浦高Topics

浦和高校の今をお伝えします!

Topics SGH中間報告会

文化祭2日目、麗和会館にてSGH中間報告会が開かれました。2年次総合的学習の数あるアドグル(アドバイザリーグループ)の中から、「見沼学」(代表:高井くん、小出くん)と「隠岐諸島(島前)と埼玉県の比較」(同:久保田くん、水野くん)の2グループがそれぞれの課題研究の内容を発表しました。その後、7月に行われたグローバル・リンク・シンガポールの参加者を代表して宇高くん(3年)、3月海外短期派遣でデンマークを訪問した20名を代表して、岩井くんと田澤くん(共に2年)がそれぞれの課題研究の成果を発表しました。また、この夏、米国ミシガン大学、スタンフォード大学、英国ウィットギフト校のサマースクールに参加した5名の2年生(幅くん、山田くん、杉山くん、樋口くん、斎藤くん)によるパネルディスカッションが行われ、それぞれの経験が共有されました。


   
 「見沼学」(2年高井くん、小出くん) 「隠岐諸島(島前)と埼玉県の比較」(2年久保田くん) 
   
 「隠岐諸島(島前)と埼玉県の比較」(2年水野くん)  グローバル・リンク・シンガポール(3年宇高くん)
   
 ウィットギフト・デンマーク派遣(2年岩井くん、田澤くん) パネルディスカッション 

Topics 浦高祭2日目

本日浦高祭2日目が公開されました。2日間で11,000名(初日3,268名、2日目7,732名)もの方がご来場くださいました。ありがとうございました。
   
正義のヒーロー登場! 某番組にあやかれ! 
   
 34Rプーさんのハニートラップ  吹奏楽部も熱演
   
毎年好評でマネキンチャレンジ。  浦高生と真剣勝負 
   
狙いを定めて…  四校ロボコン 
   
 SGH中間報告会 後夜祭を彩る花火 

Topics 浦高祭1日目


あいにくの雨模様でしたが、本日より浦高祭が開催されます。
初日は13時~16時まで公開となりました。

 
(左 入場門:ハーバード大学メモリアルホール)          (右 来校者への熱烈な歓迎?!)

 
(左 人気のアトラクションには長蛇の列が!)           (右 ドアを開けたらそこはジャングルでした…)

 
(左・右 いろんな浦高生がみなさんをおもてなし)      

 
(左 食品の販売もございます)                  (右 アロマキャンドル作り)

  
(左 ろくろ体験)                        (右 最強王決定戦 パワフルに雑誌を破っています)        

明日も9時より一般公開となります。
皆さまのご来校心よりお待ちしております。

Topics 水泳大会

9月7日午後、11日の放課後を利用して、本校屋内プールでスポーツ大会の1つである水泳大会が実施されています。
 
各クラスの代表者が出場し、自由形や平泳ぎ、バタフライなど一般的な競技に加え、後ろ向きに泳ぐ競技などでも、プール内は歓声で盛り上がっています。
中には水泳部顔負けの泳ぎを見せる生徒もいます。
7日の多くの競技は予選ですが、11日には決勝の他、クラス対抗16人リレーも行われます。
 

Topics 二学期始業式

9月3日(月)に二学期始業式が行われました。
 
(中庭に咲く花々)

小雨の降る比較的涼しい気候で秋らしさを感じる中での始業式となりました。
校長からは「浦高生のあるべき姿」についての話がありました。
これから9月中旬には文化祭もあったり、関東大会や様々な大会に出場する浦高生もいます。
是非こういったことを念頭に行動してほしいところです。
 
(左 校長講話)(右 壮行会)

また、始業式の前には、夏休み中にミシガンサマースクールなど海外に短期派遣した生徒の報告や壮行会もありました。
さらに、8月に行われた日本生物オリンピック本戦で、見事銅賞を獲得した1年生の井上健彰くんの表彰も行いました。
井上君は日本代表候補者となります。
 
(左 生物オリンピックの表彰)(右 ミシガンサマースクール報告の様子)

日本生物オリンピックについての詳細はこちらのページをご覧ください。
ミシガンサマースクールについては、UM MMSSのページをご覧ください。

Topics SLICEプログラム実施(1年次)

8月27日~29日にかけて、浦和高校を会場としてSLICEプログラムが実施されました。
このプログラムは、ハーバード大学の学生と3日間英語のみでディスカッションを行うプログラムで、今年度初めて行いました。
グローバルな活躍を希望する浦高生77名が、ネイティブの学生から主にスピーキングの特訓を受けました。
参加した1年生は3日間英語漬けという体験に戸惑いつつも、最終日の英語プレゼンは堂々と発表することができました。
 

私は、この三日間のプログラムに応募参加して、本当に貴重な体験ができたことに喜びを感じる。毎日が衝撃的かつ刺激的だった。まず、最初から振り返っていくと、プログラムが始まる前の準備から話したい。

私はこのプログラムに向けて1つの目標を作った。それはディスカッションの時に誰よりも早く意見を言える、というものだった。私は幸い、海外に短期で留学したことがあったため、外国の方と英語で話すことに対しては抵抗がなかった。ただ、その次のステップに進むためには、積極性が不可欠だと思ったので、このことを目標に決めた。そして、いよいよプログラムが始まった。ハーバード生の自己紹介の時は、どんな話をしてくれるのだろうと、これから三日間に大きな期待をいただいたのを覚えている。

本格的にプログラム内容がスタートする。まず、「遺伝子操作」のグワークショップだ。ハーバード生の質問に対し、みんなで議論をしていく形で授業が進む。生物学的視点、倫理的な視点など、様々な角度から物事を考えていく楽しさを感じた。

続いてのワークショップは2日目。「女性の権利」についてだ。私は男子校にいるので女子と関わることが少なく、女性の権利について深く考えるという機会が少ない。このワークショップを通して女性の地位向上のためには、何ができるかということを本気で考えることができた。そして最後のワークショップは「移民」についてだ。私は、先日、フィンランドの移民問題についてのニュースを見たばかりということもあり、特に関心があった。私の班では、「もし日本がより多くの移民を受け入れ決定したらその準備として日本は何をすべきか?」ということを議論した。実現したら良いだろうなというアイディアもいくつか出て、とても有意義な話し合いだった。  

このように3つのワークショップはとても楽しく刺激的だったが、私の1番の思い出はハーバード生との会話だ。自分のしっかりした考えや志を持っている姿に対し、本当に尊敬をした。このようにハーバード生と英語で話している時は不思議と自分が別人になったような感覚がした。良い意味で人格が変わったようだった。その感覚を私は一生忘れないと思う。そしてハーバード生の姿を見て、将来的には海外で学びたいという思いが強まった。そのためにも今から努力を重ねていきたい。この三日間の素晴らしい体験を私は一生忘れない。

 

Topics 第1回教育活動説明会

8月25日(土)の午前中、市民会館おおみやを利用して、第1回浦和高校教育活動説明会を行いました。
事前に登録して頂いた小中学生の児童生徒及び保護者の方々約900名が参加しました。
校長挨拶、教頭による入試説明の後、三宅教諭による本校の教育活動説明、卒業生によるパネルディスカッションが行われました。
  

本校の教育活動説明の中では、普段の授業の様子も動画で紹介され、主体的に学ぶ浦高生の様子が映し出されました。新学習指導要領の中でも「主体的・対話的で深い学び」について記されており、本校でも今までの教育をさらに継続させつつ発展させる必要があると考えています。英語四技能についても既に本校の英語科等の授業計画にも組み込まれております。

また、説明やパネルディスカッションの中でも、本校の進路指導の取り組みも紹介されました。3年間を通した計画的な進路指導や予備校に頼らなくても対応できる授業や個別添削なども、公立高校とくに浦和高校に志望する際の参考になればと思います。
詳しい進路指導の内容は、「進路指導のページ」をご覧ください。
 
途中では、校歌・応援歌紹介が行われました。本日現役生がコンクールで出席できないため、急遽18名のグリークラブOBが協力して、校歌紹介が行われました。こうしたOBの協力も本校にとっては大きな支えとなっております。
パネルディスカッションも含め、説明会にご協力いただきましたOBの方々ありがとうございました。
 
また、猛暑の中、本日説明会に御参加してくださいました小中学生や保護者の皆様にも御礼申し上げます。

第2回の教育活動説明会は10月27日(土)に本校体育館で開催を予定しています。
申込登録は9月中旬より行います。基本的に第1回と内容は同じになりますが、第2回はパネルディスカッションのパネラーが現役生になったり、体育館後方では授業で取り扱っている教材なども展示いたします。
第2回の御参加もお待ちしております。

<本日参加した方からのアンケートに記載されたコメント>
・卒業生のパネルディスカッションは大変参考になりました。充実した高校生活が伝わってきました。勉強だけでなく、部活動も学校行事も全力で取り組んだのですね。グリークラブOBの校歌も感動しました。
・大学入試に向けて手厚い指導がされていることがよくわかった。 現役進学率が低いのは、第1志望を重視している結果だとわかり安心した。
・今日の説明会は本当に有意義で参考になる楽しい内容でした。 やはりこの学校しかない!と思いました。 あとは頑張るのみです!
・土曜公開授業の時の説明会では聞けない情報や、授業風景、卒業生の生の声を聞くことができて大変参考になりました。 大変興味がわきました。
・進路選択の為に参加させていただきました。 公立高は色々な面で私立高と違い面倒見がよくないというイメージがありましたが 今日の説明会で浦和高校にはそれが当てはまらない事がわかりました。 授業風景や学校生活も是非拝見したいと思いましたので、公開授業や文化祭に伺いたいと思います。
・グリー部の歌が素晴らしかったです。 暑い中、OBの方が集まってくださって、浦和高校への愛を感じました。
・学校行事のスポーツ大会が多いことが心配でした。しかし、説明会に参加して学校の雰囲気がとても良いこと。授業風景を見て自分もこういう環境で勉強したいと思う気持ちが強くなったようです。また、今年卒業された先輩方のお話を伺い、自分も苦手なこと、苦しいことから逃げずに挑戦してみたいと本人の口から聞くことができました。私たち親子にとってとても有意義な時間でした。

Topics 長期留学生 藁谷君卒業式

7月20日(金)の午後、麗和会館にて70期生の藁谷二千翔くんの卒業式が行われました。
藁谷君は2017年9月より1年間英国の姉妹校であるウィットギフト校に留学しており、その単位を浦和高校での単位として卒業となりました。
 
同期である70期生は今年の3月に卒業したため、一人きりでの卒業式となりましたが、部活やクラスの仲間たちも駆けつけ、厳かに卒業式を執り行いました。
藁谷君は9月からはウィットギフト校に戻り、英国留学二年目を迎えます。
これからの活躍を期待しています。

Topics 一学期終業式

7月20日体育館にて終業式が行われました。熱中症なども心配される暑さのため、生徒は飲み物持参という形で行いました。
 
終業式に先だって、一学期中のスポーツ大会、文化大会の表彰やインターハイへ向かう部活への壮行会、海外留学していた生徒の報告会やこれから留学する生徒の決意表明など盛りだくさんでした。
 
海外留学した生徒の報告会では、一年間英国に留学した藁谷君や米国に留学した川上君の報告もあり、これから海外へ目を向けていかなければいけない生徒たちにとって、非常に参考になる報告会だったようです。
夏休み中は、多くの部活動が暑い中活動していきます。
体調管理に気を付けながら、二学期の始業式を迎えられればと思います。

Topics 臨海学校(1年次) 4日目


最終日も天候、水温ともに好条件。
予定通り遠泳を実施することができました。
中級、上級ともに成果を発揮しました。
最後は校歌の大合唱で締めくくりました。

これで臨海学校の全行程が終了となります。
支えてくださった皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。