日誌

ラグビー部 7人制ラグビー選手権大会結果報告

6月18日(土)県営熊谷ラグビー場西グラウンドにて7人制大会が開催されました。普段の15人制ラグビーとは違い、7人制ラグビーは試合時間が前半後半7分ずつ計14分で、スピーディーな試合展開が特徴的です。本校は、上位進出を目指して試合にのぞみましたが、2回戦で敗退してしまいました。詳細は以下の通りです。

1回戦  浦和高校 49-0     朝霞高校
       前半 21-0
       後半 28-0
2回戦  浦和高校 14-26 所沢北高校
       前半 14-5
       後半    0-21

1回戦の朝霞高校戦は7T7Gで快勝し、2回戦も本校が先制点を奪い前半6分までは主導権を握っていました。しかし、前半終了間際に相手にトライを奪われると、流れが急に相手チームに移ってしまい、後半も3トライを立て続けに決められてしまいました。我慢するべき時に我慢しきれず、流れを取り戻そうという焦りが、さらにミスを誘発してしまい、逆転することができませんでした。

 あるラグビー全日本代表の選手が、強いチームとは「全員の判断が一緒になるチーム」だと言っていました。今日の敗戦は選手にとって非常に悔しい敗戦でしたが、これを機に、選手達が修正点を話し合い、判断力を磨いてさらに強く成長することを期待しています。

 今年の夏休みは菅平での合宿を予定しています。この合宿を通じてチームがさらに強くなり、花園予選でも最高の報告ができるよう頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします。