柔道部 活動報告

柔道部 令和5年度全国高校選手権柔道大会埼玉県予選

令和6年1月7~8(日、月)の2日間、県立武道館で標記大会が開催されました。大会結果は以下の通り。

 

【男子団体戦】

2回戦 浦高 3ー2 松山(北部地区1位シード校)

3回戦 浦高 4ー0 春日部共栄(東部地区3位シード校)

準々決勝 浦高 1ー4 ふじみ野(西部地区2位シード校)

※県大会ベスト8

 

【男子個人戦81㎏級】

緒方(3位入賞)

富塚(1回戦敗退)

 

初戦の松山高校は、今夏行われたインターハイ予選で0-5のスコアで大敗した今大会第1シードの強豪校です。格上の相手に対して、また体格で上回る相手を目の前にしても怯まず、選手は覚悟を決めて攻撃柔道を貫き、勝利しました。惜しくも準々決勝戦で敗れたものの、遂に目標としていた「県大会ベスト8」を達成することができました。大舞台でも臆せず、自分達の力を信じ、発揮する選手たちを誇りに思います。

また、個人戦においても部長の緒方が3位入賞を果たしました。怪我に苦しみ、柔道ができない苦しい期間が続きましたが、地道に努力を重ね、その努力が報われました。「県大会団体ベスト8進出」、「県大会個人戦3位入賞」はどちらも本校では二十数年ぶりの事です。

今回の結果を自信にするとともに、驕らず、自分達らしく「自然体」で引き続き頑張ります。当日応援に駆けつけていただいた保護者、OBの皆様、ありがとうございました。

 

大会結果詳細→高体連柔道専門部

<県大会個人戦3位入賞&団体戦ベスト8進出>