講義紹介

これまでの麗和セミナー

演題 自分をどう活かしてゆくのか? 自分は何者か?
常磐興産株式会社社長
講演者 井上 直美(高21)
講演日 平成29年6月19日(月)
講演内容

 常磐興産というのは、今、スパリゾート・ハワイアンズを経営しているわけですけど、もともとと言えば常磐炭鉱というのがありまして、130年前からです。
 昭和40年頃にですね、日本が戦後の高度成長で「石炭から石油へ」のエネルギー転換をやりました。それで石炭が急に売れなくなって、いわゆる業種転換をやらなければいけない状況が起きました。
 8万人くらい家族を含めて石炭に関係して飯を食ってた人がいたんですけど、それが全部無くなっちゃうという話になって、町としてどうにかせにゃならんという苦肉の策で作った会社が実は常磐興産なんです。当時は常磐ハワイアンセンターと言っていました。
 石炭の採掘業から観光業に変わって53年くらい経ったということです…すごい業種転換ですね。
 僕は、高田馬場の生まれなんですけど4歳の時に朝霞に引っ越してきまして、そこで育ちました。生徒数1500名という超マンモス校の朝霞中学を出まして、3年上の兄が浦和高校でしたから、当たり前のように浦高を受けようということになって入りました……
 入学して1学期の中間テストを受けた所、学年で350番。中学でトップだったので呆然としまして、集まる所には集まるんだなあという事が良く分かりまして、一念発起をして部活をやめ、生まれて初めて勉強というものをしました。相当のガリ勉の結果、3年になってようやくひとケタ台に入ったんですけど、当時は大学紛争というのがありまして、東大の募集が中止になってしまい、1年後に入りました……