過去の小学生講座

過去の講座の様子

2016年度 小学生講座の様子

12月17,18日にかけて、浦高生による小学生特別教室が行われました。
この行事は、例年12月末の土日で行われ、今年度で9回目の実施となります。
教室は生物実験(生物部)、化学実験(化学部)、星空体験(地学部)のような理科系だけでなく、
吹奏楽部や落語研究部や鉄道研究会による発表、数学部による折紙で多面体を作る授業、クイズ研究会によるクイズ大会など多岐にわたります。
また、今年度は土曜公開授業見学や小学生保護者向け説明会も同時に行い、170組以上の小学生および保護者の方が浦和高校に来校しました。
小学生の中には、すべての講座を受講する子もいて、教室は大いに盛り上がりました。
 

<小学生の感想>
・多面体など知らなかった形やおり方などいろいろ知ることができました。
・生物実験はタツノオトシゴのしおりが作れてうれしかったです。
・化学実験では火が色々変わっていてすごかった。ビンが銀色になって楽しかった。
・いつもクイズ番組を見ていたけど、自分がやるのは初めてだった。浦高の方たちが励ましてくれて楽しかった。

<保護者の感想>
・自分の進路について真剣に考えるきっかけになる体験ができたと子供が言っていました。
・生徒の皆さんがとても親切でした。
・固くまじめだという先入観がありましたが、まじめなだけでなく明るく礼儀正しい姿を見ることができとても感心しました。
・吹奏楽も素晴らしかったですし、落語では小3の子供が大笑いしていました。

2015年度 冬休み教室の様子

12月19,20日の二日間にわたって、小学生向けの特別教室を行いました。
この行事は例年この時期に行われていて、今回で8回目となりました。
また今年度は昨年10月に行われた小学生向けスポーツ教室も同時開催しました。
200名弱の小学生の皆さんが浦高生による様々な授業を楽しみました。
なかには、二日間参加し、6つ以上の講座を体験した小学生もいました。
 
陸上は短距離と長距離練習
 
浦高テニススクール!
 
大人気剣道教室
 
柔道は色々な技にも挑戦
 
バレー教室は今年初めてです
 
弓道も大人気でした
 
(左)生物部は煮干しの解剖  (右)吹奏楽部の発表
 
落語では大きな笑いが起きていました
 
ラグビーの様子
 
サッカーの様子

小学生の感想
・浦和高校の人たちが速く走るこつをやさしく教えてくれたから、50m走を走ったとき少し速く走れるようになったのでよかったです。
・石けんをつくる実験では色々な液体の名前を知れてよかったです。最初は液体だったのにだんだんセッケンになっていったので驚きました。星空観察では土星や金星について知れたし、プラネタリウムも見れて楽しかったです。
・楽しかった。教える人が優しかった。中学は剣道部に入るつもりなので楽しみです。
・サッカーでは面白く楽しくて上達もしました。
・ラグビーでトライをするときや色々なときにとても楽しかったです。またこういうことをやりたいです。
・指揮者ができて最高に楽しかったです。ラグビーはお兄さんが優しくて面白かったのでもっとうやりたかったです。
・オイラーの定理を初めて知りました。身近にある多面体で試してみます!

2014年度の様子

12月20日(土)、21日(日)に小学生のための冬休み特別教室が実施されました。
この行事は例年この時期に行われていて、今回で7回目となりました。
 
二日間で計8講座が開かれ、計180名以上の小学生が浦高生による授業を楽しみました。
毎年希望者数の多い地学、化学、生物の実験は同じ授業を2展開行いました。
また、例年申込者が殺到するため、今年度は申込者が多い場合は抽選により参加者を決定しました。

各講座の様子は、「続きを読む」をご覧下さい。

20日(土)
授業1 星空観察 (地学部)

地学部の自作エアドームの中で、プラネタリウムを公開しました。
地学部は高校1年生だけでしたが、緊張しながらも星空について小学生に説明ができたようです。

小学生の感想
星空観察で見たMitakaの映像がとてもわかりやすかったです。僕は最初星座は地球から同じ距離の星をつないでいると思っていたけど、プラネタリウムでの説明を聞いて、遠く離れたところの星をつないでいるということを知ることができたのでよかったです

授業2 おもしろ実験教室(化学部)
今年は、「めっき」をテーマとして実験していきました。
また時間の都合上、講座1と講座2では少し実験を変更して行いました。
共通して行った「銀鏡反応」では、小瓶の内部を銀でめっきして持ち帰ってもらいました。
透明な液体から銀色が出てくる様子に、小学生は驚いていました。

小学生の感想
実験はとっても面白かったです。持ち帰れてよかったです/バーナーやスポイト、めがねを使ったのが初めてだったのでドキドキして楽しかったです。真鍮実験で、銅が銀に、銀が金に変化していって、オリンピックのメダルの順番が逆になってる!と思いました。銀鏡反応の時短テクニックが気になりました。とても楽しい一日でした♪

授業3 吹奏楽の魅力を味わおう(吹奏楽部)
今年も、吹奏楽部による演奏を楽しんでもらいました。
楽器紹介では、各パートによって個性があって面白かったようです。
今年は、小学生にも指揮者体験をしてもらいました。
小学生の指揮で浦高生が演奏し、会場全体が盛り上がりました。

小学生の感想
楽器の紹介で特徴を詳しく言ってくれたので、とてもわかりやすかった。中学生・高校生になったら吹奏楽部に入ってみたくなりました/吹奏楽はテキーラやようかい体操第一など知っている曲などがあってよかったです/世界で一番難しい金管楽器がホルンなんてびっくりしました/子供が飽きたころにドブロックやようかいウォッチのテーマなど演奏してもらって、よくプログラムができていたなと思った。指揮体験もよかった


授業4 銀杏寄席(落語研究部)
毎年好評の落語で、例年この落語だけを聞きにいらっしゃる小学生もいるほど、大人気の講座です。
落語研究部は2名と少ないですが、練習の成果を発揮し、会場は大きな拍手で盛り上がりました。
今年は、小学生にも高座に上がってもらうという体験もしてもらいました。
 
小学生の感想
私がよく知っている「じゅげむじゅげむ・・・」などをアレンジしていた落語やほめ方の話まで、とても面白かったです。よく大勢の前で声が小さくならずに話すことができるなと思いました。間の取り方や顔の表情まで細かなところまでやれていて楽しい時間がすごせました。落語だけでなく、ジャグリングややたらようかいのせいにしているところなどがプロにも負けないくらい凄いです。落語に興味がわいたので、機会があったら落研だけでなく見てみたいです


21日(日)
授業5 生物のしくみを知ろう(生物部)

豚の目の解剖を行い、眼の仕組みについて勉強しました。
最初は気持ち悪がっていた小学生も、徐々に慣れていき、積極的に眼の観察を行っていました。

小学生の感想
目玉に8つの種類もあるなんてすごいと思いました/豚の目を初めて解剖して、最初は気持ち悪いし触るのはいやだと思っていたけど、やっているうちに楽しくなっていました
 

授業6 囲碁って何?(囲碁将棋部)
あまりルールも分からない小学生もいるなか、囲碁将棋部による囲碁講座を行いました。
まず基礎的なところをクイズ形式で進めていきました。
最後は、浦高生との対局を行うなど、囲碁がより身近になったのではないでしょうか。

小学生の感想
囲碁は初めてだけど、思ったより楽しかった/囲碁は難しくてかなり頭を使った/囲碁のルールが知れてよかった。また対局してみたいです。ありがとうございました
 

授業7 鉄道って面白い(鉄道研究会)
鉄道研究会による鉄道講座が行われました。信号の見方や様々な車両の紹介など、鉄道好きにはたまらない講座だったのではないでしょうか。鉄道大好きな小学生も多く参加し、
予定時間よりもオーバーしてしまうなど、盛り上がったようです。
 
小学生の感想
新幹線・信号・駅・トーマスなどの様々な鉄道のお話が聞けてよかった。色々な豆知識が面白かった/鉄道大好きなので、楽しく参加できた/動物に似ている新幹線があるなんてびっくりしました/分かりやすく説明してもらえて嬉しかった。鉄道のことがもっと好きになれた

授業8 「論語」を楽しむ(漢文素読会)
普段、早朝に論語を読んでいる漢文素読会による、論語講座が行われました。
論語を声に出して読み、意味を知ることで、自分自身を振り返るきっかけにもなります。
理科や吹奏楽に比べると地味に思われがちな論語ですが、毎年小学生から人気の高い講座でもあります。
 
小学生の感想
なぜお兄さんが論語の勉強をしているのかが分かったし、今日勉強した君子のように私もなれるように心がけたいです/言葉が難しかったけれど、お兄さんたちが分かりやすく教えてくれたのでよく分かった

授業9 きみもクイズ王!(クイズ研究会)
例年人気のある講座ですが、今年は特に3,4年生に大人気でした。
一般的な内容から、マニアックな内容まで早押しや記述問題などで、クイズ王を決定していきました。
なかには、到底小学生では触れないような知識を持った子もいて、会場からは拍手喝采を浴びていました。

小学生の感想
自分の番になると、とてもドキドキした/色々な世間の問題がでて楽しかったです/面白かったです/クイズ王ははらはらして面白かったです

2013年度の様子

12月21日(土)、22日(日)の2日間にかけて、高校生による小学生のための冬休み特別教室が浦和高校で行われました。
この行事は冬休み付近に行われていて、今回で6回目となり、浦高生だけでなく、浦和一女の生徒も昨年に引き続き参加しました。
二日間で計12講座が開かれ、計200名以上の小学生が高校生による授業を楽しみました。
 
授業1 星空観察(浦和高校地学部)
地学部の自作したエアドームによるプラネタリウムを公開しました。地学大好きな浦高生が星空について熱く語りました。
 
授業2 おもしろ化学実験(浦和高校化学部)
薬品を使ってナイロンを作る実験と浦高生による面白実験の演示が行われました。
演示では炎色反応や水素と酸素の爆鳴気などで小学生と楽しみました。
  
授業3 生物のしくみを知ろう(浦和高校生物部)
今年初めて開講した生物では、豚の目の解剖と発酵の実験を行いました。
解剖では高校生の指導のもと、興奮しながらも目の仕組みをしっかり学んでいました。
 
授業4 囲碁ってなに?(浦和高校囲碁将棋部)
今年初めて開講した授業で、小学生に囲碁のやり方を教え、最後は小学生同士で対局しました。飲み込みが非常に速い子もいて、高校生も驚いていました。
 
授業5 吹奏楽の魅力を味わおう(浦和高校吹奏楽部)
浦和高校吹奏楽部による演奏と楽器の紹介が行われました。楽器一つ一つの詳しい紹介が行われた後、各パートごとでの演奏も披露しました。また、アンコールでは銀河鉄道999から宇宙戦艦ヤマト、最後は浦高卒業生のタケカワユキヒデさんの作曲した銀河鉄道999のメドレーが演奏され、会場が盛り上がりました。
 
授業6 銀杏寄席(浦和高校落語研究部)
浦高落語研究部による毎年好評の落語です。今年は2名の部員による落語が披露されました。「寿限夢」や「転失気」などの演目が披露され、小学生だけでなく保護者の方も一緒になって笑っていました。
 
授業7 琴を楽しもう(浦和第一女子高校琴部)
浦和一女の琴部による雅な世界を楽しみました。演奏後、琴の体験も行われました。一女生の優しく分かりやすい指導で、小学生たちはみるみる上達していきました
  
授業8 能楽を楽しもう(浦和第一女子高校能楽部)
浦和一女の能楽部が能楽を披露しました。小学生は初めて見る能楽に驚いていました。また、能楽に使われている鼓などの説明と体験もあり、集まった小学生は興味深そうに聴いていました。
授業9 「論語」を楽しもう(浦和高校漢文素読会)
毎朝『論語』を素読(音読)している漢文素読会による論語の説明と素読が行われました。論語の説明では、小学生にわかりやすい例えを用いて、小学生だけでなく保護者のみなさんも納得の表情を浮かべていました。
 
授業10 吹奏楽の魅力を味わおう(浦和第一女子高校吹奏楽部)
浦和一女の吹奏楽部による演奏が行われました。クリスマスソングやディズニーの曲に小学生はリズムに乗って楽しんでいました。また、音楽やクリスマスに関するクイズも行われ、あっという間に時間は過ぎていきました。
 
また、今年は初めて浦和高校と浦和第一女子高校の吹奏楽部の選抜メンバーによるアンサンブルも行われました。
授業11 森から環境を考える(浦和高校環境委員会)
環境委員会が埼玉県寄居町にある「百年の森」を紹介したり、川の水のCOD試験などを行い、環境や自然について学習しました。環境委員会の作成したクイズも行われ、小学生は高校生に熱心に質問をしている場面も見受けられました。
 
授業12 きみもクイズ王(浦和高校クイズ研究会)
クイズ研究会によるクイズ大会が行われました。今年は3,4年生の部と5,6年生の部に分かれて行われました。初めて行う早押しクイズに戸惑う小学生もいましたが、難問にすらすら答える小学生もいて会場は大いに盛り上がりました。
 
◎小学生の感想
・星空の観察では浦高生の知識がすごく多かった。
・一女の人たちの演奏では金管・木管楽器の音にばらつきがなく、音が揃っていてきれいでした。パーカッションのドラムの細かい動きがすごいなと思いました。
一女と浦高のアンサンブルでは人数が少ないのに、指揮も無しで音が揃っていて大きな音が出ていて感動しました。
・環境委員会の授業では、私が毎年やっている自由研究と同じ種類なのでとても勉強になりました。これからの勉強に生かそうと思います。
・落語は2つともとっても面白かったです。来年もまたここに来たいなと思いました。
・化学の実験がすごかった。火が赤や黄緑になったり、水素と酸素をいれたホースが「パン」となったのでとてもびっくりした。
・早押しを押したけどあまり言えなくてドキドキしました。心臓がドクドクして緊張したけど、とても楽しかったです。

2012年度の様子


12月22、23日に浦高生による、「小学生の冬休み特別教室」が行われました。この行事は冬休みに行われていて、今回で5回目となり、浦高生だけでなく、浦和一女の生徒も昨年に引き続き参加しました。
二日間で計10講座が開かれ、計200名以上の小学生が高校生による授業を楽しみました。
授業1「吹奏楽の魅力を味わおう」

 浦和高校吹奏楽部による演奏と楽器の紹介が行われました。楽器一つ一つの詳しい紹介が行われた後、各パートごとでの演奏も披露しました。また、アンコールでは浦和高校の応援歌「八重雲起こる」が演奏され、会場が盛り上がりました。
 

授業2「『論語』を読もう」

 毎朝『論語』を素読(音読)している漢文素読会による論語の説明と素読が行われました。小学生の中には、普段自分が読んでいるという厚い論語の本を持参した子もいました。
 授業3 「森から環境を考える」

 環境委員会が埼玉県寄居町にある「百年の森」を紹介したり、雨水のpH測定などを行い、環境や自然について学習しました。環境委員会の作成したスライドや実験の様子を熱心にメモする小学生もいました。
 授業4「浦高地学部による星空案内」
 
地学部の自作したエアドームによるプラネタリウムを公開しました。地学大好きな浦高生が星空について熱く語りました。また、待ち時間には浦高生への質問コーナーも行い、「勉強の仕方」や「時間の使い方」など様々な質問が飛び出しました。

授業5 「浦高生によるおもしろ実験教室」

薬品を使って鏡を作る実験と浦高生による面白実験の披露が行われました。自分だけのオリジナル作品を作って楽しんだり、水素と酸素を混合して点火する通称「爆鳴気」の実験などに驚いていました。

授業6 「邦楽邦舞を楽しむ(琴編)」

浦和一女の琴部による雅な世界を楽しみました。演奏後、琴の体験も行われました。一女生の優しく分かりやすい指導で、小学生たちはみるみる上達していきました。



 授業7 「邦楽邦舞を楽しむ(能楽編)」

浦和一女の能楽部が能楽を披露しました。小学生は初めて見る能楽に驚いていました。また、能楽に使われている鼓などの説明と体験もあり、集まった小学生は興味深そうに聴いていました。

 授業8 「浦高寄席」

浦高落語研究部による毎年好評の落語です。今年は3名の部員による落語が披露されました。「寿限夢」や「火焔太鼓」などの演目が披露され、小学生だけでなく保護者の方も一緒になって笑っていました。

   授業9 「吹奏楽の魅力を味わおう(一女編)」

浦和一女の吹奏楽部による演奏が行われました。クリスマスソングやディズニーの曲に小学生はリズムに乗って楽しんでいました。また、音楽やクリスマスに関するクイズも行われ、あっという間に時間は過ぎていきました。

 授業10 「きみもクイズ王!」

 クイズ研究会によるクイズ大会が行われました。年々参加希望者が増えたため、今年は早押し大会だけでなく、ペーパーテストも行われました。初めて行う早押しクイズに戸惑う小学生もいましたが、難問にすらすら答える小学生もいて会場は大いに盛り上がりました。

2011年の様子

「小学生のための冬休み特別教室」
今年も,県内の小学生のみなさんを対象に、高校生による「冬休み特別教室」を下記のとおり開催しました。
今年度は,浦和第一女子高等学校にも協力してもらい,のべ300人以上の小学生が浦和高校を訪れ,様々な講座を受けていました。

平成23年12月24日(土曜日
 
○授業1「邦楽邦舞を楽しむ!その①」
浦和第一女子高校・長唄部

浦和一女長唄部が日本の伝統芸能を披露しました。

 
○授業2「吹奏楽の魅力を味わおう」
浦和高校・吹奏楽部

浦高吹奏楽部が楽しい名曲の数々をご披露しました。

 
○授業3「『論語』を読もう」
浦和高校・漢文素読会


毎朝『論語』を素読(音読)している漢文素読会の皆さんが、小学生の皆さんにわかりやすく論語を説明し、一緒に素読しました。
 
  
○授業4「きみもクイズ王!」

担当 浦和高校・クイズ研究会

「クイズに強い」浦高生の手ほどきで、実際に早押しクイズにチャレンジ。クイズの楽しさを味わってもらいました。
 
○授業5「邦楽邦舞を楽しむ!その②」
浦和第一女子高校・琴部・日本舞踊部同好会

浦和一女の琴部・日本舞踊部による雅の世界を楽しんでいただきました。




















  
 平成23年12月25日(日曜日)

○授業6「森から環境を考える」

浦和高校・環境委員会


埼玉県寄居町にある浦和高校同窓会「浦高の百年の森」を紹介しながら、環境、自然などについて学びました。
 
○授業7「浦高地学部による星空案内」
浦和高校・地学部

自作エアドームによりプラネタリウムを公開します。地学が大好きな浦高生が星空について熱く語りました。


 ○授業8「浦高生によるおもしろ実験教室」
浦和高校・化学部


楽しい実験で自分だけのオリジナル作品を作ったり,浦高生による”おもしろ実験”の披露を行いました。
 

○授業9「浦高寄席(うらこうよせ)」
浦和高校・落語研究会

一昨年好評だった浦和高校生の落語が今年、復活しました。巧みな話術で小学生講座の最後を飾りました。



H22年度「小学生のための冬休み特別教室」

さる平成22年12月25日(土)、26日(日)に、毎年恒例の「小学生のための冬休み特別教室」が開催され、延べ500名以上もの県内の小学生の皆さん、保護者の方々にご参加いただきました。ことしは、定番のクイズやプラネタリウムのほか、『論語』を読む授業も開催され、みんなで元気よく論語を素読しました。化学実験はあいかわらず大人気で、104名もの児童の皆さんの申し込みがあったので、二回に分けて実施しました。使い捨てカイロ作りや、さまざまな色のガラス玉作りなど、面白い体験に児童の皆さんは夢中で取り組んでいました。吹奏楽部は「イン・ザ・ムード」「ディスコ・キッド」などを演奏し、各楽器の紹介も好評でした。また、「森から環境を考える」もクエスチョンタイムを設けるなど、去年より更に充実した内容で、高校生と小学生との活発なやりとりがあり、あっという間の一時間半でした。

 ことしは、お昼休みの時間帯を使って、小学生の保護者の方を対象に、浦高、一女、大宮の三つの高校による高等学校の教育活動の説明会も実施しました。公 立高校ならではの充実した行事、きめ細かい進学指導、「授業で勝負」の教科指導など、最近の公立高校の様子を紹介しました。参加した保護者の方からは「
公立高校は魅力的で同窓会活動なども盛んだ。ぜひ頑張ってほしい。」などと反響が寄せられました。

H21年度「小学生のための冬休み特別教室」


 大好評のうちに終了

 さる、平成21年12月26日(土)、27日(日)、平成21年度「小学生のための冬休み特別授業」が開催されました
 この催しは、本校の高校生たちが、小学生のみなさんに、得意分野をテーマとする授業を行い、さまざまなことがらを教えることで、表現する力、伝えようとする力を養い、あわせて小学生のみなさんにも学習への興味関心を持ってもらおう、という趣旨で開催されました。また、小学生のみなさん、保護者の皆さん、そして地域、県民の皆さんにも浦高の教育活動をより知っていただこう、という狙いもありました。

 授業は、全部で以下の6つ、小学生の
参加延べ人数は約140名でした。

●26日に実施した授業
「浦高寄席」                
「森から環境を考える」           
「電気の不思議な世界をのぞいてみよう」   

●27日に実施した授業
「浦高地学部の星空案内」          
「浦高生のパフォーマンス」         
「きみもクイズ王」             



 参加者アンケートより

  参加した小学生からは、次のような反響がありました。
●浦高寄席 
とても笑ってしまいました。
あんなにおぼえてまちがえないでいえてすごいと思いました。

●森から環境を考える
森は大事で、生命の源だとわかった。
森を大切にしたい。代表委員なので、クラスのみんなにも今日のことを話したい。
森に木を植えてみたくなった。環境委員なのですごく興味深かった。


●電気の不思議な世界をのぞいてみよう
化学部のおにいさん達の説明や色々な実験などで、今まで知らなかったことがたくさんわかりました。今日の実験で理科にとても興味を持ちました。」 
液体窒素がおもしろかった。」  

●浦高地学部の星空案内
星空についてわかりやすく教えてくれたので、とても良い勉強になった。
自作エアドームをつくったのがすごいと思った。」 
プラネタリウムで普段見られない星が見られて、とても綺麗でした。」 

●浦高生のパフォーマンス
さらまわしをマスターしてたのしかった。またやってみたい。
中国ごまが思ったよりできるようになった。
マジックでは、クリスタルボールがけっこう重いのに軽がるやるのはすごいと思いました。

●きみもクイズ王  
浦高に行ってクイズけんきゅう会に入りたい。
個人戦でのぼりつめて優勝できて嬉しかったです。
早押しクイズで盛り上がれてよかった。