19期生 竹村君 英国からのたより

英国からの便り1月号

  皆さんお久しぶりです、ウィットギフト長期留学中の竹村直敏です。相変わらず縮こまるような寒さで参ってしまいます。こちらではIB一年目の後半戦が始まり、これからはもっと果敢に挑戦していこうと意気込んでいるところですが、皆さんはいかがお過ごしですか。3年生はいよいよ勝負の時が近づいていますね。1,2年生も進級に向けて今は大事な時期だと思います。今しかできないことを全力でできるように心がけたいですね。

さて、実は新しい学期に入ってからは特に目立ったイベントはなくなかなかネタが見つからなかったのですが、ウィットギフトでの生活にも余裕が出てきて視野が広くなった今、改めて感じた浦高との違いや外部から見た浦高のイメージなどを書いていこうと思います。

 

 

 まずは学業面においてです。最大の違いは学校の枠を超えた学びへの意欲だと思います。こちらでは学校を超えて自分の興味関心を満たすための行動をとることが強く奨励されており、生徒たちは外部講師の授業や一般公開されているレクチャーを聞きにいったり、興味ある分野に関する動画を見たり本を読んだりなどカリキュラムを超えて学んでいます。つまり、学校を超えて、自分の好奇心を満たすという自主的な学習が大きく要求されています。浦高にいた頃の自分はあまりできていなかったので少し手こずっています。浦高では麗和セミナーがこれに似たような役割を果たしていると思いますが、正直なところ三兎を追うのに忙しい浦高生は少し学校を超えた活動には手を伸ばしにくいのではないでしょうか。(僕が知らなかっただけでやっている人もいると思います。その人はすごいです。)確かに、これを可能にしている要因の一つにはウィットギフトの部活の拘束力の弱さや、浦高に比べてそこまで切羽詰まっていないという状況もあるのではないかと思います。

 次に、特定の科目の話になってしまいますが、浦高とウィットギフトの化学の授業の違いについて話そうと思います。まず、実験の数がとても多いです。頻度としては浦高の物理実験よりも多いのではないでしょうか。実際、前学期の後半では週に一回化学の実験とそのレポート提出がありました。レポートも割としっかりしたもので、1回の実験につき10ページ程度のレポートを書かなければいけません。さらに、教え方も少し違うような気がします。こちらではどういう現象が起こるかではなく、どうしてその現象が起こるのかに焦点を当てており、そのため、テストでも現象のメカニズムを説明させる問題が多く出ます。今までやった範囲の中で特に色濃く違いを感じたのは無機化学の分野でした。浦高にいたころは反応式や沈殿、溶液の色などを頑張って暗記していた記憶がありますが、(僕の勉強の仕方が間違っていた?)こちらではなぜその反応になるのか、なぜその色になるのかなど、仕組みについて学びました。あやふやだった論理が自分の中でしっかりしたものになって、個人的にはとても楽しめています。ただ、このような違いも、前回触れたように、IBと日本の大学の求めているものが違うからだと思います。

 

 部活動は浦高ほど盛んではありません。体育祭や文化祭などの行事もないので、人とのつながりは浦高にいた時の方が強かったと感じています。また、これは浦高に限らず日本のような集団主義的価値観と西洋の個人主義的価値観の違いでもあるとは思いますが、浦高の方が結束力があって逆にウィットギフトは個人個人という感じはします。もちろん放課後に残ってみんなで勉強!という風習もありません。そもそも「クラス」という概念が薄いな~と感じています。なんとかしてもう少しみんなとの絆を深めたいところですね。

しかし、先生と生徒の関係はウィットギフトの方が強いかもしれません。進路指導など、浦高では1人の担任が40人のクラス全員を見るのに対し、ウィットギフトでは各教科担当の先生と1対1で面談することもあります。授業クラスの単位も10人前後と小さいので生徒一人一人によく目が行き届くのではないでしょうか。担任の先生のみが生徒の成績、進路について大きく関与するのと、教科ごとに担当の先生と成績、進路の相談をするのは大きな違いだと思います。

 改めて知った浦高の良さはやはり生徒同士のつながりの強さだと思います。忙しすぎるせいで生じるデメリットもありますが、それだけ密度の濃い時間をずっと一緒に過ごしているだけあってとても絆が強いと思います。大事にしてください。また、浦高は「公立の星」、「(格差のない社会の)最後の砦」なので、皆さんぜひその伝統をなくさぬよう頑張ってください。

 

 最後に、この場をお借りして3年生のみんなにエールを送らせてください。(そのために頑張って1月中に間に合わせました!)72期生のみなさん。残すところあと少しなので、さすがの浦高生も少しはピリピリしているのではないのでしょうか。本番も緊張するかもしれませんが、72期のみんななら大丈夫です。どんな形であれ、今までの辛い時間を耐え忍び乗り越えてきたみんなはもう十分にすごいし、誇りに思います。そんなすごいみんななら絶対にうまくいくと信じています。本番、自分の実力を思う存分発揮できるようにあと少し頑張ってください。イギリスにいても、心の底から応援しています。

 

夜のロンドン テムズ川沿い