陸上部へのアクセス
4 8 1 1 1
陸上部

活動時間
平日 15:30~18:30(校庭・駒場運動公園)
休日 8:30~12:00(校庭・駒場運動公園)

コメント


文武両道の精神のもと、自己記録更新、関東・全国大会出場をめざして頑張っています。

 夏休みには、妙高高原において他校との合同合宿も行っています。体力精神力強化と同時に親睦の場でもあり、情報交換やたがいに大会での活躍を誓い合います。



主な活動実績

★日本高校新記録樹立★

110mH:大橋 祐二 13.98(-0.1):インターハイ・熊本(平成13年8月6日)

 


★国民体育大会出場者★(平成19年度以降)

400mH:長島 貴之 53.57 7位入賞:秋田国体


★年度別主要大会出場状況★(平成19年以降)
令和4年度 関東大会【 走幅跳 】

令和3年度 インターハイ・関東大会【 800m 】・関東選抜新人大会【 走幅跳 】

令和2年度 全国高校陸上競技大会【 3000mSC 】・関東選抜新人大会【 800m 】

令和元年度 U18日本選手権【 300m 】・関東大会【 400m・1500m・5000m・3000mSC 】

平成30年度 インターハイ【 200m 】・関東大会【 100m・200m・5000mW 】・関東選抜新人大会【 やり投 】

平成29年度 インターハイ【 5000mW・4×400mR 】・U18日本選手権【 100m 】・関東大会【 100m・200m・400m・800m・5000mW・4×400mR 】・関東選抜新人大会【 200m・5000m:2名 】

平成28年度 関東大会【 1500m・3000mSC:2名・5000mW 】・関東選抜新人大会【 800m・5000mW・4×100mR・4×400mR 】

平成27年度 関東選抜新人大会【 1500m・3000mSC・5000mW 】

平成26年度 関東選抜新人大会【 5000m 】

平成25年度 インターハイ【 110mH・4×400mR 】・関東大会【 110mH:2名・400mH・4×400mR 】

平成24年度 関東大会【 400m・1500m 】・関東選抜新人大会【 1500・110mH 】

平成23年度 インターハイ【 800m・走幅跳 】・関東大会【 800m・走幅跳・4×100mR・4×400mR 】・関東選抜新人大会【 800m・1500m・5000m・110mH・4×400mR 】

平成22年度 関東大会【 4×400mR 】・関東選抜新人大会【 1500m・5000m・走幅跳 】

平成21年度 インターハイ【 100m・1500m・3000mSC 】・関東大会【 100m・200m・1500m・3000mSC・4×100mR・棒高跳 】

平成20年度 関東大会【 棒高跳 】・関東選抜新人大会【 200m・110mH・3000mSC・棒高跳 】

平成19年度 インターハイ【 400mH 】・関東大会【 400m・400H・走幅跳 】・関東選抜新人大会【 棒高跳 】

 


★関東大会優勝者★ (平成19年度以降)

平成20年度 関東選抜新人大会 3000mSC 関口 直人

平成19年度 関東大会 400mH 長島 貴之

 


★学校総合大会・県大会優勝者★(平成19年以降)

平成28年度 1500m:古関 大樹

平成25年度 110mH:永島 唯哉

平成23年度 800m:大塚 雄介

平成21年度 100m:竹内 優太

平成21年度 3000mSC:関口 直人

平成19年度 400mH:長島 貴之

 


★新人大会・県大会優勝者★(平成19年以降)

令和元年度 3000mSC:草野 洸正

 


★学校総合大会・南部地区予選会 男子学校対抗・総合優勝★(平成19年以降)

【 平成28年度・平成24年度・平成21年度 】

 

★新人戦・南部地区予選会 男子学校対抗・総合優勝★(平成19年以降)

【 平成28年度・平成20年度 】

 


★県高校駅伝・埼玉県駅伝10位以内★(平成19年以降)

 令和3年度 県高校駅伝 9位 2時間16分00秒

令和元年度 県高校駅伝 8位 2時間13分36秒

平成30年度 埼玉県駅伝 4位 2時間15分12秒

平成27年度 埼玉県駅伝 9位 2時間22分15秒

平成23年度 埼玉県駅伝 10位 2時間13分29秒 


★浦和高校記録★

浦高記録

 

陸上部 活動報告

陸上部 活動報告

陸上競技部・関東大会結果報告

令和4年度関東高等学校陸上競技大会

令和4年6月17日・栃木県:カンセキスタジアム

 

走幅跳:市村 颯真③ 6m83(+1.3)11位

 

 関東大会が、本年度秋の国体会場となる、カンセキスタジアムで開催され、本校からは市村③が出場しました。

 県大会前から痛めていた足首のケガの影響もあり、思うような練習をすることが出来ずに臨んだ今大会でしたが、持ち前の調整力と集中力で、大舞台で自己ベストを更新する跳躍を見せてくれました。ただ、この記録も踏切板(幅20㎝)に乗っていない試技での記録であり、踏切があっていたらインターハイ出場権の獲得も可能だっただけに悔しさも残る結果となりました。

 本大会で、全ての3年生が高校陸上を引退しました。コロナ禍で様々な制限がある中での活動となった3年生。日々のトレーニングを継続することの大切さを知り、自分自身の内面とも向き合う月日だったのではないでしょうか。この経験を次のステップに生かし、それぞれが各分野で活躍してくれることを願っています。

 陸上競技部としては、本年度のインターハイ出場はかないませんでしたが、秋の新人戦・県高校駅伝での巻き返しに向けて夏のトレーニングに励みたいと思いますので、御声援の程よろしくお願いいたします。

 

 

陸上競技部・関東大会出場決定

令和4年度埼玉県学校総合体育大会陸上競技の部・県大会
5/11~14 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場


走幅跳 市村 颯麻③ 6m79(+1.6) 3位
【 関東大会出場権獲得 】

110mH 菊田 一颯② 15.53(+2.1) 7位
110mH 池田 聖吾③ 15.59(+2.1) 8位
5000W 川口 諒太③ 27.50.68 11位
5000W 大島 悠希③ 29.20.96 13位
走幅跳 大野 夢真② 6m41(+1.9) 13位
100 野村 遼大② 11.23(-2.2) 準決勝敗退
200 野村 遼大② 23.13(-1.0) 準決勝敗退
3000mSC 西山 温人③ 10.26.08 予選敗退
4×100mR 内田②・河野②・野村②・齊藤② 44.03 予選敗退
4×400mR 菅谷②・河野②・内田②・小原③ 3.30.19 予選敗退

学校総合大会県大会が開催され、走幅跳において市村③が3位となり、6月17日に栃木県で開催される関東大会への出場権を獲得しました。関東では、目標としている7mを超え、インターハイに出場できるように調整していきたいと思います。
関東出場(6位入賞)はならなかったものの110mHでは、菊田②・池田③の2名が決勝に進出。池田はキャプテンとして部員をここまで良く引っ張り、入学後から地道に努力した成果が出て顧問としても大変嬉しい結果でした。
逆に、両リレーでは予選敗退となり、大変悔しい結果となりました。110mHに入賞した菊田や走幅跳の大野、100の野村などを中心に秋の新人戦では、より多くの種目で決勝進出・関東選抜大会出場ができるよう、今後のトレーニングを頑張りたいと思います。
長距離では、5000Wに出場した2名が自己ベストを更新。県上位との差は大きいですが、秋の高校駅伝に向けてチーム一丸となって頑張りますので、ご支援・ご声援の程よろしくお願いいたします。

陸上競技部・学校総体南部地区大会・総合4位

令和4年度学校総合体育大会陸上競技の部・南部地区予選

(4/22~24 上尾運動公園陸上競技場)

 

学校対抗:総合4位(58点)

 

100 野村 遼大②            10.96(+1.0)         5位

110mH 菊田 一颯②      15.88(-0.8)          4位

110mH 池田 聖吾③      15.96(-0.8)          5位

3000mSC 西山 温人③   10.19.01 6位

5000W 川口 諒太③       29.40.38 1位

5000W 大島 悠希③       31.18.08 2位

4×100mR 薄井③・河野②・野村②・大野②          43.15     3位

4×400mR 菅谷②・河野②・内田②・小原③          3.29.96               8位

走幅跳    市村 颯麻③       6m66(+2.0)       1位

走幅跳    大野 夢真②       6m63(+0.8)       2位

三段跳    市村 颯麻③       12m82(+1.2)       4位

 

学校総合南部地区大会が開催され、走幅跳と5000Wにおいて、1・2位となるなど健闘し、総合でも昨年度に引き続き4位となりました。

コロナの影響で思うような練習ができず迎えた今大会でしたが、コンディションにも恵まれ、多くの選手が自己ベストを更新することができました。5月11日から熊谷で行われる県大会では、一人でも多くの選手が関東大会への出場権を獲得できるように頑張りたいと思いますので、御声援の程よろしくお願いいたします。

 

陸上競技部 高校駅伝県予選会 総合9位

全国高等学校駅伝競走大会埼玉県予選会 総合9位 2時間16分00秒

 

 1区(10K) 竹内③ 31分23秒(区間10位)

 2区(3K)  鳥越②  9分50秒(区間29位)

 3区(8.1K) 吉野③ 25分43秒(区間 5位)

 4区(8.1K) 渡辺③ 26分48秒(区間12位)

 5区(3K)  草野③  9分52秒(区間22位)

 6区(5K)  井上③ 15分55秒(区間 7位)

 7区(5K)  上田③ 16分29秒(区間15位)

 11月1日(月)熊谷スポーツ文化公園で、全国高等学校駅伝競走大会埼玉県予選会が行われました。結果は総合9位で目標としていた6位以内での関東駅伝大会出場を残念ながら果たすことはできませんでした。レースは、1区で10位と6位が見える位置でまずまずのスタートを切り、2区で順位を落としましたが、3区が6人を抜く力走で終盤まで6位争いを展開しました。しかし、その後は少しずつ順位を落とし、最終的に9位でのフィニッシュとなりました。目標には到達できませんでしたが、それぞれが持っている力をよく発揮してくれたと思います。

 今回のチームは、3年生が6人と多く、彼らは受験勉強と駅伝との両立を図りながら、コロナで様々な制限を受けながらも、それぞれが自主的に練習を行って走り込みを行ってきました。ここからは完全に受験勉強に切り替えて、今回追い切れなかった分、次の目標を追求していって欲しいと思います。また、今後は1・2年生だけの新チームとなります。3年生の残してくれた駅伝に対する思いや伝統を引き継ぎ、また、来年も関東駅伝大会を目指せるチームとなれるように練習に励んでもらいたいと思います。

 応援を頂いた皆様、また、送迎や差し入れ等をして頂いた保護者の皆さま、最後まで生徒をご支援いただきありがとうございました。

陸上競技部・関東選抜新人大会結果報告

令和3年度関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会

10/23 茨城県・笠松運動公園陸上競技場

 

走幅跳 市村 颯麻② 6m46(-1.2) 13位

コロナ禍で開催が心配された関東選抜新人大会が無事に開催され、本校からは市村②が参加しました。

結果は、目標としていた8位入賞に届かず悔しいものとなりました。

一本目の跳躍ではベスト8に残れる記録前後に着地していましたが、踏切時に数センチのファールをしていました。

冬季練習では、助走スピードを向上させることが課題となります。

短距離全体で、基礎を見直し、来シーズンに向けて頑張っていきたいと思います。

 

11月1日には、県高校駅伝が開催されます。

長距離メンバーの多くが調子も上がってきました。目標の関東大会出場に向けて頑張りたいと思います。

当日は、コロナ禍ということもあり、御来場での応援は不可となります。

埼玉陸上競技協会HPからライブ配信を実施予定ですので、そちらでの御声援よろしくお願いいたします。

陸上競技部・関東選抜大会出場決定

令和3年度埼玉県民スポーツ大会兼第76回新人陸上競技選手権大会

9/21~23 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 

走幅跳 市村 颯麻② 6m53(+2.5) 3位

【関東選抜新人大会出場権獲得】

 

三段跳 市村 颯麻② 13m35(+1.3) 6位

 

 関東選抜新人大会への出場権をかけた新人戦県大会が開催され、本校からは走幅跳において市村が3位となり、出場権を獲得しました。

関東選抜大会では、自己ベストの更新と来年度につながる試合内容を目指して頑張りたいと思います。

また長距離は、11月1日実施予定の県高校駅伝に向け、3年生を中心に頑張っています。コロナ禍で、多くの制限がありますが、関東大会出場(総合6位以内)を目標に頑張りたいと思いますので、御声援の程よろしくお願いいたします。

 

陸上競技部・インターハイ結果報告

渡辺 芽(3)800m 1’56”85  予選敗退 

  7月30日(金)に福井県営陸上競技場(9.98スタジアム)で行われた、第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会(福井インターハイ)に3年生の渡辺芽が800mに出場しました。レースは、スタートから集団の後方で終始前を追いかける展開となり、その後もなかなかその差は縮められずに、そのままゴールとなりました。結果は1’56”85で組7位となり予選敗退となりました。仮に1ヶ月前の関東大会と同タイムで、予選と準決勝を走ることができていれば決勝進出を果たすことができていたかもしれませんが、インターハイという大舞台で、さらに猛暑の中でそのような走りをするには力不足でした。インターハイのレベルの高さとそこで実力を発揮する難しさを改めて実感することができました。

 高校最後の800mのレースで自己ベスト(浦高記録)の更新をできずに悔しい結果となりましたが、この悔しさを、次の高校最後の公式戦である高校駅伝大会に繋げてもらいたいと思います。関東大会では800mで1分53秒台という好タイムを2度も出すことができました。これからはこのスピードを駅伝という長距離走でも生かせるように練習を積んでいきたいと思います。

 これまで多くの方々にたくさんの応援やご支援をいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

            

 

 

 

 

                        

 

 

 

陸上競技部・インターハイ出場決定

関東大会 800m 予選2位 1'53"31(浦高新記録)

          決勝6位 1'53"58(インターハイ出場決定)

 

 6月20日(日)に川崎市の等々力陸上競技場で行われた全国陸上大会北関東予選会(インターハイ最終予選会)に、3年生の渡辺が800mに出場しました。結果は6位入賞を果たし、7月28日から行われる全国大会の出場権を獲得しました。予選・決勝ともに、最初の400mを好位置につけ、中盤から後半の全体的にペースが落ちるところで、本人の強みを生かして前方に出るというレースを実践することができました。春までは長距離の練習を行い、4月以降に中距離的な練習を、そして県大会以降に800mの専門的な練習を本格的に開始しました。今回の関東大会では、1か月前に県大会で自身が出した浦高記録(1’55’’23)を2秒近くも更新する1分53秒台のレースを、予選と決勝ともに続けて行うことができ、大変大きな成長を見せてくれました。これから約1か月間でさらに800mの専門練習を継続し、全国大会では準決勝以上を目標に努力していきたいと思います。

 これまで多くの方々にご支援やご声援をいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

陸上競技部・関東大会出場決定

令和3年度学校総合体育大会・県大会

5/9~12 熊谷スポーツ文化公園

800m 渡辺 芽③ 1.55.44 5位

準決勝:1.55.23(浦和高校新記録樹立)

関東大会出場権獲得(6/20 神奈川県・等々力)

4×100mR 飯原③・磯部③・西里③・河野① 42.71 8位入賞

準決勝:飯原③・藤村②・磯部③・西里③ 41.70(浦和高校新記録樹立)

100m 藤村 泰成② 決勝進出(怪我により棄権)準決勝:10.77(自己ベスト)

 

以下、準決勝進出者(トラック種目)、フィールド種目結果

100m 磯部 隼汰③ 11.03(+1.3) 準決勝敗退(自己ベスト更新)

1500m 渡辺 芽③ 4.15.15 決勝14位

 5000m 竹内 慶真③ 15.08.11 決勝15位(自己ベスト更新)

5000m 吉野 雄貴③ 15.39.58 決勝20位(予選・自己ベスト更新)

110mH 西里 碧澄③ 15.98(-0.6) 準決勝敗退(予選・自己ベスト更新)

走幅跳 市村 颯麻② 6m36(+0.2) 16位

走幅跳 薄井 陽平② 6m12(-0.4) 34位(自己ベスト更新)

やり投 古海 晶大③ 31m93 54位

円盤投 古海 晶大③ 23m40 55位(自己ベスト更新)

 

関東・インターハイに繋がる学校総合大会の県大会が開催されました。

昨年度、コロナ禍で中止された本大会ですが、多くの制限がある中、多方面の協力をいただき無事に終了することができました。

本校からは、南部地区大会を勝ち抜いた選手が出場し、800mで渡辺③が5位に入賞し関東大会への出場権(6位以内)を獲得しました。

渡辺は準決勝で、浦和高校新記録を樹立。決勝では苦しい場面で後方を突き放す走りで見事に出場権を獲得してくれました。

また、5000mでは、竹内③・吉野③が厳しい予選を突破。決勝でも自己ベストを更新するなど実力を発揮。11月の県高校駅伝に向けて弾みがつく結果となりました。

短距離では、4×100mRで8位に入賞。準決勝で、浦和高校新記録を樹立し、関東への期待も高まりましたが、エースの藤村②が100m準決勝で足を故障。決勝では、急遽メンバーを変更して臨みましたが、力及ばず残念ながら関東出場権を獲得できませんでした。

コロナ禍で活動が制限される中、浦和高校新記録を2つ樹立するなど3年生を中心によく頑張ってくれました。

多くの3年生がこの大会で引退となります。

新チームでは、記録はもちろん結果を出せるチームになれるよう、改めてトレーニングに励みたいと思います。

引き続きご支援ご声援の程、よろしくお願いいたします。

陸上競技部・学総南部地区大会総合4位

令和3年度学校総合体育大会・南部地区大会

4/24~26 上尾運動公園

学校対抗:4位(58点)

100m 藤村 泰成② 10.87(+0.2) 2位

100m 磯部 隼汰③ 11.19(+0.2) 7位

200m 磯部 隼汰③ 23.25(-5.2) 3位

800m 渡辺 芽③ 1.58.20 3位

800m 森 寛太③ 2.00.65 8位

1500m 渡辺 芽③ 3.59.47 2位

5000m 竹内 慶真③ 15.42.15 5位

5000m 吉野 雄貴③ 15.43.10 6位

110mH 西里 碧澄③ 16.21(-2.8) 5位

3000mSC 篠 拓真③ 10.16.37 6位

4×100mR 飯原③・藤村②・磯部③・西里③ 41.79 3位

走幅跳 市村 颯麻② 6m67(+0.4) 3位

やり投 古海 晶大③ 42m14 6位

 

 インターハイへと繋がる「学校総合大会」が2年ぶりに開催されました。

1つ上の先輩たちの悔しい思いと共に臨んだ3年生が、浦高陸上部伝統の集中力を見せ、大活躍してくれました。

 4×100mRでは、浦高歴代2位の好タイムをマークし、3位に入賞。リレーメンバーの磯部は100m・200mの2種目で入賞。西里も本職の110mHでシード選手に続く5位入賞するなど活躍を見せました。また、短距離エースの藤村も100mでセカンドベストを記録し2位入賞。投擲では、古海が6位入賞し、怪我で本来の力を発揮できなかった盟友の山本の分まで頑張ってくれました。跳躍では、市村が自己ベストを更新する跳躍を見せ3位入賞。

 長距離では、キャプテンの渡辺が800mで3位、1500mで2位と活躍。5000mでは竹内、吉野が積極的なレース展開でダブル入賞。800mの森、3000mSCの篠は自身初入賞と力を発揮してくれました。

 県大会(5月9日~12日)では、関東大会出場に向けて、チーム一丸となって頑張りますので、御声援よろしくお願いいたします。