浦高Topics

2020年11月の記事一覧

Topics 駅伝大会

11月26(木)放課後、駅伝大会をおこないました。

駅伝大会は浦和高校におけるスポーツ大会の1つで、校内のランニングコース(800m)を3周で1区とし、計8区間のたすきリレー形式で行われました。

今年は新型コロナウイルス感染症対策として、消毒をはじめ密を防ぐためのコース変更や体調管理の確認等を徹底しました。

浦和高校の銀杏樹の色付きが深まる中でどのランナーも最後まで全力疾走し、スパートのタイミングなど各クラス、各選手の駆け引きは見物でした。

Topics 2年次OB講話

11月25日(水)6限、2年次ではOB講話を実施しました。

例年、2年次は11月に実施される修学旅行を1つの契機に、3年次にむけて学習意欲の向上や切り替え、進路実現への意識を高めるため年次集会や担任等との個人面談などを行っています。

しかし残念ながら、今年度は修学旅行が新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

そこで2年次では今後の学校生活について、東京大学や京都大学をはじめとする本校のOBの方々にご協力いただき、OB講話を企画しました。生徒により近い目線から自身の経験を踏まえ、日頃の学習や進路実現にむけてアドバイスをいただきました。

どの教室でも質疑応答が活発に行われ、今後の学校生活を送る上で、大変参考になりました。

Topics 生徒総会・生徒会役員選挙演説会

11月24日(月)、7限に生徒総会及び生徒会役員選挙の演説会が行われました。 

生徒主体で動いていく浦和高校において、本来生徒総会は一般の生徒からの意見を自由に出し合う非常に重要な場であり、浦高生の意思を学校側に伝える大きな機会でもあります。しかし今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から従来の全校集会形態を改め、各教室に向けて報告や提案などをオンラインによるライブ配信にておこないました。

生徒一人一人は手もとの資料を熟読し、生徒会の活動報告や中期決算報告を真剣に聞いていました。

また後期生徒会役員の立会演説会も同じくライブ配信で行われました。候補者だけでなく、質疑応答も含めて生徒全員が今後の浦和高校を良くするためにはどうすれば良いのか、真剣に考える機会になったのではないかと思います。

 

Topics 進路講演会 梶田隆章氏

11月18日(水)3・4限、進路講演会を行いました。

本校では毎年秋に進路講演会として、各界の第一線で御活躍されている先生方をお招きして、全校生徒にお話いただく機会を設けています。 今回は、ニュートリノ研究を専門とし、ニュートリノ振動の発見で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏です。

講演では「神岡での研究をふりかえって」と題し、御自身の研究領域について人生経験などを踏まえ御講演いただきました。その中で、自分の興味関心を大事にし、将来の夢を思い描きながら学校生活を充実させることの大切さを生徒に語ってくださいました。さらに自分の興味関心があることを時間を気にせず追求することや大切なものを大切なものとして見抜く力、仲間と共に何かを成し遂げる経験が重要であることなど多岐にわたってお話し下さいました。

質疑応答ではさらに専門的な研究領域の話であったり、社会と学術研究の関係性など生徒から寄せられた質問一つ一つに丁寧に答えてくださいました。

今回の講演会では、新型コロナ感染症拡大防止の観点から会場内の密な状態を避けるために

1年次は校内ライブ配信にて参加いたしました。

講演会終了後、梶田先生は1年次全ての教室を回っていただき、生徒と言葉を交わしてくださいました。

Topics 進路特別講演会

  

10月26日(月)6・7限において、1・2年次を対象とした進路特別講演会が行われました。

例年実施されてきた東大見学会に替わる進路行事として、本校OBである東京大学大学院工学系研究科副研究科長の加藤泰浩先生にお越しいただきました。

 

演題:「研究する人生とは―浦高卒業生として私が目指すこと―」

略歴:浦和高校を卒業後、東京大学理学部地学科へ。

 同大学院理学系研究科博士課程地質学専攻を修了後、日本学術振興会、山口大学理学部、

 文部省在外研究員(米国ハーバード大学、英国ケンブリッジ大学)などを経て、現職に。

 

浦高の先輩ならではの高校時代におけるお話や、研究とは何か、何のために研究をするのか、といった研究者として大切な姿勢・心構えを御教示いただきました。

今年度は実際に東京大学に伺い、研究室の見学やキャンパスツアー等を行うことはできませんでしたが、加藤先生の熱意あふれる非常に充実した御講義を受けることができました。

生徒は、大学で学びたい、研究したいという気持ちがますます強くなったことと思います。

また、最後の質疑応答では多くの生徒から質問があがり、放課後の時間にまで及ぶほどでした。

講演会に対する生徒の意欲の高さも感じることもできました。

 

今回の講演会をきっかけとして、高い志をもち続け、より一層浦高生活に全力を注いでほしいと思います。