定時制トピックス

定時制トピックス

総合的な探究の時間

本日は総合的な探究の第3回目が実施されました。学年を超えて7つの分野に分かれ、それぞれがテーマを決め、じっくりと1年間探究を行います。

写真は左上からから順番に「身体表現」「もっと世界に目を!」「エッグドロップ(卵を高い場所から落としても割れない装置をつくる)」「身近な数学」「浦定スポーツクラブ」「魅力的な英語」「言葉と音楽」になります。

おいしい給食&自動水栓

定時制課程の特徴の一つとして「おいしい給食」があります。栄養士さんが栄養バランスをとことん考えてくれた特別な給食になります。ただ単に食事をするという意味合いだけでなく、食を通じて「心の癒し」や「健康管理」そして「公衆衛生」などトータルで食育を学びます。浦和高校定時制では希望制ではなく、生徒全員が給食を食べる体制をとっています。今回の新型コロナ感染症予防対策として、手洗い用の水道の蛇口をセンサーで稼働する「自動水栓」に取り換えました。これで手を洗った後も蛇口を触らなくて済み、より一層清潔な状況でおいしい給食を食べることができます。

期末考査用「勉強会」

定時制課程では期末考査1週間前から授業開始前と、終了後にテスト勉強会が実施されます。本日も授業が終わった後、生徒たちは自主的に勉強をしていました。多文化共生推進員の荒井先生もサポートに入ってくれました。テスト勉強頑張れ!

 

身体測定&1年理科ipadを使っての授業

7月1日(水)身体測定が体育館で行われました。身長、体重、視力検査等を測定。生徒たちは「背が伸びたー!」「縮んだー!」等と自分の成長が気になるようでした。視力検査装置は液晶画面に「C」が映しだされる新型です!

1年生の理科(科学と人間生活)ではipadを利用した授業を実施しました。生徒達には一人ひとりに県教育委員会からグーグルアカウントが割り振られ、今回は初めてのメール送信を行ったり、WEBを使って「密度」について検索したりしました。操作方法で分からないところはお互いに教えあって協力する姿も見られました。新1年生にとって、ICTを活用する授業の第一歩が踏み出せたようでした。今後の展開が楽しみです。

 

夜の避難訓練&生徒総会

 本日6月24日、定時制課程の避難訓練が行われました。今回は地震を想定した避難訓練で、実際に電気が消えた状態で暗闇を学年ごとに整列して教室から校門前のロータリーまで避難しました。全校生徒の移動完了時間は2分29秒でスピーディーでした。

 4限は令和2年度生徒総会が視聴覚室で行われました。本年度の生徒会スローガンは「Let's do what we can do now!~それが俺たちの浦定プライド~」です。このコロナの状況下でも、今やれることを一人ひとりがやっていこうという意味合いだそうです。硬式テニス部も本年度復活し部活動が盛んになっていくようです。