浦高Topics

芸術鑑賞会「狂言」

 7月5日(金)の午後、埼玉会館大ホールにて全校生徒で芸術鑑賞会を行いました。

本年度のテーマは日本の古典芸能「狂言」でした。

 今回は「棒縛(ぼうしばり)」と「仁王(におう)」の2本の演目を、三宅狂言会の

皆様のご出演により鑑賞したほか、解説や体験コーナーも設けていただき、楽しみながら、

狂言の面白さや独特な表現の特徴、そして奥深さを体験し感じ取ることができました。

 特に「仁王」では、5名の生徒が装束を付け、狂言の舞台作法に則った所作で参詣人の

役を演じ大喝采を浴びました。各自の”お願いごと”を台詞にして披露する場面では、

会場中が大きな笑いに包まれました。

 これから広く世界へと羽ばたいていく浦高生たちが、日本の伝統文化の素晴らしさを

広める機会もやがて訪れるのではないでしょうか。

 

狂言体験コーナー

 

「仁王」参詣人の役の生徒が”お願い事”をするシーン

 

 参詣人役の生徒が仁王にお供えをするシーン