浦高Topics

2013年7月の記事一覧

1学期終業式

昨日までの臨海学校も無事終わり、本日は1学期終業式が行われました。
 
終業式の前には、スポーツ大会・文化大会の表彰、全国大会・関東大会に出場する部活の壮行会、ウィットギフト校長期交換留学を行う生徒への壮行会が行われました。
 
また終業式後には、国際交流の特別講演として、カート・トン在日米国大使館主席公使が講演を行いました。
講演、質疑応答はすべて英語でしたが、生徒たちは積極的に質問していました。
 
 
(左写真)長期交換留学に臨む39R原田君  (右写真)壮行会の様子(写真は陸上部の決意表明の様子)
 
 校長講話(講話については、校長のページをご覧ください)
 
 
(左写真)カート・トン在日米国大使館主席公使の講演  (右写真)質疑応答

臨海学校4日目(7月18日(木))

昨日から降り続けた雨の影響で,最終日の大遠泳は中止になりました。さらに,実習を始めようと準備しているとき海上で雷が起こり,水泳実習そのものも中止になってしまいました。最後までできなかったことは残念ですが,自然にはかなわないということです。これも貴重な経験になったことと思います。それでも,急遽ホテル前で閉校式を行うことになり,応援団の指導による校歌斉唱は元気にできました。
臨海実習を終えるにあたり,OBをはじめ指導者の皆さん,旅行業者,ホテル,村上市の関係者の皆さん,気持ちよく送り出してくれた保護者の皆さん,そして68期生を強くたくましく鍛えてくれた海へ,感謝です。本当に,感謝の気持ちでいっぱいです。

昨日までの穏やかな海が荒れてしまいました

ホテル前での閉校式

感謝の気持ちも込めて元気に校歌斉唱をしました

臨海学校3日目(7月17日(水))

今朝は曇り空でしたが,午前10時の気温は26℃,水温は24℃,波は穏やかで,まずまずのコンディションでした。実習は,明日の大遠泳に向けて,複数の班による合同での隊列練習が中心でした。
午後は小雨が降り,水温も22℃と少し下がりました。そんな中,初級班と赤帽班による小遠泳が行われました。泳ぎが得意な生徒たちではありませんでしたが,OBはじめ多くの指導者のお陰で,予定より長い35分間を泳ぎきりました。先に実習を終えていた生徒たちによる校歌斉唱と拍手の中で迎えられ,そのときの表情にはやりきった充実感があふれ,一回り大きくなったようにも見えました。
明日はいよいよ上級班と中級班の大遠泳です。

2班合同で隊列を組んでの実習(午前)

小雨の中の実習を前にしっかり身体を暖める(午後)

初級班と赤帽班による小遠泳

臨海学校2日目(7月16日(火))

今日は,朝から天気と海に恵まれました。午前10時頃は,気温24℃,水温23℃,また午後2時には,気温27℃,水温25℃で,いずれも波は穏やかでした。この素晴らしいコンディションの中で,水泳実習では隊列を維持しながら泳ぐことに慣れてきたようでした。また,しばらく水の中にいると少し冷えるので,浜でのボール遊びなどで身体を暖めるのですが,その姿には高校1年生の少年を感じる瞬間もありました。さらに昨晩と今晩は,浦高OBの先生による講話があり,浦高のすごさと自分たちがその一員であることの誇りを感じたのではないでしょうか。

水泳実習地(海岸線とテトラポッドの間)

隊列を維持しながら泳ぐことがうまくなってきました

少し冷えた身体はボール遊びで暖めます

浦高OBの小林裕和教諭による講話

臨海学校1日目(7月15日(月))

68期生の臨海学校が,昨年に続き新潟県村上市の瀬波温泉海岸で始まりました。開校式では,応援団による「八重雲起こる」を,皆で肩を組んで元気いっぱいに斉唱しました。その後,班ごとに水泳実習が始まり,今日は隊列の練習が中心でした。このときの気温は約26℃,水温は約24℃で,海の中はちょうど良く,海から出ると少し肌寒いくらいだったようです。また,地震による津波発生を想定して,避難訓練も行いました。こちらは今日の午前中まで激しい雨が降っていたそうですが,お昼頃から天気が回復し,青空も広がってきました。明日からは本格的な実習です。

開校式の様子


いよいよ水泳実習