定時制トピックス

定時制トピックス

4月の浦定②

4月19日(火)の4時間目において、本年度の総合的な探究の時間(略称:総探)オリエンテーションが行われました。

今年も先生方が趣向を凝らした7つの講座を開設し、生徒たちは各自の興味に合わせて選択し、学年の垣根を越えて深い学びを追究する時間となっています。

各講座ともどんな成果を発表してくれるのか楽しみです!

4月28日(金)には離任式が行われました。この3月までお世話になった先生方3名に御来校いただき、最後の御挨拶をいただきました。

日吉校長先生からの御紹介の後、水石明彦 前校長先生からは「君たちにはまだまだいろいろな可能性があります。これからでも遅くはありません。」という励ましを、森俊成 前教頭先生からは「努力する人は希望を語り、怠ける人は不平を語る」という格言を、そして岡雅昭先生からは「『やってみる』ことがやがて『習慣にする』ことへとつながります。だから、『まず、やってみる』ことが大切です」という「浦定チャレンジ」をまさに表したエールを、それぞれいただきました。

その後、お世話になった先生方へ代表の生徒から花束が贈呈され、名残惜しさも残しつつ式は終了しました。

当日御出席いただけなかった方々も含め、これまでお世話になった先生方の今後の御健康・御活躍を願いますとともに、これからもそのお礼として私たち浦定はチャレンジする姿を見せ続けていきたいと思います!

4月の浦定①

4月に行われた行事を紹介します。

始業式・入学式の翌日、対面式が行われました。

13名の新入生を、先輩となる在校生が温かく迎え、部活動紹介などを行いました。

また、新入生代表のあいさつも、立派に行ってくれました。

これからの学校生活が楽しみです!

 

4月18日(月)には全校で防災訓練を行いました。

はじめに校長先生から、「訓練でできないことは本番でできません」という訓示をいただき、続いて防災教育動画を視聴し、地震などの災害時に対する心構えを学びました。

その後避難訓練を実際に行いました。当日はあいにくの雨であったため、避難場所を体育館に変更しての訓練でしたが、あわてず騒がず、落ち着いて行動ができていました。

「いざという時のために日頃からの備えは大切である」と、あらためて実感できた1日でした。

令和4年度が始まりました

4月8日(金)、よく晴れた天気の下、浦定の新年度が始まりました。視聴覚室でまず令和4年度入学式が行われ、13名の新入生が入学しました。校長式辞では、北京五輪後にフィギュアスケートの羽生結弦選手が語った言葉と関連して、「失敗を恐れずチャレンジすることの大切さ」と「そのチャレンジの積み重ねが自信につながる」という内容のお話が新入生に送られました。(全文は校長のことばに掲載してあります)浦定での4年間が素晴らしいものになるよう、新入生の皆さんには「浦定チャレンジの精神」をもって頑張ってもらいたいと思います。

続いて夕方から、在校生による新任式・始業式が行われました。

まず、日吉校長先生をはじめ、今年度新たに着任された7名の方々が紹介されました。

続く始業式では、校長先生より「これからも新型コロナウイルス感染予防対策の徹底を」という内容と、「入学した時の思いを忘れずに、いろいろなことに自信をもってチャレンジしてほしい」というエールが在校生に送られ、生徒指導の武井教諭からは「何か目標をもってチャレンジすることの大切さ」が伝えられました。講和に耳を傾ける在校生たちの表情は、新年度を迎えてまた少し頼もしくなったように感じました。そして式の終わりには、春休み中に行われたクリーンアップチャレンジの表彰式も行われました。

今年も新型コロナ対策は続きますが、これからの一年も、みんなで希望と自信をもって歩み続けられるようにしたいですね!

 

桜満開です

令和3年度もいよいよ本日で終わり、明日から新年度がやってきます。浦和高校の桜もみごとなまでに満開に咲き、これからやって来る新入生を歓迎しているかのようです。浦和高校でとびきりな新生活をスタートさせましょう!

地域清掃活動

3月25日(金)定時制春休みの初日、生徒会が中心になって地域清掃活動「クリーンアップ作戦」を実施しました。Aチーム、Bチームに分かれ学校周辺のごみを拾います。清掃中、ご近所の方からは「ゴミ拾いお疲れ様」などと声をかけていただきました。小一時間ほど清掃活動をし、ごみの量を計測した結果、Aチームが4.35㎏のゴミを集め優勝しました。ボランティア活動に大いに貢献したAチームには生徒会長から賞状が贈られました。有志で参加してくれたみなさん、お疲れさまでした。