浦高Topics

浦和高校の今をお伝えします!

Topics 1年次 総合的な探究の時間 講演会

6月12日(水)、1年次では6,7限の総合的な探究の時間に一般社団法人Glocal Academy代表理事の岡本尚也氏をお招きして、課題設定やリサーチクエスションを磨くための講演をいただきました。現在1年次では、夏休みにかけて身のまわりの疑問から問いや仮説を立てて検証し、探究地図の作成を計画しています。今回の講演会では、その前提となる課題設定の難しさやブラッシュアップのコツなど心構えから方法まで具体的なお話をいただき、生徒の質疑にも丁寧にお答えいただきました。生徒は講演を踏まえて、再度自身の課題設定の見直しを図り、調査の準備を行いました。

 

Topics 第72回体育祭

6月1日(土)に第72回体育祭が行われました。今年も体育祭実行委員を中心として体育科教員や各クラス運動員、部活動の生徒などの協力のもと準備・運営を行いました。昨年度からルール改正等もありましたが、運営も非常にスムーズに行われ、好天の下で素晴らしい体育祭になりました。

1・2年生も決勝種目に進出するなど健闘を見せましたが、3年生が意地を見せ、順位上位を占めました。

優勝 39R  2位 38R 3位 29R

パネル優勝31R クラスパフォーマンス優勝 35R

 
(左 クラスパフォーマンス   右 鉄人レース)
 
(左 忍者レース  右 綱引き ※ 優勝は教員チーム)
 
(左 ピラミッド早作り    右 2年学年種目 綱取り)
 
(左  各クラス得点     右  体育祭実行委員メンバー)

Topics 綱引き予選

5月24日から昼休みを利用し、体育祭の綱引き予選が行われています。
5月31日には、準々決勝が行われ、体育祭内で行われる準決勝に出場します。
今年度は、2年生の1クラスも準決勝に進むなど、健闘しています。
明日の体育祭では、より熱い戦いが観られることを期待しています。
 
 

Topics 壮行会・生徒総会・立会演説会

5月27日の7限を利用して、壮行会、生徒総会と前期生徒会長・副会長の立会演説会が行われました。
猛暑の中での壮行会でしたが、関東大会や全国大会出場を決めた部活動へ、気温以上の熱いエールがありました。
 
生徒総会では、昨年度後期生徒会役員を務めた生徒を中心に運営され、生徒会予算などが決定しました。
また、立会演説会では生徒会長、副会長の候補者の演説と応援弁士による応援演説が行われました。投票は5月28日に行われています。生徒は各々が投票に行くことで、生徒会を中心とした浦和高校の生徒自治を意識します。
生徒がより主体的になる浦高自治をめざし、生徒一人一人が考えて行動してもらえればと思います。
 
(左)立会演説会  (右)投票の様子

Topics サッカー大会

一次考査明けから放課後を利用して、サッカー大会が行われていました。
このサッカー大会を皮切りに、12月のラグビー・バスケ大会までのスポーツ大会の結果に、新入生歓迎マラソンや体育祭の結果を加算して、年間のスポーツ大会優勝クラスを決定します。このスポーツ大会のトーナメントには教員チームも参加します。
  

5月27日にはサッカー大会の決勝が行われ、38Rと教員チームが対戦しました。
38Rは惜しくも破れてしまいましたが、最後まで戦い抜いた3年生に対し、
観客の生徒からも大きな声援が飛んでいました。

現在、昼休みを利用して、体育祭の予選でもある綱引き大会が実施されています。
上級生だけでなく、1,2年生の健闘も期待します。

Topics 新入生歓迎マラソン

510日(金)、今年一番の暑さの中新入生歓迎マラソンが比企郡滑川町の武蔵丘陵森林公園で行われました。およそ10キロのコースを1年から3年の835名の生徒が走り切りました。入学後1か月間体育の授業で持久走に取り組んだその結果を出し切り、1年生も上位に多くの生徒が食い込みました。特に、16Rの吉野くんが、なんと上級生たちを抑えて36”03の記録で第一位という快挙を成し遂げました。

 少しでも前に出ようと必死。
  
上級生を抜きにかかる1年生。
 
車いすの生徒も見事に完走しました。
  
ゴール手前で上級生に差をつけ1位でゴールイン。

Topics 埼玉大学聴講生徒 修了証書授与

5月7日(火)に、昨年度、埼玉大学聴講制度により、埼玉大学にて授業を聴講した生徒に対し、埼玉大学から頂いた修了証書を校長室にて表彰しました。
 
 この埼玉大学聴講制度は、平成12年4月から、浦和高校の2・3年生を対象に行われております。
 希望する浦高生に対しては、埼玉大学の講義の一部の聴講が認められています。これは、「生徒にナマの大学を見せる。それだけでなく、大学生に混ざって講義を受けさせたい。それも単発に終わるのではなく、最初から最後まで継続して受けさせたい。それが実現できれば、生徒が志望大学を決定するのに、ブランドや合格可能性といったものに流されず、大学で何を学ぶのか、という当たり前ではあるが、とても望ましい視点を与えてあげられる。」と考え、本校から埼玉大学に持ちかけ実現したものです(平成12年3月「埼玉大学公開講座に関する協定」を締結)。国立大学と高等学校がこのような形で連携するのは、日本で初めてのことであり、高校在学中から高いレベルの学問に触れることが可能になったわけです。しかも受講生は、埼玉大学の図書館を利用できるという特典までついています。
 さらに平成18年3月、浦和高校を含む県立学校6校と埼玉大学との間で「埼玉大学高大連携講座に関する協定」を締結しました。これによって、埼玉大学の単位の認定を希望する受講生が、大学の「単位修得に関する規則」に基づき、大学の単位を修得することができるようになりました。

 毎年数名の生徒が受講し、浦和高校の授業が終わった後、埼玉大学に移動し、授業を受けています。レポートや試験も大学生とともに受験し、Sの評価(最高評価)をもらう生徒も少なくありません。
 今回参加した生徒も生体学や哲学などあらゆる分野で受講し、これからの進路にもつながる授業を受講しました。

Topics 1年次「総合的な探究の時間」始動

 学習指導要領の改訂により本年度入学生から従来の「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に変更となりました。本校ではその目的や意義を踏まえ、「課題設定、調査研究、発表、評価」といった探究のプロセスを通じて各自の資質・能力の向上はもちろん人間的成長を促せる取り組みを計画しています。
 1年次では4月17日6限に全体ガイダンスを行い、今後の流れを確認しました。また、どのように「探究」していくのか、その意義を本校教員が全体に講義しました。
 

そして4月24日は各自が考えた身近な疑問を題材に課題を決め、グループワークによる議論・検討を経て、これから行う現地調査の準備を行いました。
 

Topics 離任式

19日(金)の午後、体育館にて離任式が行われました。
今年の3月で転出なされた3名の先生からお話がありました。
離任式でのお話は浦高生にとって転出なされた先生方による「浦和高校最後の授業」となります。

   

先生方からは浦和高校での体験や生徒へ伝えたいことなど、それぞれの教科の内容等も踏まえながらのお話となりました。最後に感謝を意を込めて生徒会から花束贈呈、そして肩を組んでの校歌斉唱、転出される先生方へのエールで終わりました。

Topics 壮行会

4月15日7限に体育館にて壮行会が行われました。
この壮行会は、これからインターハイ予選に向かう様々な部活動に向けてのものでした。
新学期も始まり、様々な公式戦も始まりつつあります。
生徒会長の言葉にもあったように、「令和」という新しい元号を浦和高校への追い風として、浦高生の活躍を期待したいです。