強歩大会アルバム

過去の強歩大会

アルバム 第53回強歩大会
コメント
~第53回 強歩大会アルバム~
              (過去の強歩大会の様子は,ページ下をご覧下さい)
開会式~スタート


前日の雨は止んでいました(6:50)


開会式は今年も体育館で


準備体操


50回記念で創られた看板です


さあ、スタート


スタート直後の浦高通り

 雨の予報でしたが、朝のうちはまだ降っておらず、そのままスタートを切ることができました。浦和高校の「雨天決行」原則のおかげか、生徒は曇天にもかかわらず士気は高かったと思います。PTAの方々には事前準備から種々の御協力をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

~岩槻関門(浦高から10.3km地点)
交差点では保護者が交通整理を
 
住宅街をぬけて行きます
 
まだまだ元気な3年生
 
岩槻高校前には看板が

関門の中のようす

水分補給もここで
 学校を出発後、見沼用水路、大宮片柳、東新井交差点を通過、大谷団地、大宮東高校を通過して、東北自動車道を渡ります。
 その後、柏崎小学校、柏陽中学校を経て岩槻関門へ。
 ここが第一の関門です。関門ではトイレや休憩と、保護者の協力による食べ物や飲み物の補給が行えます。
 関門に限らず、コース中の主要な交差点や注意すべき場所には、警察をはじめ、教員や保護者がつき、生徒の安全に留意しています。
 強歩大会は、保護者の方々や、地域の方々のご協力なしには成立しえない行事です。
~白岡関門(浦高から21.8km地点)

岩槻公園のサイクリングコース
  
東岩槻駅歩道橋をわたります

御成街道のアップダウン

白岡関門の看板です

関門の菁莪(せいが)中学校

水筒に補給
 岩槻高校から岩槻公園のサイクリングコースを過ぎ、元荒川を渡って御成街道へ。
 岡泉交差点の先、彦兵衛を左折すると、白岡関門、菁莪(せいが)中学校へ到着します。
 この辺りから、生徒に疲れが見え始めます。
 各関門には、保護者の方はもちろん、陸上部やバスケット部など、大会の近い運動部員も「役員」として参加しています。

~久喜関門(浦高から30.2km地点)

白岡町を抜けて

ガスタンクを過ぎると

「鈴木梨園」で梨のサービス

久喜関門の看板

関門の太田小学校

充実の補給コーナー
 白岡関門から再び御成街道へ入り、上野田まで。その後備前堀川を渡り、ガスタンクそばを通過、東武伊勢崎線を渡ります。
 久喜市街地をしばらく走ると、久喜関門である太田小学校へ到着します。
 各関門には制限時間が設けられており、時間内に通過できなかった者は、その関門で失格、各自電車で帰宅となります。
 1年生など慣れない者は、この久喜関門で失格になることも多く、生徒の間では『久喜マラ』と呼ばれています。

~幸手関門(浦高から33.7km地点)

一人になってもあきらめない

幸手新道の交差点にて

幸手関門の横断幕

幸手関門、幸手中学校

水分補給が大切です

ここでの休憩も大切
 久喜関門を出ると、すぐ久喜・幸手道を幸手方面へ向かいます。その後東武日光線の踏切を渡り、幸手関門である幸手中学校へ。
 久喜~幸手間が、関門間として最も短いものです。ここでしっかりと補給、休憩して、次の栗橋関門へ向かいます。
 生徒は、筋肉・関節痛対策としてサロメチールなどを持参し、関門休憩中などに塗ります。
 中にはキネシオテープを巻いてきたり、関門休憩でアミノ酸を補給したりと、現代スポーツ科学も強歩大会に変化をもたらしているようです。
 

~栗橋関門(浦高から42.4km地点)

阿佐間~幸手線の長い道

ここでもあたたかい声援が

日光線をくぐるともうすぐ関門

栗橋関門の横断幕

栗橋関門、栗橋公民館

さあ、いよいよ終盤戦
 幸手関門の後に待ち受けるのは、新幹線高架下を通過する、阿佐間・幸手線です。見通しの良い一本道で、北風を受け、生徒の体力を奪います。東武日光線の踏切前を左折し、栗橋の商店街へはいると、最後の関門、栗橋関門である栗橋公民館(旧・ハクレン館)が現れます。
 ここでしっかりと水分を補給しないと、ゴール前の渡良瀬川の長い土手を走りきることは難しくなります。
 とはいえ、すでにフルマラソンにあたる距離を走破している彼らに必要なのは、体力よりもむしろ精神力でしょう。

大利根準関門~渡良瀬川土手(浦高から44.0km地点)

この先、利根川橋

大利根準関門

雨の中の力走

「青い橋」を目指します

橋の下には保護者の応援が

雨が強くなってきました
 栗橋関門から八坂神社を右折し、利根川橋を渡ると茨城県。いよいよ古河です。
 大利根準関門は土手の上にあるチェックポイントで、ここには補給はありません。
 そこからはひたすら、渡良瀬川土手を進んでいきます。ここだけでおよそ6kmあります。
 2011年は、昼過ぎから本格的に雨が降り出し、ほとんどの生徒がこの土手を雨に濡れながら通過しました。それでも不調を訴える生徒は少なく、例年以上の生徒が古河まで到着することになりました。
 もちろん、日頃の体育での走り込みや、養護教諭の管理指導、担当校医の全面的なバックアップがその礎となっています。

古河:ゴール(浦高から50.2km地点)

ゴール!

古河第一小学校には多くの応援が

体育館で雨宿り

ガッツポーズ

毎年恒例、特設パン屋さん

最後尾の役員。ずぶぬれです
 土手を降りれば、ゴールの古河第一小学校へはあと数百mです。
 ゴールでは順位カードをもらって、各自休憩、解散となります。臨時のパン屋さんが営業し、行列が出来ます。
 各関門ではスタンプカードにスタンプを押してもらい、7時間という制限時間内に、7つ関門のスタンプがすべてそろえば、はれて「時間内完走」です。
 栗橋から古河までの間に制限時間を過ぎてしまうと、ゴールはしたものの「延着」というスタンプが押されてしまいます。
 天候にもよりますが、毎年およそ7割の生徒が古河にたどり着き、足を引きずりながらも誇らしげに帰って行きます。
 2011年度の完歩率は、81%(時間外到着者を含む)でした。例年以上、昨年並みの好成績でした。