定時制トピックス

定時制トピックス

音楽セラピー教室

3月17日(水)「在り方生き方教育」の一環として「音楽セラピー」教室を実施しました。講師に音楽療法士の関郁史先生、島田了子先生、関根聡美先生をお招きして、音楽を楽しみながら、心と体をリラックスする楽しいワークショップを実施しました。オープニングは氷川きよしの「限界突破サバイバー」を三味線とキーボードと打楽器で元気よく演奏していただきました。次に聴いているだけではなく、生徒全員も様々な打楽器を持って一緒にセッションを行うなど、主体的に体を動かして「インスタントサクセス」を経験しました。また生徒のリクエストに応えていただき、中島みゆきの「糸」をピアノ演奏でしっとりと聴き、歌詞の中に出てくる「仕合せ」の意味なども解説していただいた後、最後は真っ暗な空間で水の滴る音色のフィーリング音楽を聴き、自分の心と向き合う経験をしました。講師の皆様、心安らぐ素敵なひと時をありがとうございました。

 

 

定時制課程 卒業式

3月16日(火)、定時制課程第73回卒業証書授与式が挙行されました。本年度の卒業生は9人です。皆スーツ姿のとても凛々しい装いで式に参加していました。新型コロナウイルス感染症感染防止のため、在校生や来賓の出席はなく、例年より短縮されたスケジュールで卒業式は行われました。水石校長からは東日本大震災、新型コロナウイルスパンデミック、渋沢栄一の言葉などを紹介した式辞が読み上げられました。(全文は校長の言葉に掲載しています)卒業生代表の小柴君からは「入学当初は夜間定時制という不慣れな環境の中で学校生活を送っていましたが、先生方や先輩方が温かく寄り添ってくださったおかげで、私達は充実した学校生活を送ることが出来るようになりました。」「この浦和高校定時制にいた時間が未来へと進む後押しになると私達は信じています。」と力強く語ってくれました。浦定を旅立つ卒業生の活躍を期待したいと思います。

学年末考査終了&大掃除

3月11日、令和2年度最後の学年末考査が本日終了しました。終了後は全員で大掃除を行い教室、廊下、窓、ロッカーの中などをきれいにしました。学年が上がり教室が変わる日が少しずつ近づいています。

一般募集「入学許可候補者」発表

3月8日(月)令和3年度一般募集における入学許可候補者の発表がおこなわれました。合格者のみなさんおめでとうございます。定時制課程の入学許可候補者説明会は3月24日(水)14時からです。当日持参する書類がたくさんありますので、早めの準備をお願いします。

 

定時制課程入試(学力検査及び面接)

 2月26日(金)及び3月1日(月)に浦和高校定時制課程の入試が行われました。2月26日は5科目の学力検査、3月1日は面接です。

 合格発表は3月8日(月)に行われます。本年度は新型コロナ感染防止対策で密を避けるため、WEB発表が午前9時から、校内での掲示板発表が午前10時から行われます。合格者は受験票を持参し、速やかに事務室まで書類を受け取りに来てください。

 

緊急事態宣言中における感染予防対策の徹底について

埼玉県教育委員会から「緊急事態宣言中における感染予防対策の徹底について」のリーフレットが届きました。引き続き御協力の程よろしくお願いします。※高解像度PDFファイルは一番下をクリックしてください。

★030224_緊急事態宣言中における感染予防対策の徹底について.pdf

 

 

キャリア教育プログラム

2月10日(水)定時制1年生から3年生を対象に、キャリア教育プログラムが実施されました。講師として認定NPO法人育て上げネット様(5名)に御来校いただき、1年生は「パーソナリティタイプ診断」、2年生は「MoneyConnectionⓇ(使う編)」、3年生は「仕事に必要な価値」についてワークショップ形式で御講義していただきました。3年生のプログラムでは桃太郎に出てくるキャラクターカードを使用しながら、決められた条件で川を船で渡る時の事を例えとして、仕事で必要な8つの力をチームで考えました。物事を解決するため「理解力」「問題発見力」「行動力」「継続力」「応用力」「発言力」「協力する力」「検証する力」など順番に思考していくことの大切さを学んでいきました。また、これら8つの力は全て学校生活の中で鍛えられるとの事でした。生徒からは「なるほど!」とか「そうか!」などリアクションも多く見られ、短い時間でしたが、それぞれのキャリアアップにつながったようです。講師の皆様ありがとうございました。

 

4年生「予餞会」

1月29日(金)定時制課程予餞会が開かれました。4年生は本日の学年末考査をもって、4年間の授業が全て終わり、来週からは家庭研修に入ります。予餞会は4年間の思い出のスライドショー、お楽しみビンゴ大会、有志による余興等、生徒会役員が中心になりコロナ対策をしっかり行った上で実施されました。緊急事態宣言の下では人前での歌唱が禁止されています。そこで2年生全員の有志は手話による歌の朗読を披露しました。また、教職員も事前収録の映像に合わせて別室からのギターと歌の生演奏を行ったり、影絵とピアノ演奏、独唱(事前収録)を利用した身体表現を行ったり、限られた条件の中、それぞれが工夫を凝らした演出で出し物を披露しました。最後の1年生生徒によるピアノ独奏では感動的な曲が披露され、4年生との別れを惜しむような素敵な雰囲気に会場が包まれました。4年生からは一人ずつお別れの挨拶があり「勉強できなくても毎日学校へ来れば大丈夫!」とか「残された一日一日を大事にして頑張ってください!」など後輩たちへの温かいメッセージが贈られました。浦定の総力を集めたとても温かい行事だったと思います。卒業まであと少しです!

 

 

「総合的な探究の時間」発表会

 1月19日(火)、総合的な探究の時間における発表会が実施されました。生徒は学年を超えて7つのテーマに分かれ、年間を通じて探究した成果を、全校生徒の前で発表します。本年度の総合的な探究の時間はコロナ禍の影響もあり、6月下旬からのスタートとなり、探究期間は少なくなりました。そして発表前には再び新型コロナ緊急事態宣言が発令となり、放課後等の時間を十分に活用することができませんでしたが、生徒たちは限られた時間の中で作成したプレゼン用のパワーポイントや手書きの模造紙等を使い一生懸命発表していました。これから年度末の3月にかけて、成果物をまとめた冊子を作る作業に入ります。

 ※7つのテーマ「エッグドロップに挑戦」「身近な数学を探究する」「もっと世界に目を開こう」「和製英語・英語の敬語」「言葉と音楽」「浦定スポーツクラブ」「手話を使った表現を学び、自由な発想で表現してみよう」

4年生「年金教室」

定時制4年生では「年金教室」が実施されました。日本年金機構浦和年金事務所様の御協力で年金制度を分かりやすく説明したDVDを鑑賞しました。20歳を前にした生徒たちには大切な勉強になったと思います。