浦高Topics

浦和高校の今をお伝えします!

Topics アドグル博学連携

8月5日(金)、博学連携の取り組みとして今年度2年次アドグル「戦国史研究」を選んだ生徒が埼玉県立文書館を訪問し、古文書を使って探究的な学びを行いました。

アドグルとはアドバイザリー・グループの略で、生徒は学問探究の一環として自身の興味・関心に応じたテーマを探究するために、本校教員が開講する各講座に属し、教科の枠を超えて活動を行うものです。本校ではこれまで2年次の「総合的な探究の時間」の中で行っています。

「戦国史研究」は地歴公民科の教諭が開講したアドグルの1つで、授業ではテキストを輪読したり、個々の関心に基づくテーマの設定・調査・発表を行ったりしています。

今回は県立文書館の御協力のもと、生徒が設定した研究テーマに関する実際の古文書を紹介いただき、学芸員の方から解説を受けました。

普段、なかなか見られない貴重な文化財を含む古文書から得た知見を生かして、生徒は引き続き探究的な学びに取り組んでいきます。

Topics ウィットギフト長期留学生 卒業式

本日午後、イギリスにあるウィットギフト校に長期留学をしている2名の生徒の卒業式を行いました。今年3月に既に卒業した同級生も駆けつけ、2人の卒業を祝福しました。

 

 

2人は引き続きウィットギフト校で学び、来年は大学受験に挑戦します。

Topics 1学期終業式

7月20日(水)、1学期終業式が行われました。感染症対策の観点から今回も校長室と教室をオンラインで結んでの実施となりました。

式に先立って生徒会主催の体育祭やスポーツ大会の表彰、全国大会や関東大会への壮行会が行われ、また海外派遣生の報告会および壮行会も行われました。

(以下、左:生徒会による表彰 右:壮行会(地学部の決意表明)

(以下、校長講話)

終業式の校長講話では、感染症対策を確認し、教職員の働き方改革・節電対策などの時事についてや各年次に向けた学業への取り組み姿勢等について話がありました。
今学期も新型コロナウイルス感染症への感染予防に努め、予定されていた学校行事は無事に終了することができました。

また夏休み中も全国大会に出場する部活動があったり、部活動以外にも様々な活動が行われます。
夏休み明けに、より成長した浦高生の姿を見られることを期待しています。

Topics 3年次OB講話

7月9日(土)3・4時限に、3年次対象進路行事としてOB講話を行いました。

 

これから3年次生として夏季休業を迎えるにあたり、夏季休業中における勉強の仕方やモチベーションの維持などにどのように取り組めばよいかについて、今春に大学へ現役合格し入学した74期のOB先輩方から多くのアドバイスを頂きました。

 

文系・理系・医学の3分野に分かれて、

3限は、全体会として、進路委員が司会として進行しながら、先輩方からお話を伺いました。

4限は、座談会形式で、先輩方を囲んで現役生からの様々な質問に答えて頂きました。

 

(文系)

 

(理系)

  

(医学)

 

 

75期3年次生は、OBの方々の実体験に基づいた様々な話に聞き入っている様子が伺えました。また、多くの生徒が質問をしたり、先輩方の話の中から今後の学習のヒントを得ようとメモを取ったりするなど、熱心に取り組んでいました。

また、終了後(放課後)も多くのことを学び取ろうと、OBの先輩へ質問に来る生徒が多数おりました。

 

今回、夏季休業の学習計画を立てた上で、このOB講話に臨みました。その結果、具体的にイメージをもった状態で講話を聴くことができ、また、自身の計画を見直すこともできたことと思います。この行事を契機として、充実した夏の良いスタートを切れるよう、引き続き75期生には頑張っていってほしいと思います。

Topics 芸術鑑賞会

7月5日(火)午後、埼玉会館大ホールにて芸術鑑賞会を開催しました。全校生徒が一堂に会して行うのは実に3年ぶりとなります。本年度は、「あべや」の皆さんをお招きし、津軽三味線、尺八、和太鼓などの和楽器と民謡、民舞などによる演奏やパフォーマンスを鑑賞しました。

特に、津軽三味線の激しく情熱的な演奏と凄まじいばかりの技巧は圧巻でしたが、一方で、艶やかな音色も印象的でした。また、太鼓奏者による息が切れるほどの全力の演奏も心に残りました。

多くの生徒もステージ上で演奏や踊りに積極的に加わり、楽しく貴重な体験ができました。

 

 

 

Topics メディカル講習会

6月24日(金)放課後、視聴覚室にてメディカル講習会が行われました。
今年度は大塚製薬熱中症アドバイザーの方から『熱中症対策について』講義をいただきました。

連日続く猛暑も踏まえ、学校生活や日常生活の熱中症の危険や予防方法・対処法など、動画も用いてとてもわかりやすく教えていただきました。

講義の最後には熱中症アドバイザーの確認テストを行いました。

満点を取る生徒もおり、参加した全員が学んだことを生かして校内でも熱中症予防の中心的な役割を担ってくれることを期待しています。

 

Topics 第75回体育祭

6月4日(土)に第75回体育祭が行われました。

新型コロナウイルス感染症の影響でここ数年中止や縮小を余儀なくされましたが、健康観察やマスク・消毒等できる限りの感染症対策を徹底し、3年ぶりに学年種目が復活するなど、大変盛り上がりました。

本行事では、体育科教員の指導のもと、生徒会組織の体育祭実行委員を中心として各クラス運動委員、部活動の生徒などの協力を得て生徒主体で準備・運営を行います。好天の下で白熱した体育祭になりました。

1・2年生も決勝種目に進出するなど健闘を見せましたが、3年生が意地を見せ、順位上位を占めました。

優勝 34R 2位 36R 3位 32R

パネル優勝36R クラスパフォーマンス優勝 38R

(左 全景  右 クラスパフォーマンス)

(左 鉄人レース  右 100m決勝)

(左 ピラミッド早作り 右 大縄跳び)

(左 綱引き 右 忍者リレー)

(左 浦球【1年】  右 綱取り【2年】)

Topics 壮行会

4月18日(月)7限に体育館にて壮行会が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策のため1年生は今回リモート参加となりました。

この壮行会は、これから春季大会やインターハイ予選に向かう様々な部活動に向けてのものです。

新学期も始まり、各部ともに新入生の勧誘に力を入れるとともに新型コロナウイルス感染症対策を優先しつつも様々な公式戦も始まりつつあります。

正々堂々と全力で頑張る仲間を全力で応援することは仲間を大事にする浦高の大切な文化の一つです。

大会本番でも実力が十分に発揮できるよう浦高一丸となって応援しています。

Topics 離任式

15日(金)の午後、体育館にて離任式が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策の関係で、1年次は教室でリモートにて行いました。

離任式でのお話は浦高生にとって転出・退職なされた先生方による「浦和高校最後の授業」となります。

今回の式では今年の3月で退職された前校長の水石先生からお話がありました。

Topics 対面式

4月9日(土)の朝、新入生と2,3年生が初めて対面しました。
雲一つない晴天のもと、校長、生徒会長、新入生代表が挨拶を行いました。

新入生の挨拶に、先輩方が力強く「押忍!」の一言。

最後は応援団による銀杏乱舞で一体感をつくり、無事に式は終了しました。

ここから浦高生活が本格的に始まります。

様々な課題に直面することもあるかと思いますが、
その時は新入生どうし団結し合い、クラスや学年を盛り上げて成長してほしいと思います。

Topics 第77回入学式

4月8日(金)、体育館にて入学式が行われました。

 

式は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、各家庭保護者1名のみの参加となりましたが3年ぶりに保護者の方も参列いただき開催されました。

本校では3年間の学校生活の象徴として入学式で生徒入場、卒業式で生徒退場を行います。

そして入学式では生徒359名が各担任から呼名されました。

 

新入生は今日から浦和高校での新しい生活がスタートしました。

当面は学校生活と新型コロナウイルス感染症対策の両立が求められます。

それでも浦高生活で直面する様々な出来事に、仲間と共に挑戦し、様々な学びを通して更なる成長に向けて頑張ってほしいと思います。

Topics 1学期始業式

4月8日(金)、新年度一学期が始まりました。

新型コロナウイルス感染症対策の観点から、オンラインで校長室と教室を結び、着任式・始業式を行いました。

着任式では、新たに本校に赴任された先生方を一人一人生徒に紹介いたしました。

その後始業式に先立ち、部活動報告ではオリエンテーリング部が24年ぶり2回目のインターハイ優勝を報告してくれました。

続く始業式の校長講話では、感染症対策の確認、将来リーダーになるにあたって必要なものは何かをテーマに、知性、共感、勇気をキーワードとして触れながら浦高生活の重要性について話がありました。

Topics 埼玉大学聴講修了証書授与式

 浦和高校では、埼玉大学と連携して、平成12年度より大学聴講を実施しています。これは、希望者(2年生対象)が、埼玉大学の授業講座を受講し(対面、オンラインなどによる)、所定の要件や成績を満たすと、単位を得ることのできる取り組みです。

 本年度も、9名の生徒が10講座を受講しましたが、その修了証書授与式を、3月23日に本校校長室にて行いました。受講生たちは一足早く、大学の講義を体験したり、大学の雰囲気を味わったりすることができました。コロナ渦で大学見学などのチャンスが著しく減っているだけに、大変貴重な経験となったようです。

Topics 3学期終業式

3月23日(水)は3学期終業式でした。新型コロナウイルス感染症対策の観点から今年度も集会形式に様々な制約がありました。そのため本日も校長室と教室をオンラインで結び、感染症対策を徹底したうえで、終業式を行いました。

校長講話では、本校卒業生でもある校長の当時の浦高の様子なども交えつつ浦高生の基盤になるものや、期待する姿に触れ、各自が自分自身を振り返ってほしいと結びました。

Topics 第74回卒業証書授与式

3月16日(水)、浦和高校体育館にて卒業式が行われ、計351人の74期生が卒業しました。

 

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、在校生は出席できませんでしたが、卒業生保護者の方と教職員で卒業生を見送りました。

本校では3年間の学校生活の象徴として入学式で生徒入場、卒業式で生徒退場を行います。

多くの方々の御理解と御協力により、今年も卒業式を挙行することができましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

1年生の3学期から、新型コロナウイルスの世界的流行に見舞われた74期生ですが、行先を東北へと変更した修学旅行や、校内限定での文化祭など、最大限の工夫を凝らして学校行事や部活動に取り組みました。

本校で過ごした3年間で培われた人間力を基礎に、更なる成長を遂げ、自らの力を存分に発揮できるよう頑張ってほしいと思います。

今後の74期生の社会での活躍を期待しています。

Topics 人権教育講演会 増田明美氏

3月15日(火)3,4限に1,2年次人権教育講演会を行いました。

浦和高校では人権意識の高揚を目指し、様々な分野で御活躍の方々をお招きして講演会を実施しています。講演会にあたっては各クラスの人権委員を中心に生徒による事前学習も行っています。

 

今回は「スポーツにみる多様性」と題し、1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表で現在日本パラ陸上競技連盟会長の増田明美氏に御講演いただきました。講演ではパラスポーツの歴史や現状、スポーツを通じた発展途上国支援など多岐にわたってお話し下さいました。

 

生徒の感想を見ると、増田先生に御紹介いただいたパラリンピックの創始者グッドマン博士の「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ。」という言葉が生徒の胸に深く刻み込まれたようです。また。増田先生が語られた御自身の栄光と挫折の体験談は、生徒一人一人の今後の人生に大いに参考となるものでした。

増田先生の身振り手振りを交えたユーモアあふれるお話に加え、生徒の多くの質問に丁寧にお答えいただきました。

Topics 公民科NIE実践授業

1月18日(火)、25日(火)の2回にわたって3年生現代社会の授業にて公民科によるNIE実践授業が行われました。

NIEは「Newspaper In Education」の略称で、日本語では「教育に新聞を」と訳されることが多く、本校は今年度実践指定校を受けています。

18日は埼玉新聞社編集局編集管理幹の吉田俊一氏から「プロの記者が教える記事の書き方・見出しのつけ方」と題し、実際の新聞記事がどのように構成がなされ、どんな工夫がされているのかなど講義をいただきました。

その後、生徒は「まわし読み新聞をつくろう」というテーマの中で各種新聞を持ち寄り、グループで気になる記事を選んでプレゼンしながら1枚の模造紙上に編集しました。そして教室全体で「まわし読み」を行い、各グループの新聞を共有しました。

今回の学習で自分の興味関心の有無に関わらず新聞の様々な情報に触れ、各自の視野を広くするとともに、グループでまわし読みをしたことで多様な意見を確認したり、さらに尊重し合う契機になったのではないでしょうか。

Topics 3学期始業式

1月6日(木)、3学期始業式が行われ3学期が始まりました。

今回も新型コロナウイルス感染症対策の観点から、始業式等は校長室と教室とをオンラインでつないだ形式で行いました。

まず始業式に先立ち、プログラミング愛好会の大会活動報告がありました。

続く始業式の校長講話では、昨年の東京五輪陸上の話題に触れ、基礎基本をどれだけ徹底できるか、小手先や上辺だけにとらわれず本質が大事であるなどの話がありました。

 3年生は約1週間後に共通テストを控えておりますが、新たな年を迎え、浦高生それぞれが決意を新たにしたのではないでしょうか。

Topics 2学期終業式

12月23日(木)、2学期終業式がおこなわれました。

今回も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、校長室と教室とをオンラインでつないだ形式で終業式を行いました。

まず終業式に先立ち、生徒会主催でスポーツ大会と文化大会の表彰および壮行会が行われました。

その後、「私たちの身のまわりの環境地図作品展」の表彰が行われました。

今年度は「国際地理学連合(IGU)CHR議長賞」をはじめ11の作品が入賞しました。(詳細は環境地図教育研究会のHP等をご覧ください。)

環境地図製作は、毎年本校の1年次総合的な探究の時間を活用して取り組んでいます。

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも2学期はほぼ予定した学校行事に取り組むことができました。各行事では、各自の主体性や仲間との協調性など浦高生それぞれの良さが随所に見られました。感染症対策を徹底しながら引き続き「尚文昌武」の精神で新たな年を迎え、取り組んでいきます。

Topics 2年次OB講話

12月17日(金)4時限、2年次進路行事である「OB講話」を実施しました。

例年、2年次生は11月の修学旅行を終えたところで、3年次に向けて本格的な学習への切り替えや

進路実現へのより高い意識の醸成を図るため、年次集会や個人面談等を行っています。

その一つの契機として、今年度も本校のOBの先輩方にご協力いただき、OB講話を企画いたしました。

20名という多くのOBの先輩方に御協力をお願いし、遠方からも駆けつけて頂きました。

生徒により近い目線から自身の経験を踏まえ、浦高生活における日頃の学習や進路実現に向けた取り組み方等、

多くのアドバイスを得ることが出来ました。

どの教室でも質疑応答が行われ、今後の浦高生活を送る上で、非常に励みになりました。

  

 

Topics ラグビー・バスケットボール大会

2学期2次考査明けから、バスケットボール大会とラグビー大会が行われました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により開催できませんでした。感染症対策を講じて2年ぶりの開催となります。

 

この大会で年間スポーツ大会の順位が決まり、3年生にとっては浦高生活最後のスポーツ大会ということもあって、予選から白熱した試合が連日続きました。

 バスケットボール大会の決勝は3年生同士の対戦となり、激戦となりました。

 

 

(写真:バスケ大会決勝)

 

 ラグビー大会では決勝の相手が、同じく予選を勝ち抜いた教員チームでした。優勝経験豊富な教員チームを相手に、泥だらけになりながらも果敢に挑む生徒チームの姿に応援も大変盛り上がりました。

(写真右:ラグビー大会決勝、優勝は教員チーム)

 

Tpics 駅伝大会

11月25日(木)放課後、駅伝大会をおこないました。

駅伝大会は浦和高校におけるスポーツ大会の1つで、校内のランニングコース(800m)を3周で1区とし、計8区間のたすきリレー形式で行われました。

今年も新型コロナウイルス感染症対策として、昨年同様消毒をはじめ密を防ぐためのコース変更や体調管理の確認等を徹底しました。

 

浦和高校の銀杏樹の色付きが深まる中で、どのランナーも最後まで全力疾走し、激しい先頭争いを含めて最後のスパートのタイミングなど各クラス、各選手の駆け引きは見物でした。

Topics 令和3年度進路講演会

11月16日(火)3・4限に進路講演会を行いました。

 

この進路講演会では、毎年秋に各界の第一線で御活躍されている先生方をお招きして、全校生徒にお話し頂いております。

また、講師の先生から語られる広い知見や深い教養に触れることで、生徒が自らの将来を考えるきっかけとすることを目的としています。

 

今年度は政治学者で東京大学先端科学技術研究センターフェローの 御厨 貴 氏をお招きして御講演を頂きました。

今回は講師の先生の御都合により、Zoomによるオンライン講演会となりました。

 

講演では、「政治史研究46年―人との出会いが面白い―」という演題のもと、近代150年の政治学の研究を通じて得られた知見に基づいて、現代の政治についてお話頂きました。

また、政治家の「聞く力」等について、過去の書簡の話から、公文書を保存しなくなった過去、オーラルヒストリーというアメリカで用いられた手法など、時代の流れとともにどのように変遷を遂げていったのか分かりやすく解説して下さいました。

 

講演の最後では、高校生においても18歳から選挙権を有することから、まずは投票所に行ってみることの大切さ、また自分が投じた一票がその後どうなっていくのかを追うことが大事であると語られておりました。

 

講演後は生徒からの質問の列が続きました。

先生には、一つ一つの質問に対して丁寧に答えて下さいました。

講演会終了後にも及ぶほどで、生徒の関心の高さも伺えました。

Topics 修学旅行 京都 11月9日(火)〜 12日(金)3泊4日

  2年次生は上記の日程で京都に修学旅行に行ってきました。昨年度は新型コロナウイルスのため実施できませんでしたが、今年度は国内の感染状況が落ち着いていたおかげで、2年ぶりに実施することができました。感染予防に関しては、宿を3分宿にして分散させたり、学校医に旅行に帯同してもらったり、各自の健康管理や黙食・マスク着用の徹底を行わせたり、往路の東京駅での全体集合を行わずに新幹線内での乗車点呼に変更したりなど、可能な限り多くの対策を講じてまいりました。 京都での4日間は天候に恵まれ、また、生徒の健康管理の甲斐もあり、1人も発熱等の体調不良者が出ることなく、1日目の班別自主研修、2日目の企画別研修、3日目の班別自主研修、そして最終日のクラス別研修と、全行程を予定通り実施することができました。また、全体の集合に関しては、行きの新幹線内での点呼から帰りの新幹線内の点呼まで、全ての場面で遅刻する生徒はほとんどいませんでした。生徒の個々の努力や協力が実を結び、結果として2年次生全体で大変まとまりのある修学旅行となりました。今回の修学旅行で75期生の底力を垣間見ることができました。

 今後は2週間の経過観察を行いながら、帰県後に感染が拡大することがないように注視していきたいと思います。今回の実施に当たり様々な関係各所や保護者の皆様にも、多大なるご理解・ご協力を頂き、大変感謝しております。生徒たちは、浦高の伝統行事である修学旅行において、京都での伝統文化に触れながら、仲間同士の親睦も深め、様々な活動で充実した時間を送り、そしてやり遂げた気持ちでいっぱいであると確信しております。これからはそれぞれの進路実現に向けて、残りの浦高生活をさらに充実したものにさせていきたいと思います。本当にありがとうございました。 

      

 

                         

Topics 第63回強歩大会

10月31日(日)、第63回強歩大会が行われました。この行事は、浦和高校から茨城県古河市までのおよそ50キロの行程を走る浦和高校最大の行事とも言えるものです。今年度のみ、ゴール地点が変更となり、古河市に入ってから再度渡良瀬川を引き返して埼玉県に戻り、加須市にある北川辺東小学校でゴールしました。

この強歩大会の安全な開催のために、数百名の保護者の皆様にご協力をいただき、主要な交差点や踏み切りなどに立って見守っていただきました。このような協力なしには成立しない行事です。

また、養護教諭だけでなく、複数の校医の先生たちにも巡回等でご協力いただきました。

多くの方々のご協力のもと、大きな事故もなく強歩大会が終わりましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。

強歩大会の様子については、続きをご覧ください。

   
   
   

Topics 1、2年次 東大生による大学説明会

9月14日(火)午後に1、2年次の進路行事として東大生による大学説明会が行われました。

東京大学に在籍する本校OB14名が来校し、在校生に大学について語っていただきました。全体会では、4名の先輩にパネルディスカッションの形式で、東京大学のカリキュラムや各々の専門分野についてのお話などをしていただき、分科会では、座談会の形式で生徒たちが、進路や勉強方法、大学生活等について気軽に先輩に相談をする場となりました。

文化祭の代休日にも関わらず100名以上の生徒が参加し、先輩からのアドバイスや激励に大いに刺激を受けておりました。この行事を機に、文化祭から気持ちを切り替えることができました。

  

写真左:全体会講師紹介 右:パネルディスカッション

 

写真左右:パネルディスカッション

 

写真左右:分科会

 

写真左右:分科会

 

写真左:分科会 右:会終了後の個別相談

Topics 第74回 浦高祭

9月11・12日の土日2日間にかけて第74回浦高祭が開催されました。

例年多くの来校者で賑わう本校の一大イベントの一つですが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け昨年度は中止。今年度は非公開とし、生徒・教職員のみで開催いたしました。

そのため例年とプログラムを大きく変更したり、運営も感染症対策を徹底するなど様々な制限もありましたが生徒主体の文化祭実行委員会を中心にコロナ禍でもできる企画を練りに練って準備・運営を行いました。

        (舞台発表・写真部撮影)                    (ブース発表)

     (最強王と教員 写真部撮影)                  (応援団・銀杏樹の下に)

生徒達も各団体の企画に会場やオンラインで参加し、盛り上がりを見せていました。

 

2年ぶりに門も制作され、今年度はオーストリアの世界遺産シュテファン大聖堂をモチーフにしています。ゴシック様式の色彩などを再現し、高さや立体感を出し、門にかける諸先輩方の想いを受け継ぎながら担当の生徒達が一生懸命制作をいたしました。

非公開での実施でしたが、少しでも文化祭の雰囲気を地域の方とも共有したいという思いから、文化祭後1週間ほど門を残してライトアップをほどこします。

コロナ禍での開催ではありましたが、今年度もたくさんの方の御理解・御協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

Topics 2学期始業式

9月1日(水)、浦高の2学期が始まりました。新型コロナウイルス感染症対策の観点から全校生徒は教室にて校長室とオンラインで結び、始業式を行いました。

また始業式に先立ってこの夏休み中に、インターハイ等に出場した生徒の結果報告やこれから関東大会や全国大会に出場を予定している部活への壮行会、スタンフォード大学やウィットギフト校とのサマーセミナーに参加した生徒からの報告会を行いました。

校長講話では、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑みつつ、他者への気遣いや自己のメンタルコントロールなどについて話がありました。その後、保健室から学校生活における新型コロナウイルス感染症対策について再確認と徹底に関する話がありました。

 

 

Topics 第64回 臨海学校(1年次)

第64回 臨海学校(1年次)7月14日(水)〜17日(土)3泊4日 静岡県南伊豆町弓ヶ浜海岸

2年次で実施された第63回臨海学校に引き続き、1年次の臨海学校が実施されました。1日目は曇っていましたが、2日目からは天気も良くなり、3日目以降は梅雨明けの晴天に恵まれました。無事に最終日の大遠泳まで全ての行程を滞りなく終了することができました。この4日間を乗り切った生徒たちは、今回の経験を通じて、決して一人では為しえないだろう難題へ立ち向かう勇気や仲間と協力することの大切さを学びました。

今回の行事の実施にあたり、多くの関係者のご理解、ご協力に深く感謝の意を表します。

 

(写真上 OB指導者の激励を受ける大遠泳隊列)

(写真下 仲間に校歌と拍手で迎えられる上級班)

Topics 第63回 臨海学校(2年次)

第63回 臨海学校(2年次)7月11日(日)〜14日(水)3泊4日 静岡県南伊豆町弓ヶ浜海岸

  昨年度中止された臨海学校が、今年度上記の日程で4日間実施されました。初日から3日目までは天候および水温に恵まれ、また、4日目の午前の実習では雷雨が心配されましたが、実習時間には雨もほとんど止み、全日程予定通り実施することができました。そして遠泳に関しても、3日目の午後には初級班による小遠泳(約30分間)を、最終日の午前には中級班による遠泳(約40分間)と上級班による大遠泳(約45分間)を無事に完遂することができました。2年次の生徒たちは、この臨海学校を通して、泳力や体力の向上だけでなく、自らの限界との戦い、仲間との助け合い、遠泳成功の達成感、集団行動を通しての経験など、埼玉では決してできない貴重な経験をさせていただくことができました。

 これもOBをはじめとした関係各所の皆様に、ご理解・ご協力をいただけたおかげであります。この場を借りて御礼申し上げます。また、生徒諸君には、この経験を今後の浦高生活に是非生かしていってもらいたいと思います。


開校式 遠泳    

遠泳

Topics 1学期終業式

7月20日(火)、1学期終業式が行われました。式に先立って生徒会主催の体育祭やスポーツ大会の表彰、全国大会や関東大会への壮行会が行われ、また海外派遣生壮行会なども行われました。感染症対策として1年生は教室にてライブ配信で参加し、2・3年生は熱中症対策として飲み物持参のうえ、体育館にて行いました。



終業式の校長講話では、何事にも高い目標を持ち、幅広い視野に立って挑戦することについて話がありました。
これで、1学期は終わります。まだまだ新型コロナウイルス感染症による制限等もありますが、1学期予定されていた学校行事は無事に終了することができました。また夏休み中も本来の全国大会に出場する部活動があったり、部活動以外にも様々な活動が行われます。
夏休み明けにより成長した姿を見られることを期待しています。

Topics 3年次OB講話

7月10日(土)4限、3年次が進路行事としてOB講話を行いました。

これから3年生として夏休みを迎えるにあたり、夏休みにおける勉強の仕方やモチベーションの維持などについてどのように取り組めばよいか、現役大学生のOBからアドバイスをいただきました。

 

3年生はOBの実体験に基づく様々な話をヒントに得ようとメモを取ったり、質問をしたりそれぞれの気づきに変え、自分の目標に向け決意を新たにしていました。

 

芸術鑑賞会 2年ぶりの開催

7月6日(火)に埼玉会館大ホールにて芸術鑑賞会を開催しました。コロナ渦のため2年ぶりの実施です。当日は感染防止のため客席を半数のみ使用し、午前と午後の2回に分けて公演を行いました。

今年度は「伝統芸能」として講談や落語、太神楽曲芸を鑑賞しました。オンラインでは経験できない繊細な言葉のニュアンス・表情・仕草に引きつけられたり、時には感情をむき出しにするかのような台詞や大きな身振りなどダイナミックな表現に圧倒されたりしながら、日本の話芸の深さや魅力をたっぷりと堪能することができました。

 

今回、素晴らしい芸と技を披露してくださった出演者の方々をご紹介するとともに、深く感謝申し上げます。

落語:柳家喬太郎さん 三遊亭円馬さん 講談:一龍斎貞友さん 太神楽曲芸:ボンボンブラザースさん 

Topics 3年次修学旅行

7月4日(日)~5日(月)にかけて、3年次は東北に修学旅行に行ってきました。

浦和高校の修学旅行の行き先は例年2年次京都方面でありましたが、今の3年次は昨年コロナ禍によって中止となりました。今回はその代替行事ではあるものの浦和高校としては初めて宮城・岩手県で修学旅行を実施しました。

今回の学習のテーマは「震災学習」です。3年次では事前学習として気仙小学校元校長の菅野祥一郎氏をお招きして先月講演会を行い、修学旅行2日目にはクラス毎に石巻・南三陸・陸前高田に別れて現地学習を行いました。

東日本大震災が起きた際の状況や、それからちょうど10年を経た被災地復興の現状・課題を学習しました。将来世界のどこかを支える人間になるために、こうした現地での学習から得られる幅広い知見や経験は貴重な糧となることでしょう。

また、初日は仙台・松島エリアで自主的計画的行動の実践として班別研修を行い、2日目は震災学習後に世界文化遺産である平泉・中尊寺を見学しました。

今回の旅行は通常の修学旅行とは異なり、準備の段階から常に新型コロナウイルス感染症対策に注意してきました。様々な方の御理解・御協力をいただき、無事に実施ができました。

関係の方々には、この場を借りて御礼申し上げます。

Topics メディカル講習会

6月24日(木)放課後、視聴覚室にてメディカル講習会が行われました。
講師は、本校OBで現在はさいたま市立病院整形外科などで勤務されている木村豪志先生でした。先生は、体育祭や強歩大会など本校の学校行事においてもご協力いただいている先生でもあります。

本日の講習会では、睡眠・食事・休養の観点および怪我の対象法などについてのお話を頂きました。
様々な情報が飛び交う現代社会において医学的エビデンスに基づくものについて熱心に教えてくださいました。
参加した生徒にとって普段の学校生活や部活動等にもすぐに生かせる内容で、生徒も時折メモを取りながら聞いていました。また講習会後は、生徒からの質問や相談に丁寧に答えてくださいました。


 

Topics 第74回体育祭

5月29日(土)に第74回体育祭が行われました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の関係で中止となりました。

今年は学年種目など実施できない競技も一部ありましたが、健康観察やマスク・消毒等できる限りの感染症対策を徹底し、実施しました。

本校では、生徒会組織の体育祭実行委員を中心として体育科教員や各クラス運動員、部活動の生徒などの協力のもと生徒主体で準備・運営を行います。好天の下で素晴らしい体育祭になりました。

1・2年生も決勝種目に進出するなど健闘を見せましたが、3年生が意地を見せ、順位上位を占めました。

優勝 36R  2位 37R 3位 27R

パネル優勝29R クラスパフォーマンス優勝 31R

 
(左 全景    右 クラスパフォーマンス   )


 
(左 忍者レース  右 綱引き ※ 優勝は教員チーム)
 
(左 ピラミッド早作り    右 n人n+1脚リレー)

(左 100メートル決勝     右 閉会式表彰 )

Topics 壮行会

4月19日(月)7限に体育館にて壮行会が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策のため1年生は今回もリモート参加となりました。

この壮行会は、これから春季大会やインターハイ予選に向かう様々な部活動に向けてのものです。

新学期も始まり、新型コロナウイルス感染症対策を優先しつつも様々な公式戦も始まりつつあります。

全力で頑張る仲間を全力で応援することは浦高の大事な精神の一つです。

大会本番でも実力が十分に発揮できるよう浦高一丸となって応援しています。

Tpics 離任式 

16日(金)の午後、体育館にて離任式が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策の関係で、1年次は教室でリモートにて行いました。
今年の3月で転出なされた5名の先生からお話がありました。
離任式でのお話は浦高生にとって転出なされた先生方による「浦和高校最後の授業」となります。

先生方からは浦和高校での体験や生徒へ伝えたいこと、それぞれの教科や現在の仕事内容等も踏まえながらのお話となりました。

最後に感謝の意を込めて生徒会から花束贈呈、転出される先生方へのエールで終わりました。

Topics 対面式

4月9日(金)の朝、新入生と2,3年生が初めて対面しました。
晴天のもと、生徒会長、新入生代表が挨拶を行いました。
これから浦高生活が本格的に始まり、様々な課題に直面することもあるかと思いますが、
その時は新入生どうし団結し合い、クラスや学年を盛り上げて成長してほしいと思います。

Topics 第76回入学式

4月8日(木)、体育館にて入学式が行われました。

 

式は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、新入生と教職員のみの出席で行われ保護者の方へはオンラインによるライブ配信をいたしました。

入学式では生徒357名が呼名されました。

 

 

新型コロナウィルスの不安が昨年同様にまだ完全にぬぐい切れない中で、

新入生は浦和高校での新しい生活がスタートしました。

当面は学校生活と新型コロナウイルス感染症対策の両立が求められます。

それでも浦高生活で直面する様々な出来事に、仲間と共に挑戦する様々な学びを通して更なる成長に向けて頑張ってほしいと思います。

Topics 着任式・始業式

4月8日(木)、新年度一学期が始まりました。

新型コロナウイルス感染症対策を講じて、体育館にて着任式・始業式を行いました。

着任式では、新たに本校に赴任された先生方が壇上に上がり、紹介されました。

続く始業式の校長講話では、「チャレンジ」をキーワードに、既定路線や短期的な目標で完結するのではなく、何事も必死にチャレンジする大切さ、そのための浦高生活の重要性など話がありました。

Topics 3学期終業式

3月24日(水)は3学期終業式でした。新型コロナウイルス感染症対策の観点から今年度は集会形式に様々な制約がありましたが、本日は感染症対策を徹底したうえで、体育館にて行いました。

校長講話では今年度を振り返りつつ、厳しい社会情勢も踏まえ世界のどこかを支えるリーダーに必要な「公共心」に関する話がありました。

 なお終業式に先だって、生徒会主催で応援団紹介が行われました。

Topics 1・2年生人権教育講演会

3/19(金)2・3限、本校の人権教育の一環で「男女共同参画社会」をテーマとした講演会をオンラインにて実施しました。

「これから男子はどうするか―もうお父さんたちのようには生きられない―」と題し、東京大学名誉教授で社会学者の上野千鶴子氏に御講演をいただきました。

ジェンダー研究の第一人者である上野先生から、これからの予測不可能な社会をどう生きるべきか、様々なヒントを提示していただきました。

質疑応答では、浦高生と上野先生が1対1で議論を行う場面も見られました。

たくさんの質問があり、講演会終了後も上野先生には御対応いただき、活発な議論が行われました。

 

 

 

Topics 第73回卒業証書授与式

3月17日(水)、浦和高校体育館にて卒業式が行われ、計356人の73期生が卒業しました。

   

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、昨年同様に式には卒業生と教職員のみの出席でしたが、今回保護者の方には式の様子をオンラインによるライブ配信という形でお送りしました。

社会的不安も多い時期ですが、卒業式を挙行することができたのは多くの方々の御理解と御協力あってのことであり、この場を借りて御礼申し上げます。

卒業生は入学してから勉強はもちろん部活や学校行事といった特別活動にも熱心に取り組んでいました。本校では3年間の学校生活の象徴として入学式で生徒入場、卒業式で生徒退場を行います。

本校で培われた人間力を基礎に、この厳しい時代においても持てる力を発揮できるよう更なる成長に向けて頑張ってほしいと思います。

73期生の今後の活躍を期待しています。

Topics1年次OB講話

2月17日(水)に、1年次OB講話を実施しました。

本校OBで現在大学在学中の先輩方4名を講師にお招きし、浦高生活の見直しや進路意識の向上を図るきっかけとして企画いたしました。

大学で学んでいることや大学選びについてや、浦高時代の勉強法や部活動などの思い出を、生徒の目線からお話いただきました。

1年次生にとっては、これから2年次に進むにあたって、非常に有用なお話を聞くことができました。

また、質疑応答では多くの生徒が質問し、放課後も生徒が質問に訪ねるなど、関心の高さが伺えました。

 

 

Topics 2学期終業式

12月24日(木)、2学期終業式がおこなわれました。

2学期始業式と同様に今回も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、校長室と教室とをオンラインでつないだ形式で終業式を行いました。

まず終業式に先立ち、表彰が行われました。

スポーツ大会ならびに文化大会の表彰に続き、

「私たちの身のまわりの環境地図作品展」では11つの作品が入賞しました。

その中でも3つの作品が「国土交通省国土地理院長賞」、「日本地図センター理事長賞」、「地図調整技術協会長賞」として選ばれました。環境地図製作は、本校の1年次総合的な探究の時間を活用して取り組んだ作品です。

2学期も新型コロナウイルス感染症の影響により学校行事としてできない行事もありましたが、感染症対策を徹底しながら引き続き「尚文昌武」の精神で新たな年を迎え、取り組んでいきます。

Topics 駅伝大会

11月26(木)放課後、駅伝大会をおこないました。

駅伝大会は浦和高校におけるスポーツ大会の1つで、校内のランニングコース(800m)を3周で1区とし、計8区間のたすきリレー形式で行われました。

今年は新型コロナウイルス感染症対策として、消毒をはじめ密を防ぐためのコース変更や体調管理の確認等を徹底しました。

浦和高校の銀杏樹の色付きが深まる中でどのランナーも最後まで全力疾走し、スパートのタイミングなど各クラス、各選手の駆け引きは見物でした。

Topics 2年次OB講話

11月25日(水)6限、2年次ではOB講話を実施しました。

例年、2年次は11月に実施される修学旅行を1つの契機に、3年次にむけて学習意欲の向上や切り替え、進路実現への意識を高めるため年次集会や担任等との個人面談などを行っています。

しかし残念ながら、今年度は修学旅行が新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

そこで2年次では今後の学校生活について、東京大学や京都大学をはじめとする本校のOBの方々にご協力いただき、OB講話を企画しました。生徒により近い目線から自身の経験を踏まえ、日頃の学習や進路実現にむけてアドバイスをいただきました。

どの教室でも質疑応答が活発に行われ、今後の学校生活を送る上で、大変参考になりました。

Topics 生徒総会・生徒会役員選挙演説会

11月24日(月)、7限に生徒総会及び生徒会役員選挙の演説会が行われました。 

生徒主体で動いていく浦和高校において、本来生徒総会は一般の生徒からの意見を自由に出し合う非常に重要な場であり、浦高生の意思を学校側に伝える大きな機会でもあります。しかし今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から従来の全校集会形態を改め、各教室に向けて報告や提案などをオンラインによるライブ配信にておこないました。

生徒一人一人は手もとの資料を熟読し、生徒会の活動報告や中期決算報告を真剣に聞いていました。

また後期生徒会役員の立会演説会も同じくライブ配信で行われました。候補者だけでなく、質疑応答も含めて生徒全員が今後の浦和高校を良くするためにはどうすれば良いのか、真剣に考える機会になったのではないかと思います。

 

Topics 進路講演会 梶田隆章氏

11月18日(水)3・4限、進路講演会を行いました。

本校では毎年秋に進路講演会として、各界の第一線で御活躍されている先生方をお招きして、全校生徒にお話いただく機会を設けています。 今回は、ニュートリノ研究を専門とし、ニュートリノ振動の発見で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏です。

講演では「神岡での研究をふりかえって」と題し、御自身の研究領域について人生経験などを踏まえ御講演いただきました。その中で、自分の興味関心を大事にし、将来の夢を思い描きながら学校生活を充実させることの大切さを生徒に語ってくださいました。さらに自分の興味関心があることを時間を気にせず追求することや大切なものを大切なものとして見抜く力、仲間と共に何かを成し遂げる経験が重要であることなど多岐にわたってお話し下さいました。

質疑応答ではさらに専門的な研究領域の話であったり、社会と学術研究の関係性など生徒から寄せられた質問一つ一つに丁寧に答えてくださいました。

今回の講演会では、新型コロナ感染症拡大防止の観点から会場内の密な状態を避けるために

1年次は校内ライブ配信にて参加いたしました。

講演会終了後、梶田先生は1年次全ての教室を回っていただき、生徒と言葉を交わしてくださいました。