校長講話(定時制)

三学期始業式

 新年を迎え、3学期がスタートしました。

 しかしながら、年末から新型コロナウイルスによる感染が爆発的に拡大している状況となり、埼玉県を含む一都三県に昨日緊急事態宣言が発令されました。期間は2月7日までとなっていますが、延長されることになるとの声もすでに出始めている状況です。

 県内すべて県立学校は活動を継続しますので、浦定も基本的には通常の授業を継続していきますが、遅くとも午後9時前には下校できるようにします。緊急事態宣言下ですから感染予防の更なる徹底が求められることは言うまでもありません。確認すると、

① 何よりも、規則正しい生活習慣の徹底し、体調管理に努めること。そして、もしも体調不良の際には登校せずに、医療機関等に相談すること。

② 手洗いの徹底と適切な換気と保湿、マスクの着用を徹底すること。

③ 不要不急の外出をさけること。

④ 生徒のみでの会食の自粛と、食事中の会話禁止を徹底すること。

 以上の4項目については、改めて確認のうえ厳守してください。

 感染防止には、各個人一人一人の自覚がまずは第一。そして、我慢すべきことは我慢しつつ、前向きにできることをしっかりやっていくことが求められます。

 

 さて、今年は丑年です。「牛」は古くから人々を助けてくれる大切な生き物で、大変な作業を最後までこなす働きぶりから、丑年は「我慢」を表す年とも言われているそうです。ここまでだと、文字通り感染拡大が収まるまではひたすら「我慢」せよ、ということになってしまいそうですが、続きがあります。

 「我慢」を表す年ということから、丑年には先を急がず目の前のことを着実に進めることが、将来の成功につながっていく、とされているのだそうです。これだと、今年は将来の成功につなげるためにできることをしっかりやっておく年だ、という先ほど言ったことと同じになります。

 では、「できることをしっかりやる」にはどうしたらよいか。それは、「やることは自分でやると決意してやる」ことです。

 「やれと言われたから」とか言って、やらされているかのような意識でやっても、多くの場合大した成果は得られません。やれと言われたからやるのと、自分でやろうと決意してやるのとでは、その人の取組自体に大きな差が出ます。

 なぜか。言われたからやるという意識の人は、うまくいかないときにそのことをやれと言った人のせいにしてしまう。「やれと言ったからやったけど、ちっともうまくいかないじゃないか。どうしてくれるんだ。」となるわけです。そもそも、言われたからやっている程度の意識では、本気になどなりません。だから、うまくいかないことがしばしばおこる。

 でも、自分でやる決意をしたなら、うまくいかないときにその責任は自分で持つことになる。自分でやると決めたのだから、人のせいにはできない。だから、そうならないように頑張ろうと思えるし、実際本気でチャレンジできる。その姿勢があるから、困ったときには周りが助けてくれたりもする。結果としてしっかりやれる、うまくいくことにつながるわけです。さらに、決意して本気で取り組んだことなら、その結果を問わず、やったことへの満足感が得られる。自分なりにやることはやった。やってよかった、と思える。例えば、部活動を本気で頑張った人は、ここ一番の試合に負けたとしても自分がやってきたことには満足感も誇りも持てる。その感覚はわかるでしょう。

 大事なことは、「やることは自分でやると決意してやる」。そうやっていると、仮にやることが多くて忙しくなっても、その忙しさが楽しさにつながる。充実感を味わえるようになる。そういうものです。

 今日は、「やることは自分でやると決意せよ」という話でした。

 お互い、体調管理には十分留意して、3学期を充実したものにしましょう。