒 区間24

2区 越川 剛暉①  938秒 区間20

3区 坂本  順① 2549秒 区間 7

4区 加藤 悠生③ 2607秒 区間 8

5区 西尾  元①  926秒 区間 8

6区 北原 竹人① 1558秒 区間 9

7区 関根  健② 1604秒 区間13

 

快晴の中、長距離選手にとって目標の大会である県高校駅伝大会が行われました。関東大会出場(6位以内)を目標に臨んだ今大会では、多くの1年生が出場しました。

 結果は、総合で11位となり目標の6位に約2分及ばない結果となりました。個人成績を見ても10位以内が4名と健闘しましたが、全員が区間6位以内に入ることができませんでした。

この結果を分析し、来年度こそ関東大会に出場できるように、更に練習に励んでいきたいと思います。

陸上競技部・U18日本選手権出場&関東選抜新人大会4位入賞

U18日本選手権大会
(10/21 名古屋・パロマ瑞穂スタジアム陸上競技場)

100        廣木 亮太②       11.03(+0.4)    予選敗退(8組8位)



関東選抜新人大

(10/22 東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場)

200        廣木 亮太②       22.06(+0.3)    4位

5000  秋本 理貴①       15.03.09  4

5000  坂本 順①       15.13.72  10位(自己ベスト)

台風21号が接近する中行われた上記2大会に出場してきました。
U18日本選手権は標準記録を突破した廣木が出場し、結果は予選敗退となりました。
初めての全国規模の大会ということもあり、実力を発揮することができず、悔しい結果となりました。
翌日、東京で行われた関東選抜新人大会には、廣木に加えて長距離の1年生が2名参加。
台風の影響もあり、予選のみのタイムレース集計で実施された200mでは、廣木が意地をみせて4位入賞。強い風雨の中行われた最終種目の5000mでは秋本が4位入賞、坂本も自己ベストの走りで10位となりました。
悪コンディションも含め様々な状況下でのレースができたので、来月行われる県高校駅伝はもちろん、来シーズンのインターハイ路線に向けても良い経験ができたと思います。


陸上競技部・関東選抜大会出場決定

新人戦県大会9/2830 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)



学校対抗:総合8位(24点)

100        廣木 亮太②       10.95-1.5  2位(U18日本選手権出場)

200        廣木 亮太②       21.88(-1.4)       2位(関東選抜出場)

1500        坂本 順①       4.22.33   15

5000  秋本 理貴①       15.16.01  4位(関東選抜出場)

5000  坂本 順①       15.27.87  9位(関東選抜出場)

5000W   小島 駿亮②       24.44.80  6

やり投    林 昇吾②      51m20   7


    新人戦県大会が熊谷で行われました。

結果は上記の通り、目標であった総合8位入賞と関東選抜新人大会への出場権を3名が獲得することができました。個人では、エースの廣木が1002002位。両種目とも優勝を目標にしていたので悔しい結果となりましたが出場権を獲得しているU18日本選手権・関東選抜での自己ベスト更新を目指してがんばりたいと思います。長距離では1年の秋本・坂本が活躍。両選手は5000mで関東選抜への出場が決定しました。

上記3名は、上位大会での更なる記録更新を、そして短距離は、残りの記録会に向けて長距離は111日の県駅伝に向けて頑張って練習していきたいと思いますので、御声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部・新人戦地区大会総合2位

新人戦南部地区大会
9/15.16 上尾運動公園陸上競技場)

学校対抗:総合位(70点)

100        廣木 亮太②       10.98-1.0   優勝

200        廣木 亮太②       21.54(+2.3)      優勝

400        岩沢 隼吾②       54.53    7

1500        坂本 順①       4.04.98   2

5000  秋本 理貴①       14.59.19  2

5000  坂本 順①       15.40.49  5

3000SC 関根 健②       9.59.58  3

3000SC 越川 剛暉①       10.11.97  8

5000W   小島 駿亮②       24.34.26  3

5000W   重原 成聖②       27.19.40  6

4×100mR      中田②・廣木②・菅谷②・岩沢②      42.85 4

4×400mR      岩沢②・髙橋②・菅谷②・菅原②       3.29.12   5

やり投    林 昇吾②    47m71   3

やり投    廣瀬 貴司①      44m95   6


 新人戦南部地区大会が上尾で行われました。

結果は上記の通り、総合2連覇を目指しましたが、残念ながら総合2位となりました。個人では、エースの廣木が100200で優勝するなど活躍。また、長距離では出場者全員が県大会に進出するなど大活躍でした。さらに、OP5000mでも、多くの選手が自己ベストを更新し、秋の県駅伝に向けて順調にチーム力が上がってきました。

新人戦県大会は、928日~30日・熊谷にて実施されます。一人でも多くの選手が決勝に進み、3位以内に与えられる関東選抜大会に進出できるように、これからの練習に励みたいと思います。

陸上競技部・インターハイ結果報告


インターハイ

2017/7/29~8/2  山形県・天童市
5000mW 山田善貴③ 予選114位 22:28.49(自己ベスト)
予選敗退
4×400mR 岩沢隼吾②・友田直浩③・佐藤雄真③・猪谷優太③ 予選1組8位 3:19.75 予選敗退

高校生最大の目標であるインターハイに、関東大会を突破した2種目が出場。結果は上記の通り、予選敗退と悔しいものとなりましたが、山田君が全国の舞台で、見事自己ベストを更新してくれました。
仲間の為に山形まで応援に駆けつけてくれた部員と保護者の皆様をはじめ、インターハイ出場に際し練習への参加や激励をいただきましたOB各位に、この場をお借りし御礼申し上げます。
下級生は、秋の新人戦・駅伝大会に向けて恒例の夏合宿に参加。3年生の輝かしい戦績に負けないよう頑張っていきたいと思いますので、今後も御声援よろしくお願いいたします。


陸上競技部:埼玉県選手権結果報告

 
埼玉県陸上競技選手権大会

平成29年6月23日~25日熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

800  友田 直浩③ 2.01.75  8位
5000W  
山田 善貴③       23.07.06  6位

4×100mR          廣木・猪谷・阿部・水島      41.74   7位 【浦和高校新記録】




関東大会の疲れが残る中、埼玉県登録の選手が出場できる埼玉県選手権に出場しました。
高校生はもちろん、大学生や社会人も出場する伝統と歴史のある大会です。
関東大会に出場した選手はもちろん、4×100mRには県大会で悔しい思いをした3年生を中心に出場しました。
結果は、決勝7位(41’’74)で浦和高校新記録を樹立。高校チームでは、インターハイに出場する大宮東高校に次いで2番目となりました。
予選・準決勝を走った八木を含め、インターハイ出場を目標に頑張ってきた4×100mRのメンバーの3年生は、ここで引退となりますが、最後に満足いく結果を残すことができました。

陸上競技部 インターハイ出場決定

関東高等学校陸上競技大会

平成29年6月16日~19日千葉県総合スポーツセンター陸上競技場


5000W  
山田 善貴③       22.49.37  3位

4×400mR          岩沢・友田・佐藤・猪谷       3.16.26   6位 【浦和高校新記録】
以上の個人1名・リレー1種目がインターハイ出場権を獲得しました。



100       
廣木 亮太②       予 選 10.78+1.9)自己ベスト
            準決勝敗退    10.84(+2.2)  

200        猪谷 優太③       予選敗退 22.43(+1.4)

400        猪谷 優太③       予選敗退 49.60

800        友田 直浩③       予選敗退 1.56.68

 千葉県総合スポーツセンター陸上競技場において、関東大会が行われました。比較的天候にも恵まれ、上記の通りインターハイ出場権を獲得することができました。
競歩の山田は、序盤から冷静にレースを進め、上位陣に歩型違反の失格が出る中、安定して歩ききることができました。自己ベストには、僅かに及びませんでしたが、インターハイでは決勝進出を目標に頑張りたいと思います。
3日目に行われた4×400mR予選では、組3位となり自動的に決勝進出とはなりませんでしたが、タイム上位2番目に入ることができ、辛くも決勝に進出することができました。
最終日の決勝では、まさにゴール直前まで手に汗握る大接戦となりましたが、個人種目で怪我の影響もあり不調だったエース猪谷が残り10mで逆転して、6位入賞することができました。
最終的に、このような結果を残すことができたのも、メンバー外になった選手はもちろん、浦和高校陸上競技部現役部員・OB各位・保護者の皆様、さらに選手のケアに現地まで駆けつけていただいた、渡邊鍼灸整骨院の渡邊先生など、多くの方の御支援・御声援という強い「思い」が結実したものであると確信しております。更に、マイルリレーには、浦和南高校陸上競技部の中里先生・選手の皆さんからも熱い御声援をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
インターハイでは、準決勝進出を目標に頑張りたいと思います。
今後とも、御支援・御声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部:県大会総合5位・関東大会出場

学校総合体育大会・県大会
5/1215 熊谷スポーツ文化公園)

学校対抗:総合位(34点)

                                               

100        廣木 亮太②       10.89+1.6     5

200        猪谷 優太③       21.81(-1.3)         3位(浦和高校新記録)

400        猪谷 優太③       48.75      3

800        友田 直浩③       1.55.90    3

5000W   山田 善貴③       22.49.37  2

4×400mR          岩沢・友田・髙橋・猪谷       3.16.72   4
以上の個人4名(5種目)・リレー1種目が関東大会出場権を獲得しました。

1500      坂本  順①       4.03.84   準決勝敗退(全体13番目)

5000      秋本 理貴①       15.26.95  9

110mH  阿部 和也③       15.69(-0.6)         準決勝敗退(9位)

110mH  大場 智達③       15.91(-0.2)         準決勝敗退(13位)

5000W 小島 駿亮②       25.16.90  10

5000W 重原 成聖②       27.51.82  19

4×100mR          廣木・猪谷・八木・阿部           準決勝敗退

三段跳 島貫 周平③    13m03(+1.0) 26

やり投    藤井 涼太郎③    48m65   18

やり投    林 昇吾②      47m79   26

やり投    佐藤 太治③      45m40   39



学校総合県大会が熊谷で行われました。4日間、様々なコンディションの中、選手たちは関東大会出場に向けて奮闘してくれました。

結果は上記の通り、学校総合で5位。そして、個人4名(のべ5種目)・リレー1種目で関東大会への出場権を獲得することができました。この結果は、選手はもちろん、サポートに回った選手の献身的な支援やOB・保護者の皆様のご支援・ご声援があったからこそだと思います。まさに「チーム浦高」で勝ち取った総合5位と関東出場です。

関東大会は、616日~19日・千葉県総合スポーツセンター陸上競技場にて実施されます。一人でも多くインターハイに進出できるようにこれからの練習に励みたいと思いますので、今後もご支援・ご声援よろしくお願いいたします。

この大会で関東大会に進出できなかった3年生が引退となります。新チームも今年の結果に続けるように、頑張って行きたいと思います。

陸上競技部:学校総合南部地区総合2位

学校総合体育大会・南部地区予選会
4/2123 上尾運動公園)

学校対抗:総合2位(86点)

                                               

100        廣木 亮太②       10.95+2.1     2

200        猪谷 優太③       22.19(-2.3)         1

400        猪谷 優太③       49.01      2

400        友田 直浩③       50.56    6

1500      坂本  順①       4.07.51   7

5000      秋本 理貴①      15.21.70  4

4×100mR          廣木・水島・八木・猪谷           41.87     3位(浦高新記録)

4×400mR          髙橋・友田・佐藤・猪谷       3.18.35   2

110mH  阿部 和也③       15.35(+3.5)         2

110mH  大場 智達③       15.72(+3.5)         5

5000W   山田 善貴③       23.10.71  2

5000W   小島 駿亮②       25.58.87  5

5000W   重原 成聖②       27.01.07  8

三段跳 島貫 周平③    12m76(+0.8) 4

やり投    藤井 涼太郎③    46m88   3

やり投    佐藤 太治③      45m98   5

やり投    林  昇吾②    45m77   6




2017年シーズンの開幕を告げるインターハイ予選が行われました。昨年度総合優勝し、「連覇」を目標に戦いましたが王者:埼玉栄に一歩及ばず、総合第2位となりました。
それぞれの種目の状況を見ると、短距離では主将でエースの猪谷が200mで優勝。専門の400mでも第2位となる活躍を見せました。さらに2年の廣木が100mで1位と1000分の3秒差の2位と大健闘。2名に水島・八木を加えた4×100mRでは、浦和高校歴代新記録となる41秒87を記録し3位と健闘しました。さらに、猪谷・友田を中心に昨年度関東新人に出場した4×400mRでも、大会新を出した埼玉栄には及ばなかったものの、この時期としては好記録となる3分18秒35を記録し2位に入りました。
長距離では、5000Wに昨年関東新人に出場した山田と2年生2名(重原・小島)が出場し、全員入賞。1500m・5000mではルーキーの坂本・秋本が出場し、7位・4位に入賞するという鮮烈なデビューを飾りました。また、入賞には届きませんでしたが、長距離キャプテンの西條・3年の加藤・2年小久保も県大会に駒を進め、存在感を示しました。
ハードル種目では、110mHに阿部・大場が出場。阿部は冬季のスランプを脱する好タイムで2位。大場もシード選手を破るなど好調で5位入賞するなど、名門の意地を見せてくれました。
フィールドでは、三段跳びにおいて島貫が4位入賞。昨年度教育実習に来てから継続してご指導していただいたOBの仲丸先生に、恩返しをすることができました。やり投げでは、実力のある3年生に急成長の2年林が加わり、3名ともに入賞しました。
5月12日から始まる県大会では、南部地区大会で好成績を残せた者も悔しい思いをした者も含めて、チーム一丸となって関東大会への切符を勝ち取れるように頑張りたいと思います。
皆様の御支援御声援よろしくお願いいたします。

陸上部 県高校駅伝大会結果報告

埼玉県高等学校駅伝競走大会

11/1 熊谷スポーツ文化公園

総合成績 2.20.04    23

以下各区間走者記録と区間順位

1    加藤 悠生②        32.49         30

2    山田 善貴②        9.46      29

3    古関 大樹③        27.02   25

4    西條 耕太朗②    27.18   21

5    小林 俊介②        10.05   29

6    関根  健①        16.31   16

7    宮田  信③        16.33   17

長距離ブロック最大の目標である県高校駅伝が行われました。雨上がりで気温も低い中でのスタートとなりましたが、2年生の加藤が設定通りのタイムで粘りの走りを見せて30位でのスタート。2区以降も着実に順位を上げ、最終的には23位でのゴールとなりました。
今回の大会で3名の3年生が引退しました。学業との両立で悩む時期もあったと思いますが、しっかりと最後まで練習に取り組む姿勢は必ず、下級生に伝わったと思います。
本年度は、2月の新人駅伝・4月の学校総合・9月の新人戦とすべての南部地区大会で総合優勝することができました。この素晴らしい成果は3年生を中心に、一人ひとりがチームの為に心を一つにできたからだと思います。この経験を、受験や今後の学校生活に活かしてくれることを期待しています。
長距離は、1・2年生でこれからの駅伝シーズンに向かい再スタートです。短距離は、来春に向けて冬季練習に入ります。
今後も、ご支援・ご声援よろしくお願いいたします。



陸上競技部・関東大会4・6位入賞

関東選抜新人陸上競技大会

10/2223 熊谷スポーツ文化公園

                                                       

800        友田 直浩②    1.56.50  4

5000W 山田 善貴②   23.09.00  6

4×100mR       廣木・水島・八木・猪谷   予選:42.17      決勝進出

決勝 :失格        (1・2走バトンミス)

4×400mR       角城・猪谷・小森谷・佐藤 3.27.05     予選敗退

 地元・熊谷で行われた関東選抜新人大会。関東8県の強豪校が多く参加した大会で、800mの友田が見事4位・5000mWの山田が6位に入賞しました。友田は、予選から積極的なレースをすることができ、来年度につながるレースができました。しかし、800mは埼玉県内の選手のレベルが高く、冬季練習でさらにスピードを磨く必要があります。5000mWの山田は、競技歴が浅い中、粘りの歩きを見せてくれました。こちらも、さらにスピードを磨き、久保田先輩に続き、関東大会へ進出する力をつけてほしいです。

 4×100mRは、県大会までと走順を入れ替えて臨み、県大会決勝と同記録を出し、見事決勝進出。決勝ではバトンミスが出て失格となりましたが、大きな大会で力を出すことができました。冬季では、スピードUPとバトンワークの向上に力を入れ、今回の失敗を同じ関東大会の場で取り返せるように頑張りたいと思います。

 4×400mRでは、1走から流れに乗れず記録的にも大変厳しいものになりました。今回走らなかったメンバーも含め、全員が危機感を持って冬季練習に臨み、関東・インターハイに出場できる実力をつけられるように頑張りたいと思います。

 来月の1日には、県高校駅伝が熊谷文化スポーツ公園を会場に実施されます。皆様の応援よろしくお願いいたします。



 

陸上競技部・新人戦県大会・総合6位入賞

新人戦・県大会

9/3010/2 熊谷スポーツ文化公園

学校対抗:総合6位(29点)

 

5000W   山田 善貴                      23.51.46  2

800        友田 直浩                      1.55.57    4

4×100mR          廣木・猪谷・八木・水島                  42.17     4

4×400mR          小森谷・猪谷・角城・友田              3.21.47  4

400        猪谷 優太                      50.09     5

100        水島 啓汰                      11.13-0.3      7

100        廣木 亮太                      11.31-0.3      8

110mH  阿部 和也                      16.12(+1.0)         準決勝敗退

砲丸投    佐藤 信太朗                  11m47   10

円盤投    佐藤 信太朗                  31m57   12

やり投    佐藤 太治                      49m69   10

やり投    藤井 涼太郎                  49m06   13

                                                       

南部地区・総合優勝から2週間。新人戦県大会が行われました。結果は総合6位とチームの目標であった総合優勝をすることはできませんでしたが、出場できなかったチームメイトのサポートを受け、多くの選手が戦前の予想を超える結果を残してくれました。

なかでも、100mにおいて決勝進出を果たした、水島・廣木の両名は、誰もが緊張し力んでしまう準決勝で、しっかりと自分の走りに徹し、見事に決勝に進出してくれました。これは、日頃からレースの流れや自分の走りに対して高い意識を持っていたからこそだと思います。

そして、5000Wではまだ競技歴が浅いものの、競歩の全国選抜や6月の関東大会に出場した久保田③からの指導・サポートを受けた山田②が直前の体調不良を乗り越え、見事2位入賞を果たし、自動的に関東大会の出場権を獲得しました。関東では、さらに記録を伸ばし、久保田に続いての全国選抜出場を期待したいと思います。

逆に、実力通りの力を出し切れなかった選手もいました。多くが入賞へのプレッシャーを克服できず、自己記録に及びませんでした。改善するべきポイントは明確です。今回の経験を活かし来年の学校総体で結果を残せるように、メンタルを鍛えていきたいと思います。

今年は、関東選抜新人大会と日本Jr・ユースの日程が重なった為、上位チームの棄権があり、5000mWの山田以外に、4位に入賞していた800mの友田②・4×100mR4×400mRで関東大会への出場権を得ることができました。

出場する選手は、与えられたチャンスを活かし、入賞目指して頑張ってくれると思います。県大会に続き、OB・保護者の皆さまのご支援・ご声援の程よろしくお願いいたします。



陸上競技部・新人戦南部地区 総合優勝!

新人戦・南部地区大会
9/16.17 上尾運動公園)

学校対抗:総合優勝(98.5点)

                                               

100        水島 啓汰②       11.08+0.2     4

100        廣木 亮太①       11.21+0.2     5

200        猪谷 優太②       22.67(+1.1)         5

200        水島 啓汰②       22.73(+1.1)         6

400        猪谷 優太②       49.93      2

800        友田 直浩②       1.56.23   2

1500      加藤 悠生②       4.12.51   5

5000      加藤 悠生②       15.55.51  5

5000      関根 健①           16.08.13  8

4×100mR          廣木・猪谷・八木・水島           42.34      1

4×400mR          小森谷・友田・髙橋・角城       3.25.26   4

110mH  阿部 和也②       15.92(+1.2)         3

110mH  大場 智達②       16.55(+1.2)         6

400mH  大場 智達②       58.33     5

5000W   山田 善貴②       24.20.22  2

5000W   重原 成聖①       29.50.12  7

走高跳    八木 宏樹②       1m70     8

砲丸投    佐藤 信太朗①    11m92   4

円盤投    佐藤 信太朗①    29m66   5

やり投    藤井 涼太郎②    51m62   1

やり投    佐藤 太治②       49m10   2


新チームとなり迎えた新人戦・南部地区大会において、戦前の予想を超える活躍があり、見事目標であった総合優勝を達成することができました。
新人戦での総合優勝は平成20年度以来となり、南部地区恒例の閉会式での万歳三唱の音頭取りという大役を、主将の猪谷が務めさせていただきました。
この優勝によって、春の学校総合大会での総合優勝とあわせて本年度の公式戦2大会で優勝するという快挙を達成することができました。
この結果は、夏の厳しい練習を乗り越え結果を出した選手はもちろん、サポートに回った多くの仲間の支えやOB・保護者の皆さまの多くのご声援があってこそだと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。
2週間後に行われる県大会では、地区大会に負けず一人でも多くの入賞者を出し、本年度地元熊谷で開催される関東選抜新人大会(10月22・23日)へと多くの選手が出場できるように頑張りたいと思います。今後も、ご支援ご声援の程、よろしくお願いいたします。

                                    

                                                       


 

陸上部・埼玉県選手権報告

埼玉県選手権大会

平成28年6月24日~26日
熊谷スポーツ文化公園


200m 猪谷 優太② 22’’72(‐1.0) 予選敗退
400m 猪谷 優太② 49’’70(予選・自己ベスト) 50’’69 準決勝敗退
1500m 古関 大樹③ 3’59’’59(予選) 4’06’’17 決勝9位
110mH 阿部 和也② 16’’40(+0.2) 予選敗退
5000mW 久保田 哲矢③ 22’20’’87 8位入賞
5000mW 友成 優太郎③ 歩型違反により失格
4×100mR ( 予選 ) 阿部和也②・猪谷優太②・八木宏樹②・水島啓汰② 43’’02
       (準決勝) 廣木亮太①・猪谷優太②・大場智達②・水島啓汰② 43’’79
4×400mR 小森谷魁人②・水島啓汰②・佐藤雄真②・角城祐輔② 3’29’’98 予選敗退





標準記録突破者と両リレーが参加した埼玉県選手権。関東大会で悔しいをした古関・久保田の両名も参加し、社会人・大学生も参加するレベルの高い試合でそれぞれ8位・9位と健闘しました。
また、4×100mRでは予選で新チームとしては好タイムとなる43秒0台で走り予選通過することができました。
短距離は秋の関東選抜・長距離は県駅伝に向けて、夏の鍛錬期に入ります。目標達成に向けて頑張りますので、御声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部・関東大会結果報告

関東高等学校陸上競技大会
平成28年6月17日~20日
東京・駒沢オリンピック公園

1500m 古関 大樹(3年) 4’08’’87 予選敗退
3000mSC 古関 大樹(3年) 9’38’’14 予選敗退
3000mSC 小出健太郎(3年) 9’45’’54 予選敗退
5000mW 久保田哲矢(3年) 歩型違反による失格

5月の県大会終了後から1カ月の調整を経て臨んだ関東大会。
天候にも恵まれ、3名の選手がインターハイ出場に向けて健闘してくれましたが、結果は上記の通り、残念ながらインターハイ出場は果たせませんでした。
改めて、関東大会の厳しさを感じると共に、ここまで頑張ってくれた選手に敬意を表したいと思います。
チームは、今月末に行われる「埼玉県選手権」に向けて調整中です。今回出場した選手や新チームで臨むリレーなどの活躍に期待したいと思います。

陸上競技部・学総県大会報告

学校総合体育大会・県大会
5月7日~10日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

学校対抗:8位(30点)
1500m 古関 大樹(3年) 3.59.74 優勝
5000m 鈴木  輝(3年) 15.08.17 8位
3000mSC 古関 大樹(3年) 9.35.93 3位
3000mSC 小出健太郎(3年) 9.37.43 5位
5000W 久保田哲矢(3年) 22.08.88 2位 ( 浦高新記録 )
4×100mR 水島 啓汰(2年)・猪谷 優太(2年)
       深町 賢人(3年)・会田 智哉(3年) 42.12 ( 浦高新記録・準決勝敗退 )
4×400mR 友田 直浩(2年)・猪谷 優太(2年)
       光安 慧滋(3年)・深町 賢人(3年)
       3.18.63 7位
八種競技 横田 有真 4688点 7位 ( 浦高新記録 )

天候にも恵まれ、上記のように多くの入賞者を出すことができ、3年ぶりに学校対抗で8位入賞することができました。
また、1500mで優勝した古関と5000Wで浦高新記録を樹立し2位に入った久保田、さらに3000mSCで3位に入った古関・5位に入った小出の3名(4種目)が来月東京・駒沢で行われる関東大会出場権を獲得することができました。
3名には、好記録を出しながらあと一歩で6位に届かなかった、5000の鈴木や混成の横田、さらに両リレーの分もインターハイ出場に向けて頑張ってもらいたいと思います。
チームは、県大会を終えて2年生中心の新チームになり、短距離は秋の新人戦でのリベンジと関東新人出場に向けて、長距離は関東駅伝出場に向けて動き始めました。
関係各位の県大会への御支援・御声援に感謝するとともに、今後も変わらぬ御支援・御声援をよろしくお願い致します。


陸上競技部・学総南部地区・総合優勝

学校総合体育大会・南部地区大会

4/2224 上尾運動公園陸上競技場)

学校対抗:優勝(122.25点)

4年ぶり)

200m  猪谷 優太② 22.31(+2.1) 6

200m  水島 啓汰② 22.65(+2.1) 8

400m  猪谷 優太② 50.54     4

800m  光安 慧滋③ 1.56.96   2

800m  友田 直浩② 2.01.21   3

1500m 古関 大樹③ 4.07.69   1

5000m 鈴木   輝③ 14.54.73   1

5000m 富田 浩章③ 15.44.67   7

4×100mR 水島・猪谷・深町・長谷川 42.76  3

4×400mR 友田・猪谷・佐藤・深町  3.22.22 3

110mH 阿部 和也② 15.66+1.1) 3

110mH 井上 拓郎③ 16.35+1.1) 8

3000SC 古関 大樹③ 9.40.68   1

3000SC 小出健太郎③ 9.42.05   3

3000SC 富山 光明③ 10.11.01   8

5000W 久保田哲矢③ 22.48.29   1

5000W 友成優太郎③ 25.31.24   3

5000W 加藤 尚輝③ 27.52.25   4

走高跳 渡部 智博③  1m70    8

砲丸投 佐藤信太朗① 11m11   8

やり投 佐藤 太治②  53m43   1

やり投 薛  俊峰③   49m53   2

やり投 藤井涼太郎②  48m37  3

八種競技 横田 有真③ 4580点  2

 浦和高校陸上競技部の目標の一つである、学校総合大会・南部地区予選での総合優勝を4年ぶりに達成することができました。出場全種目を制するなど実力通りの活躍をした長距離を中心に、やり投の上位独占や、200m800mでの複数名の入賞・両リレー3位など短距離陣の躍進も総合優勝に大きく貢献してくれました。このような成果を収めることができたのは、日頃からサポートしていただいている、OB各位・保護者の皆様・選手がお世話になっている医療関係者の皆様の御支援・御声援があればこそだと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。

57日から熊谷で行われる県大会では、一番の目標である関東大会出場に向けて、今回活躍できなかった選手も含め、「チーム浦高」で頑張っていきますので、御声援よろしくお願い致します。


 

 

 

 

 

陸上部 全国選抜Jr競歩大会出場



第27回ジュニア選抜競歩大会

221日(日)神戸六甲アイランド

久保田 哲矢(2年) 45分01秒 46位

  
 前日の悪天候とは打って変わり穏やかで暖かくて、ウォークにとって絶好のコンディションのなかレースが行われました。高校3年生や大学1年生も出場するなか、4501秒のタイムで120人中46位に入ることができました。久保田は、前半から積極的にレースを展開し、浦高記録を上回る2214秒で5000mを通過し、その後も最後まで粘るレースをすることができました。この大会に参加して、インターハイに向けて大きな手ごたえを感じることができたのではないでしょうか。これからはスピードをしっかりと強化して、インターハイ出場と浦高記録更新を目指して頑張って欲しいと思います。



 

 

陸上部・南部地区新人駅伝 優勝!



南部地区新人駅伝競走大会

西遊馬運動公園
平成28年2月13日(土)

Aチーム:総合優勝


Bチーム:7位(OP)


Cチーム:16位(OP)

A
1区:鈴木  輝(2年) 15’21(区間2位)
2区:古関 大樹(2年) 9’10(区間1位)
3区:小出健太郎(2年) 16’01(区間4位)
4区:西條耕太朗(1年) 9’31(区間1位)
5区:富田 浩章(2年) 16'14(区間2位)

2月にしてはとても暖かく走りやすい駅伝となりました。Aチームはどの区間もブレーキなくよい区間順位でタスキをつなぎ、南部地区で初めて優勝することができました。常に優勝争いに絡み、選手たちもよい経験ができたと思います。また、BチームとCチームも昨年よりもよいタイム・順位でゴールすることができました。今シーズン最後の駅伝をこのようなかたちで終えることができたので、これからの春の学総や秋の高校駅伝にも自信をもって臨みたいと思います。


陸上部 埼玉県駅伝競走大会9位入賞!

埼玉県駅伝競走大会
平成28年2月7日

総合:9位
2時間22分15秒

1区 古関  大樹(2年) 21分22秒(11位)
2区 西條耕太朗(1年) 10分07秒(11位)
3区 鈴木   輝(2年) 40分08秒( 9位)
4区 加藤  悠生(1年) 13分23秒(13位)
5区 小出健太郎(2年) 37分07秒(15位)
6区 富田   浩章(2年) 20分06秒(13位)

1区からある程度よい流れができ、また、全体的に大きなブレーキもなく、選手たちは設定に近い区間順位でタスキをつないでくれました。そのおかげで、強風でのレースにも関わらず、また、12年生だけでチームを組んだにも関わらず、これまでの浦高記録を更新し、初めて9位に入賞することができました。まだまだ力不足ではありますが、これからさらにチーム力を向上させて、来年度の高校駅伝で関東出場を狙えるチームしていきたいです。応援に来ていただいたOBの皆さまありがとうございました。

陸上競技部・県高校駅伝12位

埼玉県高等学校駅伝競走大会

平成27年11月5
 

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場


総合:12位
2時間16分00秒
【 浦和高校新記録 】

( )内は区間順位

1区 鈴木   輝(2年) 31分45秒(17位)
2区 西條耕太朗(1年)  9分22秒(10位)
3区 古関  大樹(2年) 26分34秒(16位)
4区 
小出健太郎(2年) 26分08秒( 8位)
5区 舟橋  広高(3年)  9分41秒(19位)
6区 加藤  悠生(1年) 16分32秒(19位)
7区 富田  浩章(3年) 15分58秒(10位)

天候にも恵まれ、快晴のもとスタートした、県高校駅伝。
昨年度の大会を経験し実力もついてきた2年生を中心に、浦高記録の更新と8位以内入賞を目標に臨みました。

結果は、上記の通り、浦高記録を更新することはできましたが、残念ながら総合12位となりました。
上位との差をみると関東大会出場の6位とは、3分30秒差。目標の8位とは、1分40秒差でした。
来年の大会に向け、長距離全員がこの差を埋めるために努力してくれると思います。
来年こそ、第4回大会(昭和28年)以来の関東大会出場目指してがんばりたいと思いますので、今後もご声援よろしくお願いいたします。


 

陸上競技部・関東選抜新人大会結果報告

関東選抜新人大会

平成27年1024日~25
 

群馬県・敷島運動公園陸上競技場


3000SC 小出健太郎(2年) 9.32.24  2
5000mW 久保田哲矢(2年) 23.12.76  5位
1500m 古関 大樹(2年) 4.13.06  11位


群馬県で行われた、関東選抜新人大会。
3名が出場し、小出・古関が予選を突破し、決勝に進出。
小出がセカンドベストの好タイムで2位入賞。
目標であった30秒を切ることはできませんでしたが、浦高記録保持者の関口先輩に続く、関東選抜大会での入賞となり、来年度のインターハイ出場に向けて弾みのつく試合となりました。
 さらに5000Wの久保田が自己ベストを大幅に更新し、5位入賞。2月21日に神戸で行われる予定の「第27回ジュニア選抜競歩大会」の参加標準記録(昨年度)を突破することができました。
 1500mに出場した古関は、決勝レース途中での転倒が響き、11位となりましたが、調子は良く、来月5日に行われる県駅伝での主要区間でのリベンジに期待したいと思います。
 長距離全体では、11月5日の県駅伝に向けて最終調整に入りました。今年こそ、8位入賞。さらに、6位以内(関東大会出場)目指してがんばりたいと思います。
皆様のご声援、よろしくお願いいたします。



陸上競技部・新人県大会結果報告

新人戦県大会

平成27922日~24

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

男子総合:第7位(31点)

800m  光安 慧滋(2年) 1.58.37  5
1500m
 古関 大樹(2年) 4.04.11  6
5000m
 鈴木  輝(2年) 15.16.00  4
3000SC
 小出健太郎(2年) 9.31.85  2
3000SC
 古関 大樹(2年) 9.42.38  4
5000mW
 久保田哲矢(2年) 23.57.63  4
4
×400mR 友田直浩(1年)・猪谷優太(1年)・横田有真(2年)・深町賢人(2年) 3.25.20  7

シルバーウィーク中に行われた、新人戦県大会。結果は、上記の通り、長距離全種目入賞という快挙により、学校対抗で総合7位となりました。

 上記の結果、来月群馬で行われる関東選抜大会に、小出・古関・久保田の3名が出場することになりました。11月に行われる高校駅伝、さらには来年のインターハイにつながるよう、関東という場でしっかりと闘ってきてほしいと思います。

また、短距離は800m4×400mRで入賞。まだまだ上位校との差は大きいですが、冬季練習でしっかりとスプリント能力を向上させ、来年の学校総体を迎えたいと思います。


 

 

陸上競技部・新人戦南部地区大会総合・2位

新人戦南部地区大会

平成27910日・11

上尾運動公園陸上競技場

男子総合:第2位(91点)

400m  光安 慧滋(2年) 51.76   6
800m
  光安 慧滋(2年) 1.58.10  2
800m
  友田 直浩(1年) 2.02.53  6
1500m
 古関 大樹(2年) 4.07.79  3
1500m
 鈴木  輝(2年) 4.10.00  7
5000m
 鈴木  輝(2年) 15.21.57  2
5000m
 富田 浩章(2年) 16.00.57  6

110mH 井上 拓郎(2年) 16.75(-0.9)  5

110mH 阿部 和也(1年) 16.92(-0.9)  6
3000SC
 小出健太郎(2年) 9.42.50  1
3000SC
 古関 大樹(2年) 9.59.98  2
5000mW
 久保田哲矢(2年) 24.46.84  1
5000mW
 友成優太郎(2年) 29.12.21  5
4
×100mR 水島啓汰(1年)・会田智哉(2年) ・長谷川 奨(2年)・猪谷優太(1年) 44.06  5
4
×400mR 横田有真(2年)・猪谷優太(1年)・深町賢人(2年)・会田智哉(2年) 3.27.31  5
走高跳 渡部 智博(2年) 1m70 7

走高跳 八木 宏樹(1年) 1m70 8
やり投 佐藤 太治(1年) 46m33 1

やり投 藤井涼太郎(1年) 44m20 2

新チームとなって迎えた新人戦南部地区大会。前日までの豪雨の影響が残る中実施されました。結果は、上記の通り、長距離全員入賞をはじめ、3000mSCとやり投げでは12位独占という活躍があり、学校対抗で総合2位となりました。

 今月の22日から熊谷で行われる県大会では、関東選抜出場権獲得(3位以内)を目指して、がんばります。


 

 

 

陸上競技部・学校総体南部地区大会結果報告

平成27年度 学校総合体育大会 南部地区予選会
平成27年4月24日~26日 上尾運動公園陸上競技場

男子総合:3位 ( 75.5点 )

100m  和田山晃平(3年) 10.79(+4.5) 3位
200m  和田山晃平(3年) 22.37(+3.8) 5位
800m  光安 慧滋(2年) 2.00.21  2位
1500m 鈴木  輝(2年) 4.02.83  3位
1500m 古関 大樹(2年) 4.03.64  4位
1500m 佐野川 洋(3年) 4.07.16  7位
5000m 鈴木  輝(2年) 15.07.97  1位
3000SC 古関 大樹(2年) 9.50.51  2位
3000SC 小出健太郎(2年) 9.57.01  4位
5000mW 久保田哲矢(2年) 26.01.40 4位
4×100mR 深町賢人(2年)・和田山晃平(3年)・金丸和也(3年)・会田智哉(2年) 42.45  3位
4×400mR 光安慧滋(2年)・金丸和也(3年)・深町賢人(2年)・会田智哉(2年) 3.23.47  5位
走高跳 栁沢 遼(3年) 1m80 6位
三段跳 赤星 樹(3年) 13m07(+1.5) 7位
やり投 中村 優太(3年) 41m81 8位
八種競技 横田 有真(2年) 4388点

来月9日から12日に熊谷で行われる県大会では、関東大会出場(6位)目指してがんばります。


陸上競技部・県高校駅伝15位

県高校駅伝競走大会
平成26年11月5日・熊谷スポーツ文化公園
総合:15位
記録:2時間16分15秒(浦和高校新記録)
1区:塩田 匠③ 31’10(区間13位)
2区:小出健太郎① 9’16(区間12位)
3区:鈴木 輝① 25’38(区間10位)
4区:古関 大樹① 27’20(区間20位)
5位:佐野川 洋② 10’02(区間26位)
6位:川嶋 健哉③ 16’21(区間13位)
7区:上田 修生② 16’28(区間19位)

 総合10位・浦和高校記録更新を目標に臨んだ今大会。当日は、風が若干強いものの、コンディションは良好。
 1区エース塩田が昨年の悔しさを晴らす快走を見せ、トップと1分差の13位と健闘。続く小出・鈴木・古関の1年生トリオもそれぞれの持ち味を出し、14位で後半区間に襷を渡しました。
 後半は、故障を抱えながら最低限の走りを見せたキャプテン佐野川・3年生の意地の走りで順位をキープした川嶋・着実に力を付けてきた2年生の上田とつないで15位でのゴールとなりました。
 目標であった10位以内は達成できませんでしたが、近年目標にしながら達成できなかった浦和高校記録の更新をすることができました。
 エース塩田・川嶋の3年生が引退し、新チームが始動します。新チームには力のある選手が多く、来年こそ10位入賞、そしてさらなる記録更新を目指してがんばりたいと思います。

陸上競技部・関東選抜大会3位入賞

関東選抜新人陸上競技大会
平成26年10月26日(日)茨城・笠松

5000m・3位 鈴木 輝(1年)
         15’06’’12(自己ベスト・浦高歴代3位)
No19が鈴木選手

雨が降る中スタートした男子5000m。鈴木は、レース序盤から積極的に先頭集団につけ、中盤も好位置をキープ。課題であったラストの1000mも3分を切る素晴らしいレース展開で、見事3位入賞を果たしました。記録も自己ベスト・浦高歴代3位と立派なものでした。
11月5日に行なわれる県高校駅伝大会に向けて順調な仕上がりを見せてくれました。さらに、来年度のインターハイ予選につながる良い経験をしたと思います。

★卒業生の活躍★
OBの勝谷徳仁君(高65回卒・現筑波大学2年)が、第91回東京箱根間往復大学駅伝競走・予選会において好走し、箱根駅伝関東学生連合チームの選手に選ばれました。

 152位:1時間02分12秒

関東学生チームには16名の選手が選ばれ、この中から、来年1月2日、3日に行われる箱根駅伝に出走する10名が決定します。

今後は、11月23日に慶應義塾大学日吉陸上競技場で行われます10000m記録挑戦会、その後の合同練習等で10名の選手が選ばれる予定です。
皆様の応援、よろしくお願いいたします!



陸上競技部・新人戦県大会結果

新人戦県大会
平成26年9月29日~10月1日・熊谷スポーツ文化公園

 5000m 第8位 鈴木 輝(1年) 15.21.99
  関東選抜新人大会出場決定
 1500m 第12位 鈴木 輝(1年) 4.12.21
 3000mSC 第12位 小出 健太郎(1年) 9.58.12(自己ベスト)
 4×100mR 準決勝敗退
 (金丸②・和田山②・深町①・会田①)
 4×400mR 準決勝敗退
 (横田①・金丸②・深町①・会田①)
 
 新人戦大会では、南部地区大会に引き続き、長距離の1年生が大活躍しました。5000mに出場した鈴木が見事8位入賞を果たし、関東選抜新人大会(10月26日・茨城・笠松)に出場することになりました。記録もセカンド記録と健闘しました。
 また、3000SCに出場した小出も一日に2本目となる決勝で自己ベストを出し、12位と健闘しました。
 短距離陣は、怪我人が多く自己ベストも110mHに出場した井上のみと寂しい状況でしたが、両リレー共、チームベストを更新して準決勝進出を果たし、最低限の目標は達成できたと思います。
 これから長距離は、11月の県駅伝に向けて最終調整に入ります。目標の10位以内を目指してがんばります。
 短距離は、記録会へ出場しながら冬季練習に向けて基礎を確認していきたいと思います。
 
関東選手権大会結果
 
平成26年8月29日・神奈川・相模原ギオンスタジア

 1500m 第7位 塩田 匠(3年) 4.02.96

 高校生はもちろん、大学生・社会人が出場し、各県の予選会を勝ちあがった選手で争われる関東選手権に長距離のエース・塩田が出場しました。
 記録的には、目標であった3分台は達成できませんでしたが、7位に入賞することができました。
 先日、報告したOBの活躍には負けますが、現役もしっかりがんばっています。
 塩田は、県高校駅伝に向けて同じく3年の川嶋とともにチームに残り練習中です。県駅伝での3年生の熱い走りにご注目ください!

陸上競技部・新人戦南部地区大会結果

新人戦南部地区大会結果報告
平成26年9月13・14日
 男子・学校対抗:7位(35点)

 100m・3位 11.22 和田山 晃平(2年)
 1500m・1位 4.07.73 鈴木 輝(1年)
 1500m・4位 4.09.23 佐野川 洋(2年)
 5000m・2位 15.21.61 鈴木 輝(1年)
 400mH・7位 1.01.67 小舟 祐輔(2年)
 3000mSC・4位 10.00.95 小出 健太郎(1年)
 4×100mR・7位 44.02
  (金丸和也②・馬場左吉②・深町賢人①・会田智哉①)
 OP5000m・3位 15.17.06 塩田 匠(3年)
 OP八種・2位 4107点 横田 有真(1年)

学校総体での悔しさを胸に、新チームとなり、新たに短距離・和田山、長距離・佐野川を中心にスタートしました。夏季休業開始後、国体予選に出場。まだまだ力不足を実感しました。その後、恒例となった校内での強化練習(2部練習&勉強)を実施し、8月にはさいたま市内の高校を中心に新潟県・妙高にて合同合宿を行ないました。この間、数名の怪我人が出ましたが、ほとんどの選手は順調に練習を行なうことができました。
 そして臨んだ新人戦では、1年前の新人戦・春の学校総合と2回連続で逃していた、学校対抗での入賞を果たし、チームとしての目標を達成することができました。中でも、長距離の活躍は目覚しく、1500・5000の2種目で入賞した鈴木をはじめ、長距離キャプテンの佐野川・3000mSC初出場で4位に入った小出は、県大会でも活躍が期待されます。
 また、短距離キャプテンの和田山も浦和高校として久々の100mでの入賞を果たし、県大会ではさらに記録を伸ばして欲しいところです。

★OB競技者大活躍★

6月に行なわれた埼玉県選手権・8月に行なわれた関東選手権等において、浦和高校OBが大活躍。
●埼玉県選手権
 100m:3位・10.86(-1.9)竹内優太(埼玉医大)準決勝:10.61(自己ベスト)
 3000mSC:優勝・9.23.95石川聖也(早稲田大・同好会)
 走幅跳:3位・7m16(+0.2)仲丸雄大(東海大) 自己ベスト
●関東選手権
 3000mSC:優勝・9.19.16石川聖也
現役もOBに負けないようにがんばります。



 

陸上競技部 南部地区大会結果報告

学校総体・南部地区大会結果報告
平成26年4月25日~27日・上尾運動公園陸上競技場

1500m:塩田 匠(3年) 4'03''44 3位
5000m:塩田 匠(3年) 15'27''01 4位
400mH:伊藤 健朗(3年) 56''60 5位
やり投:岩瀬 綾汰(2年) 46m10 5位

本年度最初の公式戦である学校総体に出場しました。3日間天候に恵まれ、出場した選手のほとんどが自己ベストを更新しました。
全体的には学校総合入賞を目指しての戦いでしたが、怪我人も多く厳しい戦いとなり、残念ながら新人戦に続き、入賞はできませんでした。
しかし、リレーを含め19名が県大会に出場します。昨年度に続いて、関東・インターハイに出場できるように調整していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

陸上競技部~2013シーズン後半・総括~

2013年シーズン後半・結果報告
★インターハイ(7/30~8/3 大分県)
 110mH:永島 唯哉(3年) 予選:14''93(-0.6)組2位
                準決勝:15''48(+0.6)組8位
 4×400mR:長谷川 諒(3年)・中島 悠太(3年)・高橋 亮(3年)・山本 誉(3年)
                  予選:3'18''34 組4位
 110mHの永島は、予選を順調に突破し準決勝に駒を進めました。準決勝では、隣のレーンの選手の手と交錯するアクシデントもあり、1~3台目をぶつけ失速。残念ながら準決勝敗退となりました。
 4×400mRでは、1走:長谷川の好走で2走:中島が一時トップに躍り出る場面もあったが、3走:高橋とのバトンでミスが出て後退。4走:山本も順位を挽回できず、4位となり予選敗退という結果でした。
 4×400mRは、補欠にまわった福田 優貴(3年)・石山 迅人(3年)、付添いにまわった江藤 圭一(3年)そして、直前の短期留学の為にメンバーから外れた荒尾 賢吾(3年)の8名で目指したインターハイでした。出場した4名は、他のメンバーの分も精一杯走ってくれたと思います。
 この一年、永島キャプテンを中心に、3年生全員が幾多のアクシデントを乗り越えてがんばってくれたことに、感謝したいと思います。
 
 
★新人戦・南部地区大会(9/13・14 上尾)
 1500m:塩田 匠(2年) 4'02''87(4位)
 5000m:塩田 匠(2年) 15'37''86(6位)
 4×400mR:都築 優太(2年)・伊藤 健朗(2年)・平木 基人(2年)・清水 隼(2年) 3'28''05(5位)
 やり投:岩瀬 綾汰(1年) 47m12(3位)
 
 新チームとなり向かえた新人戦南部地区大会。短距離・跳躍での苦戦もあり、総合で8位入賞を逃す惨敗でした。この悔しさを来年の学校総体にぶつけて欲しいと思います。
★新人戦・県大会(9/25・26・27 熊谷)
 1500m:塩田 匠(2年) 4'05''45(7位)
 南部地区上位12名が参加して行なわれた県大会。8位入賞は、上記の通り、長距離キャプテンの塩田のみと厳しい戦いとなりました。入賞は逃しましたが、400Hで伊藤健朗(2年)・4×400mRの2種目で準決勝に進出し、来年の学校総体予選に向けて、経験を積むことができました。
★県高校駅伝大会(11/6 熊谷)
 総合:20位(2.20.39) 
1区:塩田 匠(2年) 32'03(17位)
2区:上田 修生(1年) 9'44(23位)
3区:新美 惣一朗(3年) 26'47(20位)
4区:川嶋 健哉(2年) 27'55(22位)
5区:高橋 航介(2年) 10'04(25位)
6区:濱野 達海(2年) 17'24(27位)
7区:福井 将貴(3年) 16'42(19位)
 昨年度15位で、今年の目標を10位に設定し臨んだ県駅伝大会。当日は、朝方の冷え込みから一転、晴天の下スタートを切りました。1区の塩田は、予定のタイムに若干届かなかったものの、17位とまずまずのスタート。2区・唯一の1年生上田も設定に近いタイムで走りきり、この時点で18位。3区・前キャプテンの新美も力を出し切り、18位と順位をキープして、中盤を向かえました。スタートから1時間を越えて、気温も上昇し難しいコンディションの中、4区川嶋がスタート。春先の怪我によるブランクから復活してのレースでしたが、順位を3つ落として21位でタスキを5区の高橋を託しました。夏合宿後に急成長し、メンバー入りした高橋も順調に走り、西武文理をかわして20位に順位を押し上げ、6区の濱野がスタート。800・1500が専門の濱野は5000mの距離に苦戦したものの、順位をキープして最終7区の福井にタスキをつなげました。7区福井は、1年途中から入部し、地道に努力を重ね、直前の記録会で15分台の自己ベストをマークするほど力を付けました。福井は、前を行く慶応志木にあと10秒と迫りましたが、惜しくもかわせず、20位でゴール。
 タイム・順位ともに目標まで届きませんでしたが、出場した7名、しっかりと伝統のタスキをつないでくれました。来年こそは、総合10位を達成してくれると思います。
 

陸上部・関東大会結果報告詳細

関東高等学校陸上競技大会
平成25年6月14日(金)~17日(月)
 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

110mH:永島 唯哉③ 決勝・4位 15.04(0.3) 
               準決勝   15.00(0.7)自己ベスト
110mH:岡田 聡司③ 予選敗退 15.89(0.0)
400mH:長谷川 諒③ 予選敗退 55.95
4×400mR:長谷川・中島・福田・山本 決勝・6位 3.17.17
 
6位までに入賞した110mH:永島および4×400mRがインターハイに出場することになりました。
このような素晴らしい結果を残すことができたのも、大会期間中、多くのOB・保護者の方の応援があったからだと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。
 
永島は昨年度のこの大会で8位入賞した経験を生かし、予選から安定したハードリングを見せてくれました。決勝では、9台目まで2位でしたが、最終10台目のハードルを引っ掛けバランスを崩し、2人に抜かれ4位となりました。目標であった14秒台が出せなかったことが心残りですが、インターハイでは14秒5台・決勝進出を目標にがんばります。
 
 
4×400mRは、県南部地区予選5位・県大会4位と少しずつ力を付けて臨んだこの大会。予選では、合宿を一緒に行なっている聖望・冬期練習でお互いに切磋琢磨した大宮東と同じ組となりました。レースでは、最終走者の山本がラスト100mからの猛追で両校をかわして2位となり決勝進出。決勝では、全員があわてず、レースプランどおりに走りきり目標であったインターハイに駒を進めることができました。
 
 
浦高陸上部としては久しぶりとなるリレーでのインターハイ出場。この間、多くの先輩方がチャレンジした熱い思いとチーム浦高としての経験が実を結んだ結果だと思います。
インターハイでは、埼玉県・北関東の代表として精一杯走りきること、さらにタイムでは3分14秒台(浦高記録)を目標にがんばりたいと思います。
 
今後も皆様の御支援・御声援のほどよろしくお願いいたします。