定時制トピックス  (トップページから入り右上の「定時制」を選択すると学校案内パンフレットや入試情報等があります)

2021年6月の記事一覧

4年「生物基礎」ウイルス学習発表会

定時制4年生の生物基礎の授業(担当藤森先生)では、ウイルスについて学習し、クラス13人が13種類のウイルスについてプレゼン用スライドを作成し発表しました。制作期間は1週間、一人1台のGoogleクロームブックを使用しての制作です。新型コロナウイルスを初め、ノロウイルス、C型肝炎ウイルスやJCポリオーマウイルスなど一人3分間の持ち時間で概要説明、主な症状、治療法、予防法などをスライドにまとめ、プレゼンテーション発表しました。また、プレゼンの様子は校内LANを通じ(Google meet使用)職員室のテレビにも映し中継しました。「ひとり一人がしっかりとした意識をもって感染予防をし、元の学校生活を取り戻しましょう」というスライドが印象に残りました。

 

 

第1回球技大会 Bチーム優勝

 

6月23日(水)生徒会主催の第1回球技大会が開催されました。1年生から4年生44名を11人ずつ縦割りで4つのチームに分け、トーナメント方式でバスケットボールの試合を行いました。初戦から白熱した試合が繰り広げられ、3位決定戦ではCチームとDチームが逆転に次ぐ逆転で延長戦となり、それでも決着がつかず再延長、最後は両チーム3位ということになりました。決勝戦はAチームとBチームがアグレッシブに戦い、Bチームが優勝しました。企画運営を行った生徒会役員のみなさん、お疲れさまでした。

※試合中以外はマスクの着用と毎試合ごとにアルコール手指消毒をしています。

1年次LHR「スクールカウンセラーによるアクティビティ」

6月16日、定時制1年生LHRにて、本校来校のスクールカウンセラーによる生徒対象の簡易な演習を行いました。

内容は、クラスメンバーをグループに分け、それぞれテーマに沿って話し合いをしてもらい、着席や話し合いの様子で生徒のグループ活動での特性やクラスの中での関係を先生方が観察しました。

演習の中では、全員の生徒がグループ内での発言を確保され、発声の強弱や主張の積極消極もありましたが、全員が対等な関係で対話を進めようとする態度が見られました。(1年担任)

 

 

 

埼玉県郷土の味「わらじかつ丼」&自転車交通安全教室

定時制の給食は栄養バランスをしっかり考え、安全安心でおいしい給食を提供しています。6月は埼玉県の食材や郷土メニューを提供する「彩の国ふるさと学校給食月間」となっており、本日は秩父名物の「わらじかつ丼」でした。給食スタッフの皆様ありがとうございました。毎月の献立と給食だよりはHP下の方に掲載しています。

 

1年生は「自転車交通安全教室」を実施しました。生徒指導主任の武井教諭がスライドを使用しつつ、クイズ形式で問題を出題していました。生徒たちは問題に対し活発に意見を出しつつ、交通ルールの基礎や陥りやすい間違いを学んでいました。定時制課程の生徒は徒歩と自転車で通学する生徒がほとんどですので、しっかりと交通ルールを守って安全に登下校してもらいたいと思います。

 

全国定通軟式野球大会県予選

6月13日(日)全国大会県予選の二回戦が大宮第二公園軟式野球場で行われました。(浦和、川越工業、大宮商業、越谷の4校連合チーム)

 相手は5月の新人戦において、5対5で引き分けた朝霞高校です。

 浦高定からは4年生3名が参加し、越湖選手が8番ファーストとして出場しました。試合は予想どおり接戦となりました。越湖選手は、ファースト守備でワンバウンド送球を好捕したり、ファールフライを好捕するなど固い守備を見せました。攻めでは、二回の打席はファールで粘り、四回はフォアボールで出塁してチャンスメイク、五回はレフトオーバーの二塁打を放ち、公式戦初安打となりました。萩原選手と管野選手は出番がありませんでしたが、三塁コーチやボールボーイの仕事でチームに貢献してくれました。

試合は残念ながら敗れましたが、攻守でしびれるシーンがたくさんあり、手ごたえのある試合でした。連合チーム監督の岡部先生の言葉どおり、各自が成果と課題を各校に持ち帰り、秋の大会へ向けてレベルアップしたいと思います。