定時制トピックス

定時制トピックス

埼玉県郷土の味「わらじかつ丼」&自転車交通安全教室

定時制の給食は栄養バランスをしっかり考え、安全安心でおいしい給食を提供しています。6月は埼玉県の食材や郷土メニューを提供する「彩の国ふるさと学校給食月間」となっており、本日は秩父名物の「わらじかつ丼」でした。給食スタッフの皆様ありがとうございました。毎月の献立と給食だよりはHP下の方に掲載しています。

 

1年生は「自転車交通安全教室」を実施しました。生徒指導主任の武井教諭がスライドを使用しつつ、クイズ形式で問題を出題していました。生徒たちは問題に対し活発に意見を出しつつ、交通ルールの基礎や陥りやすい間違いを学んでいました。定時制課程の生徒は徒歩と自転車で通学する生徒がほとんどですので、しっかりと交通ルールを守って安全に登下校してもらいたいと思います。

 

全国定通軟式野球大会県予選

6月13日(日)全国大会県予選の二回戦が大宮第二公園軟式野球場で行われました。(浦和、川越工業、大宮商業、越谷の4校連合チーム)

 相手は5月の新人戦において、5対5で引き分けた朝霞高校です。

 浦高定からは4年生3名が参加し、越湖選手が8番ファーストとして出場しました。試合は予想どおり接戦となりました。越湖選手は、ファースト守備でワンバウンド送球を好捕したり、ファールフライを好捕するなど固い守備を見せました。攻めでは、二回の打席はファールで粘り、四回はフォアボールで出塁してチャンスメイク、五回はレフトオーバーの二塁打を放ち、公式戦初安打となりました。萩原選手と管野選手は出番がありませんでしたが、三塁コーチやボールボーイの仕事でチームに貢献してくれました。

試合は残念ながら敗れましたが、攻守でしびれるシーンがたくさんあり、手ごたえのある試合でした。連合チーム監督の岡部先生の言葉どおり、各自が成果と課題を各校に持ち帰り、秋の大会へ向けてレベルアップしたいと思います。

 

校外行事「サッカー観戦」

6月9日(水)定時制校外行事としてサッカー観戦を行いました。浦和高校からも近い浦和駒場スタジアムに全学年で出かけ、天皇杯2回戦「浦和レッズVSカターレ富山」の試合を観戦しました。天候にも恵まれ、プロの熱い戦いを生で観戦することができ、生徒にとっても、良い思い出になったと思います。正々堂々としたスポーツマンシップが随所に見られるとても良い試合でした。(レッズが1-0で勝利!)

定時制保護者会

 6月4日(金)定時制保護者会が開催されました。保護者会の前の時間帯では、お子様の授業参観も自由にしていただけるプログラムとなっています。校長の挨拶の後、教頭から学校の概要説明があり、その後各分掌の主任(教務部、進路指導部、生徒指導部、保健部、事務室)からそれぞれの分野に係る話をさせていただきました。最後に保護者の皆様に自己紹介をしていただき終了となりました。6月1日からの1週間は教育面談週間となっているため、引き続き担任との三者面談に向かう保護者の方もいらっしゃいました。

本日は悪天候の中、ご参加くださり誠にありがとうございました。

今後とも本校の教育活動に御理解と御協力をお願いいたします。

全校校外進路行事

6月3日(木)全校校外進路行事が実施されました。大宮ソニックシティに1年生から4年生の全員で出かけ、「大学」、「専門学校」、「企業」の方々との直接面談する形式の進路相談会です。(ライセンスアカデミー主催)昨年度はコロナ禍の影響で一切の校外行事が実施できませんでしたが、久しぶりに学校を飛び出し、新鮮な気持ちで臨むことができたようです。本校の他にも大宮商業高校さん、川口工業高校さんの生徒もいて、活気に満ちた相談会となりました。生徒からは「本当に来て良かった」「企業の方々が真剣に説明してくれる」「来年も是非来たい」などの感想が聞かれました。

 

生徒総会

6月2日(水)生徒総会が開かれました。生徒会本部役員10名が壇上に座り、全体の議事進行を行いました。出席者は全員真剣な表情で参加しており、新役員紹介、昨年度活動報告、決算報告、本年度活動方針、活動予定、予算案審議等、全て承認されました。令和3年度生徒会スローガンは「少数精鋭~浦定魂見せつけろ~」です。本年度も新メンバーで頑張ってほしいと思います。

野球部大会報告

5月30日大宮工業高校にて、全国定通軟式野球大会県予選1回戦がが行われました。

本校は、4校連合チームとして、戸田翔陽高校と対戦しました。越湖選手(4年)が8番ファーストで先発出場し、攻守に活躍しました。井口選手(1年)は出番がありませんでしたが、ベンチにてサポート役を果たしました。

 試合は、4校連合チームが集中打で得点を重ね、15対4で4回コールド勝ちとなりました。

 次の2回戦は、6月13日に朝霞高校と対戦します。

テスト前勉強会&考査後の清掃

定時制課程では中間考査や期末考査の1週間前から考査当日の直前まで、「テスト前勉強会」が毎回実施されます。参加は原則自由ですが、1点でも多く点数をとってもらいたく、学習サポーター(大学院生)の方にも勉強を手伝ってもらうことがあります。本日は中間考査最終日でしたが、生徒会室で一生懸命勉強している生徒の姿がありました。また、定期考査最終日は清掃活動日となり、どの学年も日頃使っている教室を丁寧に掃除をします。

進路講演会

5月19日(水)定時制の3年生、4年生を対象に進路講演会を実施しました。進路情報研究センター「ライセンスアカデミー」様に御協力いただき、講師の野島様、河合様、小林様に来校していただきました。今回は学年を交えて進学または就職の希望別に部屋を設けての実施です。進学に係る講演では基本的な入試の日程概要や最近の入試傾向について映像を交えて丁寧にお話いただきました。また、就職に係る講演では履歴書の書き方や面接時のポイントを中心に手作り教材を交えて具体的にお話いただきました。特に「自分の長所をやりがいにする」ことの重要性などは生徒にとって良い刺激になったようです。4年生はいよいよ夏から進路決定の時期になります。本日の講演を参考に是非頑張ってほしいと思います。

 

定通総体兼全国高校定通サッカー大会埼玉県予選

定通総体兼全国高校定通サッカー大会埼玉県予選

1回戦 vs吹上秋桜 0-3

 5月16日(日)、狭山緑陽高校グラウンドにて定通総体兼全国予選1回戦を戦ってきました。本校は部員が9名のため春日部高校と合同チームを編成し、本大会に出場しました。結果は残念でしたが、春日部高校の選手と協力し、最後まで粘り強く戦う姿勢が見られました。この悔しさをバネにそれぞれの学校で研鑽に励み、秋の県民総合スポーツ大会では、互いに成長した姿が見られることを期待しています。

定時制バスケ部、大会報告

バスケットボール部定通総体結果報告

2021年5月16日、2年ぶりの公式戦に8名で参戦しました。
初戦の相手は、狭山緑陽高校でした。
開始早々3点シュートを決めるも、102対5で惨敗しました。(副顧問)

 

定時制野球部、大会報告

【大会名】定通軟式野球新人戦

【日 時】令和3年5月16日(日)小雨

【会 場】県立川口工業高等学校グランド

【対 戦】4校連合(浦和、大宮商業、川越工業、越ケ谷)VS  朝霞

【結 果】5対5 引き分け

(青いユニホームが浦和高校です) 

全国大会予選の準備として行われた大会です。試合会場は大宮第二公園野球場の予定でしたが、コロナ蔓延防止措置が適用され、急きょ川口工業高等学校グランドに変更して行われました。

 合同練習が禁止されていて、当日初対面となった4校連合チームですが、総監督である岡部先生(川越工業)の指揮のもと、試合前練習から積極的に声を掛け合い試合に臨みました。

 浦高定からは4年生2名が参加し、2番ファーストと8番センターで先発出場しました。前回大会では出場機会が少なかった本校ですが、今回はフル出場が叶い、緊張した中でも走攻守の経験を積むことができました。相手投手の高め速球に空振りする場面が多くあり、課題として受け止めました。

 次回大会は、5月29日から始まる全国大会県予選です。

 

 

 

スポーツテスト

5月13日(木)定時制課程のスポーツテストが行われました。あいにくの雨模様でしたので、種目を限って体育館で実施となりました。生徒たちは反復横跳び、上体起こし、長座体前屈、立ち幅跳びを学年ごとにローテーションをしながら元気よく測定に臨んでいました。計測された記録を見て「増えた!」「あと1センチ!」「勝った!」「負けた!」などとにぎやかながらも、片付けもしっかりと行うなど、とてもはつらつとしたスポーツテストになりました。

チームティーチング

定時制課程では個々への教育をサポートするべく、チームティーチングの授業を取り入れています。全ての科目ではありませんが、今回ご紹介するのは1年生数学の授業の様子です。メインの岡教諭の他、学習サポーターの伊藤先生、多文化共生員の川田先生に加わっていただき、3人体制で授業を行い「つまずきのある生徒」や「外国籍の生徒」を総合的に支援しています。

定時制「離任式」

4月28日(水)定時制課程の離任式が行われました。式には国語科の小島先生と給食担当栄養技師の石井さんのお2人にお越しいただき、最後の御挨拶をいただきました。今まで浦定に御尽力いただき、本当にありがとうございました。

 

身体測定

4月21日(水)身体測定が行われました。各学年の保健員が補助的に入り、しっかりと仕事をしてくれました。「身長が伸びた!」などの声もあがっていました。

総合的な探究・学習の時間オリエンテーション

4月20日(火)総合的な探究・学習の時間に係るオリエンテーションが行われました。

1年間を通じて1つのテーマを探究・学習し、最後は全員の前で発表をします。学年を超えて7つのグループに分かれるのも本校の特徴です。グループのテーマは以下のとおりです。

Aグループ 「表現総合~身体表現~」

Bグループ 「新聞を読んで社会へ目を開こう!」

Cグループ 「ドローンでプログラミングにチェレンジ」

Dグループ 「SDGsを考える」

Eグループ 「浦定スポーツクラブ」

Fグループ 「不思議な英語を見つける探究」

Gグループ 「ゼロから始める中国語」

 

防災訓練

4月19日防災訓練を実施しました。全校生徒が視聴覚室に集まり、教頭から防災に関する講話を聞いた後、防災に関するDVDを視聴しました。DVDでは地震後の復旧通電による火災が多いことが紹介され、停電した家を離れる場合はブレーカーを落とすことが重要とのことでした。その後緊急地震速報の放送を使用し、机の下に身を隠し、校庭まで避難する訓練を実施しました。生徒は皆真剣に取り組み、素早くしっかりした行動ができました。

 

新入生「対面式」

4月9日(金)定時制課程の対面式が行われました。生徒会長から新入生16名への挨拶がされた後、上級生から部活動紹介がありました。サッカー部は昨年度新調したユニフォームを着てアピールしたり、硬式テニス部はラケットとボールを持って部活動紹介を行いました。新入生代表の挨拶の後、上級生と新入生が向かい合って挨拶を行いました。新入生の皆さんは部活動なども体験しながら、早く夜の学校に慣れてくれると嬉しいです。

定時制「入学式、新任式、始業式」

4月8日(木)、令和3年度定時制課程の入学式が挙行されました。本年度の新入生は16名です。校長式辞では、現代を生きる我々は「新型コロナパンデミック・地球温暖化・少子高齢化・AIやIoT、ビッグデータといった新たな価値等」の中で、様々な危機や困難を乗り越えて、新たな世界や社会を構築していかなければならない。新しい発想で構築されるであろうこれから先の社会を、希望をもって前向きに生きていこう。という内容の話がありました。(全文は校長のことばに掲載してあります)浦定での4年間が素晴らしいものになるよう、新入生の皆さんには「浦定チャレンジの精神」をもって頑張ってもらいたいと思います。

夕方からは在校生による始業式、新任式が行われました。

まずは、この4月から浦定にお越しになった4人の方々の紹介が水石校長からありました。

続いて始業式では「改めてチャレンジすることの大切さ、妥協をせず、失敗の中からもメンタルを鍛える重要性」などの講話が校長からされました。また、生徒指導部の武井教諭からは、「チェレンジするからにはしっかりとした成果目標をもって取り組んでもらいたい」との講話がされました。1学年分上級生になった彼らの表情は皆真剣で、少し大人びてみえました。本年度もコロナ禍の中でのスタートとなりましたが、希望をもって前向きに進みましょう。