陸上部 活動報告

2017年10月の記事一覧

陸上競技部・U18日本選手権出場&関東選抜新人大会4位入賞

U18日本選手権大会
(10/21 名古屋・パロマ瑞穂スタジアム陸上競技場)

100        廣木 亮太②       11.03(+0.4)    予選敗退(8組8位)



関東選抜新人大

(10/22 東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場)

200        廣木 亮太②       22.06(+0.3)    4位

5000  秋本 理貴①       15.03.09  4

5000  坂本 順①       15.13.72  10位(自己ベスト)

台風21号が接近する中行われた上記2大会に出場してきました。
U18日本選手権は標準記録を突破した廣木が出場し、結果は予選敗退となりました。
初めての全国規模の大会ということもあり、実力を発揮することができず、悔しい結果となりました。
翌日、東京で行われた関東選抜新人大会には、廣木に加えて長距離の1年生が2名参加。
台風の影響もあり、予選のみのタイムレース集計で実施された200mでは、廣木が意地をみせて4位入賞。強い風雨の中行われた最終種目の5000mでは秋本が4位入賞、坂本も自己ベストの走りで10位となりました。
悪コンディションも含め様々な状況下でのレースができたので、来月行われる県高校駅伝はもちろん、来シーズンのインターハイ路線に向けても良い経験ができたと思います。


陸上競技部・関東選抜大会出場決定

新人戦県大会9/2830 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)



学校対抗:総合8位(24点)

100        廣木 亮太②       10.95-1.5  2位(U18日本選手権出場)

200        廣木 亮太②       21.88(-1.4)       2位(関東選抜出場)

1500        坂本 順①       4.22.33   15

5000  秋本 理貴①       15.16.01  4位(関東選抜出場)

5000  坂本 順①       15.27.87  9位(関東選抜出場)

5000W   小島 駿亮②       24.44.80  6

やり投    林 昇吾②      51m20   7


    新人戦県大会が熊谷で行われました。

結果は上記の通り、目標であった総合8位入賞と関東選抜新人大会への出場権を3名が獲得することができました。個人では、エースの廣木が1002002位。両種目とも優勝を目標にしていたので悔しい結果となりましたが出場権を獲得しているU18日本選手権・関東選抜での自己ベスト更新を目指してがんばりたいと思います。長距離では1年の秋本・坂本が活躍。両選手は5000mで関東選抜への出場が決定しました。

上記3名は、上位大会での更なる記録更新を、そして短距離は、残りの記録会に向けて長距離は111日の県駅伝に向けて頑張って練習していきたいと思いますので、御声援よろしくお願いいたします。